メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

さよなら学び舎【奥出雲・高田小】

全校9人「先生」18人

写真: 拡大

写真:地域のお年寄りに教わりながら、しめ縄を作る高田小学校の児童たち=奥出雲町高田 拡大地域のお年寄りに教わりながら、しめ縄を作る高田小学校の児童たち=奥出雲町高田

◆老人クラブ、しめ縄作り指導◆

 山の頂がうっすら雪化粧した今月初め。奥出雲町立高田小学校の校庭隅に、軽トラックがずらりと並んだ。子どもたちにしめ縄作りを教えるため、亀嵩公民館の老人クラブのメンバーが集まった。

 全校児童9人に、先生役は倍の18人。「これを三つに分けて」。手取り足取り教わる子もいれば、黙々と編むおじいさんを見よう見まねで奮闘する子も。「昔は、こうしてわら細工をしよったが」とおばあさんの話も弾む。

 編んだわらを輪にして、ユズと葉っぱを付け、完成させた。「頑張ったね」と、ただ一人の2年生、桑原唯ちゃん(7)をねぎらったのは、祖父の勇さん(75)。1947年入学の高田小の卒業生だ。戦後は着るものがなく、夜、家で暖を取りながら、わら草履を作ったという。

 「同級生が15人、全校で80人はいた。それが閉校になるなんて、寂しいもんです」

 最後に「去年のより立派なのができた」「家に飾りたい」と、一人ずつお礼を言って、全員で息の合った歌とダンスを披露した。

 昼休みも全員で鬼ごっこをする9人。内藤満久校長は「最近の学校ではあまり見られないけど、ここでは自然と上の子が下の子の面倒をみます」。

 一体感が強く、町内のホッケー大会では、上級生ばかりが出場する学校に勝つこともあるという。

 高田小のシンボル「たかた」の植え込みを管理してきた桑原さんは、そうした小規模校ならではの魅力を感じてきた一人。

 「校区の人が熱心に取り組んで良い地域教育ができている。(統合する)亀嵩小でも、そういう機会をつくりたいですね」(小早川遥平)

PR情報

ここから広告です

朝日新聞 松江総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】この映画を観てよかった〜

    ART&MOVIE

  • 写真

    【&TRAVEL】12万円の旅30年今昔物語

    下川裕治インタビュー

  • 写真

    【&M】リーボックのプロが選ぶ1足

    足になじむクラシックレザー

  • 写真

    【&w】ケンカばかりだった2匹

    猫と暮らすニューヨーク

  • 写真

    好書好日ギャップ萌え必至の職場愛

    BLマスター3人のおすすめ本

  • 写真

    WEBRONZA田中均氏が語る「平成」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン田中 圭インタビュー

    俳優としてのオリジナリティー

  • 写真

    T JAPANヒグチユウコの想像力

    展覧会『CIRCUS』が開催

  • 写真

    GLOBE+この赤いシミ、正体は?

    世界報道写真展から

  • 写真

    sippo猫だって花粉症になる!

    鼻水、くしゃみ、悪夢…

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ