メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

島根

島根の情報

特集

高校野球
高校野球に関する記事をお届けします。
駅 三江線35の物語
三江線35駅周辺の歴史や伝統文化、住民の暮らしなどを伝えます。
わたしのファイト!!
島根の新年連載は島根にゆかりがある女性アスリートたちの8つのストーリーを特集します。
島根原発
島根原発にかかわるニュースです。
衆院選2017
10日公示、22日投開票の衆院選。県内の情勢を伝える。
こちら臨時支局
普段じっくりと取材する機会の少ない地域の情報を発信します。
ゴー!!ゴー!!マジック
プロバスケットBリーグ 山陰発のチームのニュースを紹介します。
リポートしまね
県内でのニュースの深層に迫ります
しまねの人
様々な島根人を紹介します。注目の人の活躍をお伝えします。
元気力
各界の元気人たちに執筆してもらうコラムです。その人ならではの生き方を通して元気をお届けします。
江の川 橋めぐり
江の川に架かる橋にまつわるエピソードを紹介します。
なっちゃんの釣り日記
山陰ケーブルビジョン「釣り情報」リポーター、原奈津美さんが女性の視点で、釣りの魅力を紹介します。
おしゃべりな出席簿
県立高校の石橋先生が高校生たちと過ごす日々を紹介するエッセーです。
ちょっと里山
気軽に登れる県内の山を紹介します。
主催行事
吹奏楽コンクール、合唱コンクールなど朝日新聞社主催の行事を紹介します。
企画特集
『いきもの通信』『えんぴつ』などの連載を掲載しています。

島根のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

秋・冬季企画展「奥出雲・絲原家に伝わる茶道具の美」 [展示会・展示イベント][展覧会]

秋・冬季企画展「奥出雲・絲原家に伝わる茶道具の美」

  • 2018年09月13日(木) ~ 2019年03月10日(日)
  • JR木次線「出雲三成」駅より約4km バスまたはタクシー利用
  • 松江藩7代藩主・松平不昧公没後200年を記念し、絲原家に伝わる「雲州蔵帳」の茶道具、不昧公の自作品、御好み茶道具、松江藩ゆかりの工芸・陶芸作品を中心に禅と茶を修め、茶禅一味を提唱、かつ実践した大名茶人である不昧公が描いた達磨画賛「喝」や「無」の掛軸、お抱え蒔絵師であった勝軍木庵や小島漆壺斎の作品、千利休が指導して焼かせた「利休瀬戸茶入れ」や利休が宗安に送った手紙の茶掛軸などを展示。
出雲そば旅 そば店スタンプラリー [食のイベント][飲食店のイベント]

出雲そば旅 そば店スタンプラリー

  • 2018年11月01日(木) ~ 2019年02月28日(木)
  • JR出雲市駅ほか利用
  • 出雲市内のそば店舗を周遊してスタンプを集め、1列以上のビンゴを達成しよう。抽選で100名に、ビンゴの数に応じて豪華賞品がプレゼントされる。
出雲そば旅 そば打ち体験道場 [食のイベント][体験・遊覧]

出雲そば旅 そば打ち体験道場

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年02月28日(木)
  • JR出雲市から約20分、出雲大社から約10分路線バス 大社線(ゆめタウン・島根ワイナリー経由)で「島根ワイナリー」下車、徒歩すぐ
  • そば打ち講師を招き、そば打ちを体験できる。打ちたてのそばを、その場で湯がいて食べることも可能。出雲産の新そば粉で、出雲そばを打って、食べて堪能してみよう! ※各回とも10組限定。事前予約が必要。
昭和から平成を彩った名作選 「作家たちを魅了した女性美」 [展示会・展示イベント]

昭和から平成を彩った名作選 「作家たちを魅了した女性美」

  • 2018年11月17日(土) ~ 2019年02月24日(日)
  • 山陰自動車道出雲ICより約4km出雲市駅より医大行きバス「天神団地入口」下車
  • 女性像は世界中の作家たちが描き続けてきた永遠のテーマと言っていいだろう。その作家たちは、独自の視点で様々な女性像を手掛けてきた。女性像を通して表現の多様性や美意識の変遷を紹介する。
開館30周年 平田本陣展 -館蔵品を中心に- [展示会・展示イベント][展覧会]

開館30周年 平田本陣展 -館蔵品を中心に-

  • 2018年11月03日(土) ~ 2019年01月20日(日)
  • 山陰道斐川ICから北へ一畑電鉄「雲州平田」駅よりタクシーで5分
  • 平田本陣記念館は今年開館30周年を迎えた。同館は、松江藩の本陣宿を営んだ木佐家の建物を移築復元し、平成元年に開館した。松平藩歴代藩主の軸物をはじめ、江戸時代から幕末の動乱期を経て、今に伝わる作品の中には、歴史を物語る貴重な資料や、木佐家を訪れた文人墨客の様々な書画も残されている。これらの名品の数々を一堂に紹介する。
万灯山公園イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

万灯山公園イルミネーション

  • 2018年11月23日(金) ~ 2019年01月14日(月)
  • 浜田道「浜田」ICより約10分JR「浜田」駅より徒歩約5分
  • 公園の中央にある高さ10mのヒマラヤ杉や周辺の木々を、3950個の電飾が彩り、巨大なクリスマスツリーとなる。あわせてJR浜田駅から公園までの街路樹に約2万個の電球が灯り、幻想的な雰囲気に包まれる。点灯初日は、コーラスの披露や温かいぜんざいの振る舞いが行われる。
【紅葉・見ごろ】八重滝 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】八重滝

  • 2018年10月20日(土) ~ 2018年11月15日(木)
  • 松江道「吉田掛合」ICより約20分JR木次線「きすき」駅よりタクシー約35分
  • 八重滝は、龍頭が滝と共に日本の滝100選に選定されている。約1.5kmにわたって続く遊歩道を歩きながら八つの滝とモミジやカエデの紅葉が同時に楽しめる。心地よい渓流のせせらぎに耳を傾けつつ、秋の散策を楽しんでみては?
【紅葉・見ごろ】立久恵峡 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】立久恵峡

  • 2018年10月25日(木) ~ 2018年11月15日(木)
  • 山陰道「宍道」ICよりR184経由、約30分JR「出雲市」駅より路線バス約25分
  • 神戸川に沿って奇岩・柱石がそそり立つ景観が広がり、国の名勝天然記念物に指定されている。新緑、紅葉、雪景色と四季折々に素晴らしい表情を見せる立久恵峡。渓谷沿いの遊歩道は1周約30分、途中には2つの吊り橋もあるので、紅葉を眺めながらウォーキングを楽しんでみては。
【紅葉・見ごろ】龍雲寺 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】龍雲寺

  • 2018年10月20日(土) ~ 2018年11月15日(木)
  • 山陰自動車道「石見三隅」ICより約15分JR「三保三隅」駅よりタクシーで約15分
  • 永徳2年、当時の三隅城の城主三隅信兼が無端祖環を招いて開山し、三隅家代々の菩提寺としたのが始まりと伝えられている。山門前の庭を中心とした龍雲寺公園は、それまで棚田だったものを日本庭園にしたもの。手入れが行き届いており、秋の紅葉時期は大変美しい情景を見ることができる。周辺には大麻山神社、三隅公園、室谷棚田など自然の美しい場所もあるので、あわせて立ち寄ってみられては。
ギャラリー展 長浜人形 永見巌焼 -その系譜と石見の作家・書画展- [展覧会]

ギャラリー展 長浜人形 永見巌焼 -その系譜と石見の作家・書画展-

  • 2018年11月03日(土) ~ 2018年11月18日(日)
  • 浜田高速「浜田」ICより約20分山陰線「三保三隅」駅より徒歩約20分
  • 石見の地で受け継がれてきた伝統工芸、長浜人形。三隅町在住の三浦博文さんが長年収集されてきたコレクションの中でも、厳選された68点の作品を展示する。ずらりと並ぶ長浜人形を始め、石見ゆかりの作家による書画、神楽面、絵皿等々。圧巻かつ大変見ごたえのある展示となっている。

朝日新聞 松江総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】圧迫感にサヨナラ!

    快適な開放型イヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】美食も自炊も「地獄蒸し」で

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】街を埋めつくすグラフィティ

    NYの“異様”な光景

  • 写真

    【&w】きれいな色のニット

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日宝塚の美、元スターが伝授

    ヅカファンの男性が試してみた

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPANクリュッグの新しい愉しみ

    6代目当主オリヴィエに聞く

  • 写真

    GLOBE+検査は万能ではありません

    連載「英国のお医者さん」

  • 写真

    sippo野生化した猫も元飼い猫

    都内で「森ネコ」の飼い主探し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ