メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

徳島

徳島の情報

特集

隣にいるよ
シネマ 四国巡り
この夏に残す
ふるさとに暮らす
震災に備えて
名画の散歩道
新あわわクワク~どっぷり徳島~
「新あわわクワク」は隔週掲載になります。
桂七福の噺のツボ
「噺のツボ」は、毎週日曜日掲載です。
この花見つけた!

徳島のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

大塚国際美術館秋冬イベント「アートなスキャンダル」 [展示会・展示イベント][講座・講演・シンポジウム]

大塚国際美術館秋冬イベント「アートなスキャンダル」

  • 2016年10月01日(土) ~ 2017年03月31日(金)
  • 鳴門北ICから約3分JR鳴門駅より路線バス「鳴門公園行」にて約15分 「大塚国際美術館前」下車
  • 大塚国際美術館では10月1日から2017年3月31日まで、新しいアートを開花させる原動力となった“スキャンダル”に焦点を当てたイベント「アートなスキャンダル」を開催。絵画鑑賞ツアーやクイズなどを通じて、名画や画家にまつわるスキャンダルを知ると、また違った角度から作品が見られるかも。絵画の世界、画家の人生にタイムスリップ!
所蔵作品展 徳島のコレクション 2016年度 第3期 特集1 伊原宇三郎に見る西洋絵画の理論と技法 [展覧会]

所蔵作品展 徳島のコレクション 2016年度 第3期 特集1 伊原宇三郎に見る西洋絵画の理論と技法

  • 2016年12月23日(金) ~ 2017年02月19日(日)
  • 徳島自動車道「徳島」ICより南下、国道55線大野交差点を右折し徳島南環状道路で約3km徳島市営バス 徳島市交通局 1・3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車、終点「文化の森」で下車
  • 1925年から5年間パリに留学した伊原宇三郎は、構図法や画材の用法など、西洋の伝統的な絵画理論を身につけ、日本の絵画史に一時代を画した。作品や資料をもとに、伊原の研究の過程をたどる展覧会。
オアシスイルミネーション2016 [イルミネーション・ライトアップ]

オアシスイルミネーション2016

  • 2016年11月30日(水) ~ 2017年01月31日(火)
  • 徳島自動車道「井川池田」ICより約5分JR徳島線「辻」駅より徒歩約10分
  • ホワイト・ピンク・ブルーのLEDを約55,000個を使用し、施設全域を彩るイルミネーション。オアシス橋には全長100mの光のトンネルが。イベントステージには天から降り注ぐ光のツリー! 光り輝くイルミネーションを見に、ぜひ立ち寄ってみよう。
トピックコーナー「浜辺で拾ったエビとカニー漂着甲殻類を10倍楽しむー」 [展示会・展示イベント]

トピックコーナー「浜辺で拾ったエビとカニー漂着甲殻類を10倍楽しむー」

  • 2016年10月25日(火) ~ 2017年01月22日(日)
  • 徳島自動車道徳島ICより約20分JR徳島駅からバス 約25分
  • 藍住町在住の漂着物研究者、西川忠行氏の標本の一部を展示。これらの資料は、主として県内の海浜で収集された漂着物。
部門展示「絵図と考古資料からみる城下町徳島」 [展示会・展示イベント]

部門展示「絵図と考古資料からみる城下町徳島」

  • 2016年11月01日(火) ~ 2017年01月15日(日)
  • 徳島自動車道徳島ICより約20分JR徳島駅からバス 約25分
  • 天正13年(1585)、豊臣秀吉から阿波国を拝領した徳島藩の藩祖・蜂須賀家政は、渭津(猪山)に城を築き(後の徳島城)、周辺を城下町として整備した。その後、徳島は、江戸時代を通して政治・経済・文化の中心地として発展していく。この展示では、主に当館が所蔵する絵図・考古資料を通して、城下町徳島を紹介する。
池田冬のオブジェ2016 [イルミネーション・ライトアップ]

池田冬のオブジェ2016

  • 2016年12月03日(土) ~ 2017年01月10日(火)
  • JR阿波池田駅より徒歩すぐ
  • 期間中は毎日イルミネーションが点灯し、冬ならではの美しい景色を楽しむことができる。幻想的な景色を見に行こう!
ほなけん石井イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

ほなけん石井イルミネーション

  • 2016年12月05日(月) ~ 2017年01月03日(火)
  • JR石井駅より徒歩20分
  • クリスマスツリーや光のトンネル、石井町の花「藤」の形をしたイルミネーションなど、約30万個のLEDを使用して公園内を彩る。開催初日(12月5日)の点灯式では、18時から先着300名で光るペンダントをプレゼント(子どものみ)。また、石井町イメージキャラクターふじっこちゃんのテーマソングを歌っている福富弥生さんによるミニコンサートやお楽しみ抽選会などの催しのほか、温かいうどん・そばなどの模擬店も出店。
【紅葉・見ごろ】鳴滝 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】鳴滝

  • 2016年11月15日(火) ~ 2016年12月10日(土)
  • 徳島自動車道美馬ICから約30分JR徳島線貞光駅下車、タクシーで約20分
  • 「鳴滝」は落差85メートルという県下随一の規模を誇り、大きな竜が三段に身をくねらせたように落ちて来るという荘厳なもので、昔行者はここで身を清めて剣山に登ったといわれている。美瀑「鳴滝」に色づく紅葉を楽しもう。
【紅葉・見ごろ】土釜 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】土釜

  • 2016年11月15日(火) ~ 2016年12月10日(土)
  • 徳島自動車道美馬ICから30分JR徳島線貞光駅からタクシーで約20分
  • 一宇峡を代表する名所として貞光地区との境界点にある「土釜」は、岩が侵食されて出来た滝壷で、一の釜、二の釜、三の釜からなり、全国的に見ても非常に珍しい奇勝とされ、「県指定天然記念物」となっている。辺り一面に白煙のようにたち昇る細かい水しぶきと紅葉とのコントラストが美しい。
詩人 和合亮一講演会「あの日から言葉の橋を徳島へ 福島から」 [講座・講演・シンポジウム]

詩人 和合亮一講演会「あの日から言葉の橋を徳島へ 福島から」

  • 2016年12月10日(土)
  • 徳島駅よりバス
  • 8万部を突破した徳島新聞朝刊の人気コラム「鳴潮」の書き写し専用ノート「鳴潮書き写しノート」の発売3周年を記念し、福島在住の詩人・和合亮一氏を招いた講演会を開催。 第1部:講演「あの日のから言葉の橋を徳島へ 福島から」福島在住 詩人 和合亮一 第2部:座談会「信じよう ことばのちから」和合亮一、岩瀬弥永子(元四国放送アナウンサー)、岡本光雄 氏(徳島新聞社論説委員)

徳島総局からのお知らせ

あなたの街の身近な話題や情報をどんどんお寄せください。

ご意見・ご感想もお待ちしています。メールはこちら

朝日新聞 徳島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】イヤホン徹底比較、結果は

    MONOQLOコラボ企画

  • 【&TRAVEL】足湯に幻想花火マッピング

    大江戸温泉物語〈PR〉

  • 【&M】岡田結実さんのイケ麺

    「天下一品」のあっさり

  • 【&w】矢野顕子、デビュー40周年

    40年で「オールタイムベスト」

  • ブック・アサヒ・コムボブ・ディラン関連の本

    一筋縄ではいかない「自伝」

  • WEBRONZA歴史的な「死重」を背負って

    朴スキャンダルと韓国の歪み

  • 写真

    ハフポスト日本版 ヴィクトリアズ・シークレット

    世界のトップモデルが美を競う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ