メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

栃木

ピックアップ

栃木の情報

特集

お前はキタカントウを知らない
栃木・茨城・群馬の県庁担当者が極めつきの逸品を紹介!
見て得 知っ得 きたかんとう
週末のお出かけに役立つ各種情報をお伝えします。
この人 このテーマ
県内のプロフェッショナルを紹介
いちおしミュージアム
県内の美術館の常設展示などを県立美術館学芸員の杉村浩哉さんが紹介します。
知ってる!?とちぎの生き物
県内の多様な生き物について県立博物館の専門家がリレー形式で執筆します。
とちぎの風
さまざまな分野で活躍する方々が執筆する新コラム。
傍聴席から
裁判を通して見えてくる社会の「いま」を描いていきます。随時掲載します。
見ごろ食べごろ遊びごろ
県内のオススメスポットをご紹介!
とちぎの元気力
元気日本一をめざす県内のものづくりの現場をリポートします。
プロスポーツコラム
栃木県でプロスポーツ振興の先頭に立つ執筆陣が、熱い思いを語ります。

栃木のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

佐野プレミアム・アウトレット Winter Illumination [イルミネーション・ライトアップ][ショップのイベント]

佐野プレミアム・アウトレット Winter Illumination

  • 2018年11月02日(金) ~ 2019年02月20日(水)
  • 東北自動車道 佐野藤岡ICより約800mJR・東武佐野駅より路線バスで約20分
  • 過去最大規模の約22万球のイルミネーションが登場。シャンパンゴールドを基調にホワイトやウォームゴールドなどの美しい光が、宝石をちりばめたようなきらめく空間を演出する。約4万球の光で彩られたエントランスやハートのオブジェなど、思わず足を止めて写真を撮りたくなるようなフォトスポットも登場。さらに、時間とともにカラーが変化するイルミネーションも初めて登場する。
元ちとせコンサート2019in栃木 [音楽イベント][芸能人・著名人]

元ちとせコンサート2019in栃木

  • 2019年02月23日(土)
  • 東北自動車道栃木ICより約8km東武新大平下駅、JR大平下駅より徒歩約20分
  • 2002年に「ワダツミの木」が社会現象的なヒット。現在も奄美大島に生活の拠点をおく彼女の、オリジナルヒット曲の数々と、テレビドラマでも話題となった奄美シマ唄をお楽しみに!
スノーシューで雪の森へ!2019 [観察・ウォッチング][体験・遊覧][スポーツ][ウォーキング・散策]

スノーシューで雪の森へ!2019

  • 2019年02月02日(土) ~ 2019年02月23日(土)
  • 清滝ICからいろは坂経由、約60分JR日光駅から東武バスで湯元温泉下車、約80分
  • スノーシューを履いてさらさらのパウダースノーの森へ。雪遊びや雪上に残された生き物の足跡に思いめぐらせてみたり、冬ならではの自然体験を楽しむ。初心者の人も経験者の人も、だれでも参加可能。 ※子どものみでの参加不可、未就学児の参加は事前に相談を。定員40名程度(抽選)。注意2/16(土)の開催場所は日光市光徳。こちらも無料駐車場有。
佐野プレミアム・アウトレット 新生活応援フェア [ショップのイベント]

佐野プレミアム・アウトレット 新生活応援フェア

  • 2019年02月08日(金) ~ 2019年02月24日(日)
  • 東北自動車道 佐野藤岡ICより約800mJR・東武佐野駅より路線バスで約20分
  • 春からの新生活で活躍するアイテムがお得に揃う「新生活応援フェア」が開催! スーツやバッグ、食器、寝具など。新社会人や新大学生、さらにはファミリーの人にもおすすめのラインナップ。ついつい後回しになりがちな新生活の準備だが、今ならお得に揃う。
ぼくと14ひきのひっこし展(前期) [展覧会]

ぼくと14ひきのひっこし展(前期)

  • 2018年12月08日(土) ~ 2019年02月24日(日)
  • 東北自動車道矢板ICより約50分JR宇都宮線氏家駅から東野バス40分「道の駅ばとう」下車、道の駅ばとうから車で10分
  • 「絵本・自然・こども」がテーマのいわむらかずお絵本の丘美術館。いわむらかずおの代表作『14ひきのひっこし』(童心社)が100万部を突破した記念の展示。百草団地が舞台になった『うさぎのへや』などの初期作品から、『14ひきのひっこし』や『ふうとはなとうし』などの絵本原画約70点のほか、創作資料、写真、スケッチ、インタビュー記事などが展示される。絶版絵本を手に取って読める、ファンにとって嬉しい展示だ。
りんどう湖コスプレフェスタ2019 [体験・遊覧]

りんどう湖コスプレフェスタ2019

  • 2019年02月23日(土) ~ 2019年02月24日(日)
  • 東北自動車道那須ICより10分、東北自動車道那須高原スマートIC(ETC専用)から15分JR那須塩原駅より無料シャトルバスを運行(完全予約制)
  • 昨年に引き続きコスプレフェスが開催される。2/23ジャンル「学園もの」学生or学園ものの作品ならOK(創作も可)、2/24ジャンル「フリー」。更衣室・クロークあり(無料)。※会場は貸切ではない
劇団うりんこ「はなのき村」 [演劇・ダンス]

劇団うりんこ「はなのき村」

  • 2019年02月24日(日)
  • JR雀宮駅東口より徒歩3分
  • 「ごんぎつね」作者の新実南吉作の「はなのきむらの盗人たち」を劇団うりんこが子ども向け演劇として上演する。「人にしんようされるというのは なんという うれしいことでありましょう」…物語には、生きる上で大切なメッセージが込められている。 チケット販売日:1/11(金)、代金持参で窓口へ
八坂神社太々神楽 [お祭り][年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

八坂神社太々神楽

  • 2019年02月24日(日)
  • JR宇都宮駅から白沢方面に徒歩15分。東武宇都宮駅から東野バスに乗車し「今泉4丁目」下車、徒歩すぐ
  • 八坂神社に伝わる太々神楽は、もと出雲の古社佐太神社に起こった出雲流神楽の流れをくむと伝えられている。出雲流太々神楽は、京都に伝わり京都の神楽の家元を経て全国各地に広がった。八坂神社の神楽は、神官の葭田(よしだ)氏が江戸時代の寛政年間(1789~1801)に神田明神に出向き太々神楽の技能を伝承してきたものといわれている。毎年、春祭(2月の最終日曜日)秋祭(11月23日)に奉納されている。
道の駅どまんなかたぬま ガーデンイルミネーション2018 [イルミネーション・ライトアップ]

道の駅どまんなかたぬま ガーデンイルミネーション2018

  • 2018年11月03日(土) ~ 2019年02月26日(火)
  • 北関東自動車道「佐野田沼」ICより約3分または東北自動車道「佐野藤岡」ICより約20分
  • イタリアンガーデンを中心に敷地内がLEDを使用した10万球を超える色鮮やかなイルミネーションで装飾され、レストランから眺めながら食事することができる。5メートルのシンボルツリーも鮮やかに輝く。今年も「ゆるキャラグランプリ2013王者『さのまる』」の投影など、例年以上にいろいろな仕掛けを施す。
新実南吉の著書紹介 [展示会・展示イベント]

新実南吉の著書紹介

  • 2019年01月04日(金) ~ 2019年02月27日(水)
  • JR雀宮駅東口より徒歩3分
  • 2月24日(日)劇団うりんこによる子ども向け演劇「はなのき村」開演に連携して、新実南吉著書が展示される。新実南吉の残した数々の作品に触れられる機会。

☆ご意見、情報を募集しています☆

朝日新聞 宇都宮総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ