メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

滋宝 琵琶湖文化館収蔵品から

理想郷表す文様に長寿の願い

写真:蓬萊鏡=滋賀県立琵琶湖文化館提供 拡大蓬萊鏡=滋賀県立琵琶湖文化館提供

■蓬莱鏡

ほうらいきょう

琵琶湖文化館蔵

 神社の社殿で、円い鏡が掛けられているのを目にしたことはありませんか。金属で作られた鏡です。

 鏡は紀元前に中国大陸から最初に伝わり、明治期にガラス製が普及するまでは、主成分を銅とする「銅鏡」が使われていました。こうした鏡は日常的に使われ、神の依代(よりしろ、寄りつくもの)ともなるものでした。

 銅鏡の表側(鏡として使う面)は平坦(へいたん)で、磨いて手入れしていればガラス製と同等に映ります。背面は、中央にひもを通す孔(あな)のあるつまみがあり、全体に様々な文様が浮き彫りで表されています。

 本品は直径11センチほどの小型の鏡で、室町時代に作られました。つまみの亀と2羽の鶴が顔を突き合わせ、松が生い茂る水辺が表されています。古代中国の人々が夢見た不老不死の秘薬があるという理想郷「蓬莱山」の文様で、長寿の願いが込められています。

 正月に供える鏡餅は、その名の通り鏡を模したといわれます。甲賀地方の正月行事「オコナイ」では、一般的な重ね餅のほか、神社に祭る鏡のように垂直につるす「掛け餅」もあります。滋賀に残る、鏡餅の源流にも見える形に興味を引かれます。

(学芸員 田澤梓)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

大津総局から

朝日新聞大津総局です。【母なる湖】琵琶湖のほとりから最新のニュースをお届けします。ご意見・ご感想をメールでお寄せください。
メールはこちらから

◆琵琶湖の水位 0センチ 8日午前6時◆

朝日新聞 大津総局 公式ツイッター

関連サイト

別ウインドウで開きます

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ