メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

滋賀

滋賀の情報

特集

頂点へ 高校野球選手権記念大会
選手権100回記念大会に向け、軌跡と球児たちの今をお伝えします
がんばった夏 2017
暑さに負けず「がんばった」人たちを紹介します。
湖畔くらし、始めました
東京育ちで京都にも長く住んだ麻生圭子さんの視点で、滋賀県の話題や風景をお伝えします。
ドキュメント 一週間
同じテーマや場所から7日連続で、話題や集う人々の思いを伝えます
キャッチ ソー
朝日レガッタを始め、ボート競技に関わる人たちの思いなどをお伝えします
あしたのまち
さまざまな課題を抱える市町の現場を訪ね、今後のまちづくりについて考えます
まなビバ! 教育2017
学校紹介企画「まなビバ!」では、県内の特色ある学校を紹介します
永源寺日記
「地域まるごとケア」に取り組む花戸貴司医師が永源寺診療所での日々をつづります
遊・You・友
県内のイベントや行楽の案内を掲載しています
となりの原発
原発問題やエネルギー政策、社会のあり方を考えます
近江滔々
湖国の歴史と文化を紹介します
淡海たより
4人の筆者がそれぞれの視点で近江の四季を伝えます

滋賀のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

~滋賀・びわ湖をがっつり巡ろう~ぐるっと博スタンプラリー [ウォーキング・散策]

~滋賀・びわ湖をがっつり巡ろう~ぐるっと博スタンプラリー

  • 2017年10月01日(日) ~ 2018年03月31日(土)
  • JR「彦根」駅より徒歩約15分
  • 滋賀県の日本遺産構成文化財などを巡ってスタンプを集めるスタンプラリーを開催。日本遺産構成7市(大津市、近江八幡市、東近江市、米原市、彦根市、長浜市、高島市)にそれぞれ1種類、それ以外の12の市町には同じ絵柄のスタンプの計8種類のスタンプを各地に設置。集めたスタンプの数に応じて抽選で賞品が当たり、すべてを集めるともれなく「水の文化ぐるっと博認定証」、「日本遺産ノベルティ(非売品)」をプレゼント。
日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博 [総合(複合)イベント]

日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博

  • 2017年10月01日(日) ~ 2018年03月31日(土)
  • 大津駅他利用
  • 滋賀県では「日本遺産 滋賀・びわ湖 水の文化ぐるっと博」を開催する。これは2015年に認定された日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」を活用した観光キャンペーン。滋賀県各地の文化を体感できるまち歩きや、普段は見ることのできない、神社・寺院が持つ建物や仏像の特別公開などを行う。日本遺産の構成地で行われるものをはじめとした、全部で190を超えるプログラムで、滋賀県を盛り上げる。
びわ湖大津館2017冬期ライトアップ「光せせらぐ冬の庭」 [イルミネーション・ライトアップ]

びわ湖大津館2017冬期ライトアップ「光せせらぐ冬の庭」

  • 2017年12月01日(金) ~ 2018年02月14日(水)
  • 名神大津ICより約15分JR湖西線大津京駅より徒歩約15分
  • びわ湖大津館では、隣接する約5900平米に広がるイングリッシュガーデンをメイン会場に、「水」をテーマとした光のアートイベントを初めて実施。びわ湖大津館の開館15周年を記念して、成安造形大学との連携により実施するもので、ガーデン内を7つのゾーンに分けて、それぞれに変化していく水を光のアートオブジェで表現する。水の世界に迷い込んだような不思議な感覚を味わいに、ぜひ足を運んでみよう。
ぐるっと滋賀東おうみスタンプラリー [体験・遊覧]

ぐるっと滋賀東おうみスタンプラリー

  • 2017年07月22日(土) ~ 2018年01月14日(日)
  • 近江鉄道「長谷野」駅より徒歩約20分
  • 滋賀県東近江地域(近江八幡市・東近江市・日野町・竜王町)では、「ぐるっと滋賀東おうみスタンプラリー」を開催する。各市町から1箇所ずつスタンプを集め、4箇所すべての市町のスタンプをそろえると、抽選でホテルペア宿泊券や近江牛、近江特産品などが当たる。スタンプの設置場所は各市町の観光地となっており、スタンプを集めながら東近江地域の観光を楽しむことができる。
しがらきイルミネーション2017 [イルミネーション・ライトアップ]

しがらきイルミネーション2017

  • 2017年12月02日(土) ~ 2018年01月08日(月)
  • 信楽高原鐵道信楽線「信楽」駅より徒歩
  • 信楽高原鐵道の利用促進と、駅前の活性化を目標としてイルミネーションの装飾がスタートした。駅前の大狸にサンタの衣装をほどこし、駅の屋根や通り沿いの樹木、信楽町役場横の駐車場などを電飾で飾る。信楽の冬の風物詩となり、幻想的に彩られた街を散歩したり、記念写真を撮ったりする人々が訪れるようになった。
石塔町ペットボトルイルミネーション(ファイナル) [イルミネーション・ライトアップ]

石塔町ペットボトルイルミネーション(ファイナル)

  • 2017年11月26日(日) ~ 2018年01月03日(水)
  • 名神「八日市」ICから15分
  • ペットボトルを使用した「ぺットボトルイルミネーション」の点灯。高さ2~8mにもなる「ボトルツリー」や、長さ15mの「三角通路」は子どもたちにも人気。15000本のボトルが輝きを放つ。今年で15年目を迎えたイルミネーションも2017年で最後の開催となる。
びわ湖大津館 秋のローズフェスタ [フェスティバル・パレード][体験・遊覧][花・植物のイベント]

びわ湖大津館 秋のローズフェスタ

  • 2017年10月20日(金) ~ 2017年11月23日(木)
  • 名神「大津」ICより約15分JR湖西線「大津京」駅より徒歩約15分
  • 柳が崎湖畔公園内にあるびわ湖大津館では、隣接するイングリッシュガーデン(約5,900平米)内の秋バラが最盛期となる時期に「秋のローズフェスタ」を開催。最新のバラから名花まで、びわ湖を背景に色鮮やかに咲き誇る。期間中は、バラや季節の花苗を毎日販売する他、バラ入門セミナーや音楽ライブ等様々な催しも。湖風が届ける甘いバラの香りに、癒しのひとときを過ごそう。
比叡のもみじ [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

比叡のもみじ

  • 2017年10月28日(土) ~ 2017年11月23日(木)
  • 「京都東」ICから西大津バイパスに入り近江神宮ランプより下鴨大津線(山中越)で田の谷峠ゲートへJR東海道本線「京都」駅よりバス 70分、延暦寺バスセンター
  • 比叡山・奥比叡ドライブウェイには、沿線に約2000本を越えるモミジ、桜の木々が紅葉し、それぞれ紅色、赤色、黄色へと10月中旬から11月中旬にかけて美しい色合いをかもしだす。比叡山ドライブウェイの夢見が丘の紅葉とびわ湖とのコントラストのすばらしい眺めが魅力。また、奥比叡ドライブウェイはその殆どが比叡山延暦寺の境内をぬうようにして走っている。期間中は毎日抽選も行われる。
金勝寺あかりの演出~霊山清浄 久遠のあかり~ [観察・ウォッチング][花・植物のイベント][イルミネーション・ライトアップ]

金勝寺あかりの演出~霊山清浄 久遠のあかり~

  • 2017年11月11日(土) ~ 2017年11月23日(木)
  • JR「草津」駅よりタクシーを利用 ※11日・12日は、JR手原駅よりシャトルバスを運行予定
  • 栗東市にある金勝寺では、期間中、参道のライトアップを行う。金勝寺は、天平5年(733年)聖武天皇の勅願により良弁僧正が開基し、近江の25別院を総括する金勝山大菩提寺として栄え、湖南地方の山岳仏教の一大拠点となった。秋になると紅葉と霊山清浄、久遠のあかりが楽しめる。11日(土)と12日(日)の2日間は、参道だけでなく山門や本堂、二月堂もライトアップされる。
馬上武芸奉納祭(賀茂神社) [お祭り][年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

馬上武芸奉納祭(賀茂神社)

  • 2017年11月25日(土)
  • JR近江八幡駅よりバス近江鉄道バス・篠原駅行き「加茂東」下車、徒歩5分
  • 木曽馬約10頭が山梨県からやってくる。奉納者も関東一円からと近畿地方からの合同チーム。近畿地方では初めての試みであり、神社の奉納は全国でも初めてのイベントとなる。

大津総局から

朝日新聞大津総局です。【母なる湖】琵琶湖のほとりから最新のニュースをお届けします。ご意見・ご感想をメールでお寄せください。
メールはこちらから

◆琵琶湖の水位 プラス2センチ 24日午前6時◆

朝日新聞 大津総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホと一眼のいいとこ取り

    人気の1インチデジカメ

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】じんわりおいしい王道パスタ

    今日は「D’ORO」でランチ

  • 写真

    【&w】パン屋にならないと離婚!?

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「核戦争に勝者はない」

    核抑止論という神話にお別れ

  • 写真

    WEBRONZAイノベーションの勧め

    とにかく動く人になろう

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPANマッキー牧元が注目する

    東東京の美味な店<後編>

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    一体どうして?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ