メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

滋宝 琵琶湖文化館収蔵品から

飛鳥時代の寺院瓦、謎の文様

写真:東光寺遺跡出土軒丸瓦 拡大東光寺遺跡出土軒丸瓦

写真:軒丸瓦の復元イメージ 拡大軒丸瓦の復元イメージ

 ■東光寺遺跡出土軒丸瓦

とうこうじいせきしゅつどのきまるがわら

大津市立瀬田小学校

 東光寺遺跡は大津市大萱(おおがや)2丁目の古代寺院跡です。1923(大正12)年、現在の東光寺の隣接地を発掘した際、飛鳥時代の瓦が多数出土し、近くの瀬田小学校に寄贈されました。

 古代の瓦は、仏教文化の興隆を雄弁に物語ります。屋根の軒先を飾る軒丸瓦は、割竹形の瓦の先端に「瓦当(がとう)」と呼ぶ円形の装飾板がついています。瓦当の文様は一般的に蓮の華を上から眺めた蓮華文(れんげもん)ですが、このデザインを追究すると、瓦作りという当時最先端の技術の流通ルートが推測できます。

 写真右の瓦の文様は「法隆寺式」と呼ばれます。670年に焼失した法隆寺(奈良県)の再建時に考案され、伊賀(三重県北西部)を経由して近江にもたらされたと考えられます。

 一方、左の瓦は花弁3枚が一組となる4枚の蓮弁間に、さらに小さな車輪のような蓮華文4個を配置する珍奇な文様です。同じ文様の瓦は、7キロ離れた草津市北大萱町の宝光寺跡での出土例しかありません。地名が同じ大萱です。大伽耶(だいかや、朝鮮半島南部の古代国)と見て、渡来氏族と関連付けられるかもしれませんが、朝鮮半島にも見当たりません。いまもって謎の瓦です。

(副参事 北村圭弘)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

大津総局から

朝日新聞大津総局です。【母なる湖】琵琶湖のほとりから最新のニュースをお届けします。ご意見・ご感想をメールでお寄せください。
メールはこちらから

◆琵琶湖の水位 0センチ 8日午前6時◆

朝日新聞 大津総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ