メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄

ピックアップ

沖縄の情報

特集

高校野球
高校野球関連記事はこちらから。
TOPICS
もっと知りたい沖縄のこと。さまざまな話題を集めました。
基地問題など
基地問題の特集記事などを掲載。沖縄の抱える問題に迫ります。

沖縄のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

美術館コレクション展「大和コレクションVIII」 [展示会・展示イベント][展覧会]

美術館コレクション展「大和コレクションVIII」

  • 2018年02月23日(金) ~ 2018年06月23日(土)
  • 那覇空港から約20分沖縄都市モノレールおもろまち駅から徒歩10分/琉球バス、沖縄バス、那覇交通「おもろまち駅前」下車
  • 「大和(だいわ)コレクション」とは、日本有数の現代美術コレクターから同館に寄託(一定の期間借用)された作品群。その内容は、アントン・へニングや村上隆、照屋勇賢など世界的に評価の高い国内外の現代美術作家による平面、立体、写真、陶芸など多岐にわたっている。今展覧会では、その中から作品を選りすぐり展示する。
懐かさん戦前の首里城~森政三コレクション古写真展~ [展示会・展示イベント][展覧会]

懐かさん戦前の首里城~森政三コレクション古写真展~

  • 2018年05月22日(火) ~ 2018年06月24日(日)
  • 那覇空港から約20分沖縄都市モノレールおもろまち駅から徒歩10分/琉球バス、沖縄バス、那覇交通「おもろまち駅前」下車
  • 一般財団法人沖縄美ら島財団が所有する森政三(もりまさぞう)コレクションの中から、戦前の首里城内や琉球王国時代の王子の屋敷である中城御殿(なかぐすくうどぅん)の古写真を展示する。この展示では古写真とともに、琉球処分後の首里城の使われ方や国宝指定された首里城などを解説。また中城御殿について、古写真に記された板図(図面)により中城御殿の建物全体の間取りが判明した事を紹介する。
美術館企画展 涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展 [展示会・展示イベント][展覧会]

美術館企画展 涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

  • 2018年04月27日(金) ~ 2018年06月24日(日)
  • 那覇空港から約20分沖縄都市モノレールおもろまち駅から徒歩10分/琉球バス、沖縄バス、那覇交通「おもろまち駅前」下車
  • 吉増剛造(1939-)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードしてきた。その活動は文学の領域にとどまらず写真や映像、造形作品など多岐に渡り、私たちを魅了している。今展では半世紀以上におよぶ活動の中から、『黄金詩篇』(思潮社、1970年)をはじめとする各時代の代表的な詩集を柱とし、詩篇や写真をはじめとする彼の作品群に加え、関連する表現者たちの作品や資料と共に展示する。
美術館コレクション展「沖縄美術の流れ」 [展示会・展示イベント][展覧会]

美術館コレクション展「沖縄美術の流れ」

  • 2018年02月23日(金) ~ 2018年06月24日(日)
  • 那覇空港から約20分沖縄都市モノレールおもろまち駅から徒歩10分/琉球バス、沖縄バス、那覇交通「おもろまち駅前」下車
  • 亜熱帯の気候と独自の文化を築いてきた沖縄。歴史においては様々な状況に翻弄されながら現在の沖縄が存在する。今展では、戦前戦後の美術作品を辿りながらその変遷を紹介。美術家たちがその時代をどのように捉え、表現したのか。県内外、海外で活躍する沖縄出身による作品も併せて公開する。
第19回 サバニ帆漕レース [スポーツ][海イベント・プール]

第19回 サバニ帆漕レース

  • 2018年06月23日(土) ~ 2018年06月24日(日)
  • 座間味港より約1.5km座間味港より徒歩約20分、村営バスで約5分
  • 座間味島の古座間味ビーチから、沖縄本島までの約35kmを伝統的な木の小舟「サバニ」で競うレース。風が吹けば帆を上げ、風が止めば炎天下の海をチームが力を合わせて漕ぐなど自然が大きくレースを左右する。古座間味ビーチにサバニが並ぶスタートは圧巻。6月23日は島内レースの「マリリンカップ」、6月24日は本島までの本レースとなる。
人間国宝 金城次郎 展 [展示会・展示イベント][展覧会]

人間国宝 金城次郎 展

  • 2018年06月22日(金) ~ 2018年06月26日(火)
  • 那覇空港より20分程度ゆいレール「牧志」駅より徒歩10分
  • 金城次郎は1985年に沖縄県で初の人間国宝に認定された「陶工」で、県内では「魚文の次郎」さんとしてよく知られている。しかし、その知名度のわりに、誤解されたり、よく知られているはずの功績が意外に評価されていなかったり、ということも多い。今展では、『人間国宝 金城次郎』の本当の功績はどこにあったのか、その真価を次郎さんの作品を通して明らかにしたい。(主催:久高民藝店・ギャラリー杜ぐすく)
平成29年度 浦添市美術館実習教室作品展 [展示会・展示イベント][展覧会]

平成29年度 浦添市美術館実習教室作品展

  • 2018年06月21日(木) ~ 2018年06月27日(水)
  • 那覇空港より国道330号線を北(名護方面)へ12km(約30分)東洋バス(城間線)91/191 琉球バス(浦添線・牧港線)55/56 美術館前下車
  • 浦添市美術館では、毎年一般市民を対象に美術工芸に関する様々な実習教室を開講し、その作品発表展を開催している。今回の作品展では、紅型筒描き教室、漆のアクセサリー教室、マイ漆器教室(お箸とスプーン)、陶芸教室の4教室で製作した受講生の作品を紹介する。
流水文様の紅型衣裳 [展示会・展示イベント][展覧会]

流水文様の紅型衣裳

  • 2018年06月01日(金) ~ 2018年06月27日(水)
  • 沖縄都市モノレール「県庁前」駅より徒歩約5分
  • 駅から5分の国宝として、6月は、尚家資料から、流水文様の紅型衣裳を紹介する。美しい文様のはいった衣装をじっくりとみてみよう。
王家の宝刀 [展示会・展示イベント][展覧会]

王家の宝刀

  • 2018年06月01日(金) ~ 2018年06月27日(水)
  • ゆいレール県庁前駅より徒歩5分
  • 今月は企画展「考古学から見た那覇」に関連し、国宝に指定されている王家の宝刀を紹介する。すべての刀が同時に展示される機会はめったにないので、この機会をお見逃しなく。
真謝稲穂祭・角力大会 [年中行事・歳時記][スポーツ]

真謝稲穂祭・角力大会

  • 2018年06月28日(木)
  • 久米島空港より30分 兼城港より25分
  • 毎年旧暦5月15日に、五穀豊穣を祈願して行われる伝統行事。全島の力自慢が集まり沖縄角力(おきなわずもう)を行う。久米島は沖縄角力が盛んで、年に5回も全島大会が行われほど。沖縄角力は日本相撲とは違い、互いに組んだ体勢から始まり、相手を倒して背中をつければ勝ちとなる。男性の力強い迫力ある試合は圧巻。真謝では女性の部・アンマー角力も人気。当日の参加申し込みとなるため、力に自信がある人は挑戦してみては?

那覇総局

〒900-0015

那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル10F

Tel 098-867-1972

Fax 098-863-8545

注目コンテンツ