メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第98回全国高校野球選手権大会】

顧みて/公立勢12年ぶり頂点

写真:歓喜の輪に加わらず、立正大淞南ベンチにバットを持って行く出雲の林将広君=24日、松江市営野球場 拡大歓喜の輪に加わらず、立正大淞南ベンチにバットを持って行く出雲の林将広君=24日、松江市営野球場

写真: 拡大

写真: 拡大

◆前半 本塁打飛び交う/後半 目引いた好投◆

 出雲がノーシードから勝ち上がり、公立勢としては12年ぶり、学校としては初めての甲子園出場を決めた第98回全国高校野球選手権島根大会。前半は多くの本塁打が飛び交ったが、終盤に近づくにつれて好投手が力を発揮した。

 出雲は「本気で遊んでこい」と植田悟監督から投げかけられた言葉を体現するように、機動力を生かした躍動感あふれるプレーで大会を席巻した。

 その中で最も苦しんだのはシードの益田東戦。エースの野路君を攻めあぐね、ようやく終盤の集中打で逆転サヨナラ勝ち。「逆転の出雲」の本領を発揮した。これで勢いに乗ると準決勝、決勝は持ち前の小技と走塁で相手をかき回し、小刻みに得点を重ねた。原、加藤の両投手が低めを丁寧に突く投球で反撃を最小限に抑えた。

 大会全体では25本塁打が飛び出した。8強入りした松江東の寺井君は、邇摩との2回戦で2点を追う九回裏に逆転サヨナラ3点本塁打を放ってチームに勢いをつけた。

 松江南は田辺君が2試合で3本の本塁打を放った。チームは1回戦をサヨナラ勝ち、2回戦は九回に3点を追いつくなどして16強入り。野球ファンの胸に「あきらめない姿勢」を鮮烈に刻んだ。

 シード校では、大東の2年生エース川角君が計13イニング余りで13奪三振の好投を見せた。チームは3回戦で準優勝した立正大淞南に逆転負けし、姿を消した。

 立正大淞南は準決勝で第1シードの開星も破った。選抜大会出場の重量打線を相手に、島君は気迫を前面に出す投球で8三振を奪い完封した。

 島根大会で4連敗中だった石見智翠館を準々決勝で破った大社だったが4強止まり。エース上野君は3試合で1失点と好投した。

 24日の決勝終了直後、出雲の捕手林君が歓喜の輪に加わらず、立正大淞南の最後のバッターが使ったバットを相手ベンチに渡しに行く姿があった。県高野連が各校に指導しているフェアプレーの象徴的なシーンだった。(内田快)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

朝日新聞 松江総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ