メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

令和でジャンプ!

(上)興国 元プロ、古豪復活託された

写真:選手を集めて指導する喜多隆志監督(右から2人目) 拡大選手を集めて指導する喜多隆志監督(右から2人目)

 枚方市の山間にある興国のグラウンドに、打球音がこだまする。ノックバットを握るのは、昨年8月に就任した喜多隆志監督(39)だ。

 三塁手の一塁への送球がそれた。一塁手は「いいよ」。そこに喜多監督の声が飛んだ。「そこで『いいよ』って言ったらあかん。また繰り返すやろ?」。厳しい口調だが、諭すように、真意が伝わるように言葉を継いだ。「はい」。一塁手は納得した表情をみせた。

     *

 喜多監督は高校時代の1997年、智弁和歌山の選手として夏の甲子園で全国制覇した。慶応大を経てプロ野球ロッテでもプレーした。興国には2017年4月に着任した。興国は春夏通算で7回甲子園に出場した古豪だが、長らく甲子園から遠ざかる。当然、自身に求められるのは、チームを再び甲子園に連れて行くことだと認識している。

 興国に着任して初めてのミーティング。「この夏、甲子園に行こう」。そう呼びかけると、選手は一様にぽかんとした表情を見せた。「高校球児にとって、甲子園は当然目指すもの」と思っていた喜多監督は、自分と選手の温度差に面食らった。

 あきらめはプレーにも表れていた。守備でも、全力で追いかければ捕れるかもしれないボールを追わない。「やる気あるのか」と叱ると、ふてくされる生徒もいた。そんな時には、1対1で面談し、じっくり話をした。負けん気を引き出そうと、頑張っている下級生を積極的に起用した。つてをたどり、明徳義塾(高知)や近江(滋賀)など他県の強豪校と練習試合を組んだ。「技術指導の前に、彼らの本気を引き出す必要があった」と振り返る。

     *

 選手も少しずつ変わり始めた。主将の林信太朗君(3年)は入学するまで興国が甲子園に出場したことを知らなかった。「監督は野球に対して本当に熱い気持ちを持っていて、自分たちの気持ちも上げてくれる」と話す。甲子園常連校と試合を重ね、結果は負けでも、自分たちの力が通用する場面もあった。「甲子園は手の届かないところにあるんじゃない。目標として、ちゃんと意識できるようになった」

 「ファイティングポーズを見せてくれ」と喜多監督はよく口にする。「甲子園なんて夢物語だ」と最初から逃げず、立ち向かう姿勢をみせてほしい。そのためには、ノックでの送球ひとつもおろそかにせず、真剣に野球と向き合ってほしい。林君は言う。「強豪校と比べて体も小さいし下手。でも、どのチームよりも全力ってところを見せたい。『絶対、甲子園に行く』という強い気持ちで夏に挑む」。僕らの本気、みせてやる。(森岡みづほ)

     ◇

 強豪ひしめく大阪大会を勝ち上がるのは簡単なことではない。大正・昭和の時代、夏の甲子園を沸かせながら、平成に一度も選手権大会に出場できなかった学校を訪ね、令和での飛躍にかける思いを聞いた。

 <興国>1929年創部。33〜75年の間、春夏計7回の甲子園に出場。68年夏の甲子園で全国制覇。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

社会部大阪版から

ご愛読、ありがとうございます。大阪府内の主なニュースや連載記事など、多彩な話題を提供します。情報提供やご意見もお寄せ下さい。
メールはこちらから

朝日新聞 社会部大阪版 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ