メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

しまねの人

故郷の宝 守り伝えたい

写真: 拡大

写真:隠岐三大杉の一つ、かぶら杉の前で隠岐の自然について話す野津大さん=隠岐の島町中村 拡大隠岐三大杉の一つ、かぶら杉の前で隠岐の自然について話す野津大さん=隠岐の島町中村

写真:野津さんが見つけたヒオウギアヤメの群落。今年も5月中旬から下旬にかけて見頃を迎えた=隠岐の島町、野津大さん撮影 拡大野津さんが見つけたヒオウギアヤメの群落。今年も5月中旬から下旬にかけて見頃を迎えた=隠岐の島町、野津大さん撮影

◆隠岐で自然観察続ける元教員 野津 大さん(75)◆

 生まれ育った島根県隠岐の島町で、半世紀以上にわたって動植物の観察と研究を続けてきた。

 「豊かで美しい自然は隠岐の宝。その宝を守り、伝えたいという思いが一番強い。正直に言えば、自分の投稿写真が掲載された新聞を眺めながら晩酌するのも楽しいですが」と、照れたように笑った。

 終戦の前年に旧都万村で生まれ、隠岐高校卒業まで島後で過ごした。土地の約9割を森林が占める島で育つうち、「自然大好き人間」になった。

 東京農大では林学を学んだ。「実家が経営していた山林のことも頭にありましたが、いずれ隠岐の自然の中に帰りたい、とずっと思っていました」。その思いは大学卒業後、生物の教員として神戸市内の私立高校に就職した後も変わらず、家族の勧めもあって、20代半ばで島に戻った。

 帰島後は小学校の教員免許も新たに取得し、島後と島前の小中学校約10校に教諭として勤務した。専門の生物の授業では野外観察を積極的に取り入れ、生物クラブも指導。花や木の葉の名前を尋ねる子どもたちの質問に丁寧に答えた。忙しい教職の傍ら、授業で使う標本採集などでたびたび山に入り、隠岐の動植物の観察にも没頭してきた。

 2005年3月に定年退職し、約38年の教員生活を終えた。「念願でしたが、いざ退職してみると1カ月足らずで耐えられなくなりました」。町観光協会のガイド組織「ふるさと案内人の会」に登録し、週2、3回のペースで観光ガイドも続けてきた。

 長年の自然観察では、隠岐でしか見られない固有種にこだわってきた。植物ではオキタンポポやオキノアザミなど。動物はオキノウサギなど確認されている約30種のうち、オキマイマイカブリなどの陸貝が10種余りを占めるという。「カタツムリの仲間なので海を越えられない。離島ならではの固有種と言えるのでは」

 観察の成果は、これまで「隠岐の生物」「隠岐の花」「隠岐の花写真集」の3冊にまとめて出版し、撮影した動植物の写真展も開いてきた。分担執筆や写真提供で関わった書籍は20冊以上に上る。

 長年の観察で新たな発見も生まれた。島の東北部の海岸で13年前に見つけた花は、一見すると普通のアヤメだったが、内花被片と呼ばれる花弁が短く、県外の研究者の助けも借りて調べた結果、国内では北海道や本州中部以北の高地や寒地に分布するとされているヒオウギアヤメと分かった。

 自生なら隠岐の植物で初確認となる南限自生地だが、人が植えた可能性も捨てきれない。野津さんは地元の高齢者から聞き取りを続け、「70年以上前からあった」との証言を複数得た。さらに3年前には集落から離れた、人が立ち寄らない別の海岸で2カ所目の群落も見つけた。「植栽説は否定できたと思う」。委員を務める環境省の会議で報告し、大山隠岐国立公園で保護が必要な指定植物にも追加された。

 「本土と陸続きだった氷河期に隠岐まで分布を広げた後、海岸の海洋性気候に守られて生き残ったのではないか」。暑さに弱いヒオウギアヤメが今も隠岐に自生する理由を、そう考えている。(長田豊)

■のつ・まさる 

1944年、旧都万村(現・隠岐の島町)出身。隠岐高校から東京農大に進学し、神戸の私立高校で1年半ほど生物を教えた後、帰島。隠岐諸島の公立小中学校に理科の教員として勤めながら自然観察を続けてきた。島根自然保護協会理事や県自然解説員、隠岐の島町文化財保護審議会の委員も務める。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

朝日新聞 松江総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ