メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

アディショナルタイム

FC大阪 大阪から再び海外挑戦へ

写真:FC大阪で活躍するMF井手口正昭 拡大FC大阪で活躍するMF井手口正昭

 サッカー日本代表でワールドカップロシア大会出場決定に貢献したガンバ大阪MF井手口陽介(21)の兄・正昭(29)が、今年8月、日本フットボールリーグ(JFL)のFC大阪へ移籍してきた。アジアのチームを渡り歩き、弟のいる大阪の地から、再び海外を目指す。

 Jリーグ3部の下に位置するJFLは、企業チームや地域のアマチュアクラブなどが入り交じる。FC大阪はガンバ、セレッソに次ぐ大阪で3番目のJリーグ参入を目指している。府内の複数の練習場を借りて練習し、本拠のスタジアムは決まっていない。そんな環境でも、「言葉は通じるし、日本は恵まれていますね」と言う。

 下部組織からガ大阪一筋の陽介とは対照的なサッカー人生だ。福岡県出身。名門の東福岡高から、阪南大へ。2011年にJリーグ2部の横浜FC入りしたが、「けがばかりで、チャンスをもらっても期待に応えられなかった」。

 転機は14年。横浜FCが参入していた香港リーグの「横浜FC香港」への期限付き移籍を打診された。「自分の好きなサッカーをしながら色々な国に行けるのは幸せ」と決断。香港では同じリーグで戦うチームと練習場を共同で使った。15年に一時、横浜FCに戻ったが、翌年はベトナム1部のクラブに完全移籍。「汚くてシャワーがないスタジアム」もあれば、給料が遅れて支払われることもあった。「でも、全てが新鮮。助っ人なので、日本でプレーするより責任感があった」。しかし、今春、戦力外通告。その後、タイのクラブとの契約が土壇場で破談になり、知人がいたFC大阪に加わった。ポジションは陽介と同じ守備的MF。加入後のFC大阪は3勝2敗1分けと好調だ。

 陽介らと一緒に食事に行くこともあるという。「サッカーの話はあまりしないですね。でも、代表で活躍すると普通にうれしいですし、すごいなって見てますよ」。弟は海外移籍もうわさされるが、正昭も「また海外でプレーがしたい。ベトナムで悔しい思いをしたので、もう一回行きたい」と意気込んでいる。

PR情報

ここから広告です

社会部大阪版から

ご愛読、ありがとうございます。大阪府内の主なニュースや連載記事など、多彩な話題を提供します。情報提供やご意見もお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 社会部大阪版 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】飯テロなら任せろ!

    インスタ映えする料理写真

  • 写真

    【&TRAVEL】船上お笑いライブを満喫

    クルーズへの招待状

  • 写真

    【&M】バレエ少女を演じる井本彩花

    国民的美少女コンテストで栄冠

  • 写真

    【&w】カンヌに捧げたコレクション

    アクリス〈PR〉

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム養老孟司が書いた「遺言。」

    口述ではなく書き下ろし

  • 写真

    WEBRONZAがん検診かくあるべし

    急増の大腸がん効果的な検診を

  • 写真

    アエラスタイルマガジン仕事力を上げる姿勢とは?

    骨盤と首の関係を理解する

  • 写真

    T JAPAN新・竹本織太夫インタビュー

    襲名公演への意気込みを語る

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ