メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄

ピックアップ

沖縄の情報

特集

高校野球
高校野球関連記事はこちらから。
TOPICS
もっと知りたい沖縄のこと。さまざまな話題を集めました。
基地問題など
基地問題の特集記事などを掲載。沖縄の抱える問題に迫ります。

沖縄のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

久米島家畜市場 肉用牛セリ市(1月) [観察・ウォッチング]

久米島家畜市場 肉用牛セリ市(1月)

  • 2019年01月18日(金)
  • 久米島空港より約8km(10分)那覇空港から飛行機で25分 バス19分「山城」下車、徒歩約10分
  • 2か月に1度行われる肉用牛のセリの様子を無料で見学ができる。久米島では繁殖牛が盛んで、産まれ育った約10ヶ月の子牛がセリにかけられ、全国各地に運ばれ和牛として、時にはブランド牛として育てられる。
はねじコスモスフェスティバル2019 [フェスティバル・パレード][観察・ウォッチング][体験・遊覧][花・植物のイベント]

はねじコスモスフェスティバル2019

  • 2019年01月19日(土)
  • 沖縄自動車道許田ICより約20分(名護東道路経由)沖縄バス 屋我地線「奥武橋」、または辺土名線「真喜屋小学校前」下車
  • 「食べる」羽地鶏フードフェスティバル、「買う」ハンドメイド雑貨&ワークショップ、「体験」サイクリングガイドツアー・レンタルサイクル・フォークライブステージ…などなど、お楽しみ盛りだくさんのフェスティバル! 一面のコスモスに癒されながら、素敵な一日を過ごそう。
写真展「広河隆一 戦場の子どもたち」<中止となりました> [展覧会]

写真展「広河隆一 戦場の子どもたち」<中止となりました>

  • 2019年01月04日(金) ~ 2019年01月20日(日)
  • 久米島空港より約15分 兼城港より約5分久米島空港よりバスで約15分「公立病院前」下車徒歩約2分
  • 月刊誌『DAYSJAPAN』の発行人でフォトジャーナリストの広河隆一氏は、1967年に中東の取材を始め、2017年で50年を迎えた。人間の生存と尊厳が脅かされている場所を「人間の戦場」と呼び、そうした場所で生きる子どもたちの悲しみと喜びの姿を写してきた。翻弄される命を見つめた50年の記録を写真展として紹介、展示する。 ※予定されていた写真展は事情により中止となりました
沖縄石の文化博物館 企画展「日本の国石と沖縄の県石」 [展示会・展示イベント]

沖縄石の文化博物館 企画展「日本の国石と沖縄の県石」

  • 2018年12月23日(日) ~ 2019年01月20日(日)
  • 許田ICから約1時間30分
  • 沖縄石の文化博物館企画展「日本の国石と沖縄の県石」。日本の国石(翡翠)および沖縄の県石(琉球石灰岩、リン鉱石、港川人化石)が1Fロビーに展示され、岩石や大地の歴史について深く知ることのできる機会となっている。大石林山は、やんばる国立公園内にあり、ふたつの歩きやすいトレッキングコースが整備され、亜熱帯の自然とふれあい、与論島や沖永良部島などの大パノラマを堪能することができる。
縄文と沖縄-火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道 [展示会・展示イベント][展覧会]

縄文と沖縄-火焔型土器のシンボリズムとヒスイの道

  • 2018年11月22日(木) ~ 2019年01月20日(日)
  • 那覇空港から約20分沖縄都市モノレールおもろまち駅から徒歩10分/琉球バス、沖縄バス、那覇交通「おもろまち駅前」下車
  • 縄文人が生み出した数々の文化の中でも、縄文土器の代表例として知られる火焔型土器と、縄文人が珍重したヒスイをテーマとして、土器に込めた縄文人の思いや、驚くべき長距離に及んだ縄文時代の交易ネットワークに焦点をあてる。今展覧会を通して、原始芸術のもつ野生的かつ豊饒なイメージと、縄文人のしなやかな生態を紹介するとともに、縄文のエナジーを身近に体感できる機会を提供。
第11回沖縄マーチングリーグ 久米島のんびりウォーク [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

第11回沖縄マーチングリーグ 久米島のんびりウォーク

  • 2019年01月19日(土) ~ 2019年01月20日(日)
  • 久米島空港から約4km(約6分)久米島空港よりバスで5分「仲泊」下車徒歩5分
  • 久米島は、この時期「寒緋桜(カンヒザクラ)」と久米島固有の椿「久米紅(クメクレナイ)」が咲き始め、エメラルドグリーンの海に緑の山々が映える季節になる。4kmから30kmの7コースの中から、自分にあったコースを選ぶことができ、南の島の自然を背景にのんびりと楽しく歩きながら、交流の輪を広げよう。
第3回伊平屋ヴィレッジトレイル [スポーツ]

第3回伊平屋ヴィレッジトレイル

  • 2019年01月26日(土)
  • 伊平屋村前泊港より徒歩約5分
  • 沖縄最北端の地、「伊平屋島」で、海と山が舞台のトレイルラン大会が開催! いへやブルーといわれる美しい海と天然のビーチ、亜熱帯植物が生い茂る山々、「てるしの(太陽神)の島」と呼ばれるこの島は神々と伝説が息づく島としても名高く、琉球王朝第一尚氏ルーツの島。琉球の歴史ロマンに想いを馳せてみてはいかが? 観光地のイメージとはほど遠く、ありのままの原風景沖縄を体感できるはず。
第42回 沖縄市産業まつり2019 [各種ショー][展示会・展示イベント][物産展][体験・遊覧]

第42回 沖縄市産業まつり2019

  • 2019年01月26日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 沖縄自動車道北中城ICより約20分県総合運動公園北口バス停下車、徒歩5分
  • 「それいいね~まちに輝く、特産品! 広げよう!未来へつなぐ沖縄市ブランド」。沖縄市で作られている産品を一堂に集めた「沖縄市産業まつり」が開催される。農産物や海産物とその加工品をはじめ、工芸品、琉球楽器、焼物、泡盛などのさまざまな製品が出品。ステージでは民謡ライブやエイサー演舞も楽しめる。うまいもんの大量展示&即売もあり! 体験ブースではお得な価格で様々な体験も楽しめて人気。
第57回 名護さくら祭り [お祭り][花・植物のイベント]

第57回 名護さくら祭り

  • 2019年01月26日(土) ~ 2019年01月27日(日)
  • 沖縄道「許田」ICから約15分
  • 名護城跡一帯に整備された名護中央公園では、鮮やかなピンクに咲いた寒緋桜を鑑賞できる。頂上の展望台からは、エメラルドグリーンの東シナ海と桜の共演する風景を楽しむことができる。市民参加のパレードには、沖縄のエイサーや、琉球舞踊など沖縄らしい伝統芸も楽しめる。
松竹梅の紅型衣裳 [展示会・展示イベント][展覧会]

松竹梅の紅型衣裳

  • 2019年01月08日(火) ~ 2019年01月30日(水)
  • 沖縄都市モノレール「県庁前」駅より徒歩約5分
  • 尚家資料と福地家資料から、松竹梅の紅型衣裳を紹介する。新春にぴったりな松竹梅の文様が、色鮮やかに描かれた紅型衣装を楽しもう。

那覇総局

〒900-0015

那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル10F

Tel 098-867-1972

Fax 098-863-8545

注目コンテンツ