メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

島根

島根の情報

特集

高校野球
高校野球に関する記事をお届けします。
島根原発
島根原発にかかわるニュースです。
こちら臨時支局
普段じっくりと取材する機会の少ない地域の情報を発信します。
山陰ものがたり
山陰の自然や名所を両県の記者が訪ねます。
支える
高い技術やこだわりで社会を支える人たち。2017年の島根の新年連載は様々な分野から彼らを紹介します。
ゴー!!ゴー!!マジック
プロバスケットBリーグ1部 山陰発のチームのニュースを紹介します。
リポートしまね
県内でのニュースの深層に迫ります
しまねの人
様々な島根人を紹介します。注目の人の活躍をお伝えします。
元気力
各界の元気人たちに執筆してもらうコラムです。その人ならではの生き方を通して元気をお届けします。
江の川 橋めぐり
江の川に架かる橋にまつわるエピソードを紹介します。
なっちゃんの釣り日記
山陰ケーブルビジョン「釣り情報」リポーター、原奈津美さんが女性の視点で、釣りの魅力を紹介します。
おしゃべりな出席簿
県立高校の石橋先生が高校生たちと過ごす日々を紹介するエッセーです。
ちょっと里山
気軽に登れる県内の山を隔週で紹介します。
2016参院選
島根と鳥取の選挙区が初めて「合区」になる山陰の情勢も追いかけます。
マリメッコ展
フィンランドの人気ブランドの巡回展。7月11日まで益田市の県立石見美術館で開催しました。
食べぶら
「美食」「名物」などを求めて、記者が県内各地を歩き回ります。
主催行事
吹奏楽コンクール、合唱コンクールなど朝日新聞社主催の行事を紹介します。
企画特集
『いきもの通信』『えんぴつ』などの連載を掲載しています。

島根のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

母里夏祭り [お祭り][各種ショー][音楽イベント][花火大会]

母里夏祭り

  • 2017年07月25日(火)
  • 安来駅からイエローバスで約25分、「伯太庁舎」から徒歩約10分
  • 伝統の母里祇園神社の例祭にあたり、この祭の意義を考え情緒豊かな母里の郷に住めることを喜ぶとともに、明日の郷土の発展を願い住民がこぞって賑わいを盛り上げるお祭り。地元の小中学生による鼓笛隊やブラスバンド演奏、こども神輿、伯太太鼓、安来節演芸館一座によるおたのしみステージ、ビンゴ大会など、内容盛りだくさん。8時半~は、約1400発の打上花火が、母里の夏夜を鮮やかに彩る。
小鷺踊り [フェスティバル・パレード]

小鷺踊り

  • 2017年07月20日(木) ~ 2017年07月27日(木)
  • 「津和野」駅から徒歩約20分
  • 昭和33(1958)年に発足した子鷺踊りは、地元小学生による行列。毎年7月20日・7月27日の鷺舞神事と同じ日に披露される。子鷺の衣装を身にまとった郷土色豊かな舞は、見物客に親しまれている。地元の子どもたちによる可愛らしい舞に、思わず笑みがこぼれてしまう。
祇園祭(鷺舞神事) [お祭り][年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

祇園祭(鷺舞神事)

  • 2017年07月20日(木) ~ 2017年07月27日(木)
  • 中国道「六日市」ICより約60分「津和野」駅から徒歩約15分
  • 鷺舞は津和野の弥栄神社に伝わる古典芸能神事。毎年祇園祭の7月20日(ご神幸の日)に町内11ヶ所、7月27日(ご還幸の日)に町内9ヶ所の昔から定められた場所で舞う。天文11(1542)年、津和野城主・吉見正頼が疫病鎮護のため行うようになり、それ以来津和野では古式の鷺舞が演じられ、優雅な姿を今日も披露している。国の重要無形民俗文化財にも指定されている、歴史ある祭だ。
島根大学ミュージアム夏休み・子どもミュージアム体験教室「回転の不思議と仕組みを体験しよう!」 [体験・遊覧]

島根大学ミュージアム夏休み・子どもミュージアム体験教室「回転の不思議と仕組みを体験しよう!」

  • 2017年07月29日(土)
  • JR松江駅から「大学・川津方面行き」バスで約15分
  • 世界中で人気のおもちゃ「ハンドスピナー」を大学の先生と一緒に作ってみよう! 講師は田村晋司先生(島根大学大学院総合理工学研究科 機械・電気電子工学領域 講師)。 ※事前申し込みが必要、詳しくはHPから
ゆのつ温泉 夜神楽(7月) [演劇・ダンス][伝統芸能・大衆芸能][温泉・温浴パーク]

ゆのつ温泉 夜神楽(7月)

  • 2017年07月08日(土) ~ 2017年07月29日(土)
  • 山陰道江津出口より20分JR山陰本線「温泉津」駅より徒歩15分
  • 大迫力の神楽公演! 世界遺産の中にある本物の神社で、触れるほど近く大迫力の石見神楽を見ることができるのは温泉津だけ! 世界遺産石見銀山で、1300年続く温泉に入り、石見神楽を生で見る! 石見地方温泉津でしかできない体験だ。
石州和紙会館 廊下の展示「Photosynthesis」 [展示会・展示イベント]

石州和紙会館 廊下の展示「Photosynthesis」

  • 2017年06月01日(木) ~ 2017年07月30日(日)
  • 浜田自動車道 浜田ICより30分最寄駅 JR三保三隅駅より車で5分、徒歩30分
  • 石州和紙会館廊下のギャラリーにて、心和む草花や身の回りのものを独自の視点で撮影した写真を石州和紙にプリントした展覧会。
郷土ゆかりの南画家展 -館蔵品を中心に- [展示会・展示イベント][展覧会]

郷土ゆかりの南画家展 -館蔵品を中心に-

  • 2017年06月03日(土) ~ 2017年07月30日(日)
  • 山陰道斐川ICから北へ一畑電鉄「雲州平田」駅よりタクシーで5分
  • 出雲では、江戸時代の池大雅来雲により、その後様々な南画家が訪れている。風外本高は出雲の地で大雅の作品に触れて私淑し、自らの画風を確立している。三刀屋町出身の横山雲南は風外に師事し、諸国をめぐり画の研鑽に励んだ。雲南はその後多くの門人を育てた。そして明治初期に田能村直入の来雲を機に出雲は南画の最盛期を迎える。このたびは、このような郷土ゆかりの南画家を、館蔵品を中心に紹介する。
第12回多伎キララまつり [お祭り][花火大会]

第12回多伎キララまつり

  • 2017年07月30日(日)
  • 山陰本線「小田」駅より徒歩約15分
  • キララビーチを背に、夏祭りが開催される。メインは何といっても花火大会! キララビーチから打ち上がる花火を間近に鑑賞しよう。
トロッコ列車&亀嵩温泉 主催:雲南市役所うんなん暮らし推進課 [その他のイベント]

トロッコ列車&亀嵩温泉 主催:雲南市役所うんなん暮らし推進課

  • 2017年07月30日(日)
  • 尾道松江線三刀屋木次ICより約1kmJR木次駅下車すぐ
  • 人気のトロッコ列車「奥出雲おろち号」に乗車。イベントを楽しみながら、列車内や立寄り温泉で良縁をつかむ。※参加に当たり募集定員や対象年齢等あり要確認。
古代出雲歴史博物館 れきはく夏まつり2017 [各種ショー][体験・遊覧]

古代出雲歴史博物館 れきはく夏まつり2017

  • 2017年07月30日(日)
  • 山陰道出雲ICより約20分、または石見銀山から国道9号線・くにびき浜岸道路経由で約70分JR出雲市駅からバス約30分(正門前)、または一畑電車「出雲大社前」駅から徒歩約7分
  • 毎年恒例の夏まつり。ミニ丁銀づくり体験や、藍染めでオリジナルハンカチが作れちゃう。その他、無料で楽しめる移動動物園や太鼓演奏(出雲農林高校)、キッズわくわく体験コーナーも完備。全て当日受付で参加可能。

朝日新聞 松江総局 公式ツイッター

注目コンテンツ