メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドキュメント 10日間【水車のまち〜初夏の能登川〜】

7世紀からシンボル稼働

写真:能登川駅前交番も水車をモチーフにした造りになっている 拡大能登川駅前交番も水車をモチーフにした造りになっている

 愛知川下流に位置し、滋賀県東部の東近江市の中では唯一、琵琶湖に面しているのが能登川地区だ。水の恵みを受けて歴史を重ねてきたまちの魅力を感じたくて、同じテーマや場所で話題や集う人々の思いを伝える「定点ドキュメント 10日間」の取材場所に選んだ。

 繖山(きぬがさ・やま)(標高約432メートル)がそびえ、愛知川が流れる自然豊かな能登川地区には8799世帯、2万3377人(4月1日現在)が暮らしている。

 1942年に五つの村が合併して能登川町となり、2006年に東近江市に合併した。ヨシ原が広がる伊庭内湖もある。戦中から戦後にかけて食糧増産などを目的に内湖を干拓してできた干拓地も広がっている。

 この地で、まちのシンボルとして親しまれているのが、7世紀前半ごろから使われているとされる水車だ。精米や製粉の動力として利用されたことから身近な存在となった。今ではマンホールや街路灯にもあしらわれているほか、「能登川水車とカヌーランド」は人気の観光地となっている。

 今月4日には、繖山の中腹にある繖峰三(さんぽう・さん)神社からみこしを引きずり下ろす近江の奇祭、伊庭の坂下し神事があり、まち全体がにぎわった。能登川石田遺跡や神郷(じん・ごう)亀塚古墳、正楽寺遺跡など、地区の遺跡の数は100カ所以上に及ぶ。

 昔の暮らしぶりが再現されたコーナーを設けている能登川博物館には昔の家具を中心に日用品など8千点以上の資料があるほか、地元では野鳥やホタルの自然観察会も開かれている。

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

大津総局から

朝日新聞大津総局です。【母なる湖】琵琶湖のほとりから最新のニュースをお届けします。ご意見・ご感想をメールでお寄せください。
メールはこちらから

◆琵琶湖の水位 0センチ 8日午前6時◆

朝日新聞 大津総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ