メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

徳島

徳島の情報

特集

この夏に残す
ふるさとに暮らす
震災に備えて
名画の散歩道
備える現場から 県内で
新あわわクワク~どっぷり徳島~
「新あわわクワク」は隔週掲載になります。
桂七福の噺のツボ
「噺のツボ」は、毎週日曜日掲載です。
この花見つけた!

徳島のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

トピックコーナー「新着資料紹介 戦争関係資料」 [展示会・展示イベント]

トピックコーナー「新着資料紹介 戦争関係資料」

  • 2016年05月31日(火) ~ 2016年08月28日(日)
  • 徳島自動車道徳島ICより約20分JR徳島駅からバス 約25分
  • アジア・太平洋戦争の終結から、71年目の夏をむかえる。戦争の体験や記憶が遠のくなかで、これからも戦争と平和について考えていくことが大切。その一助となることを願い、このコーナーでは、最近、徳島県立博物館が受け入れた資料のうち、戦争に関するものを選び紹介する。
阿波の道を歩く 芭蕉をめざした男・酒井弥蔵×現代アーティスト・大久保英治 展 [展示会・展示イベント]

阿波の道を歩く 芭蕉をめざした男・酒井弥蔵×現代アーティスト・大久保英治 展

  • 2016年07月20日(水) ~ 2016年08月28日(日)
  • 徳島自動車道「徳島」ICより南下、国道55線大野交差点を右折し徳島南環状道路で約3km徳島市営バス 徳島市交通局 1・3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車、終点「文化の森」で下車
  • 今展では、酒井弥蔵とその旅の足跡、旅日記等の資料、さらには阿波の街道、遍路道などに関する歴史・民俗資料と、大久保英治が弥蔵の足跡や阿波の街道、松尾芭蕉の「笈の小文」などをテーマとして制作した美術作品をあわせて紹介する。阿波の道と人の持つ魅力を多面的に再発見する機会としてみては?
徳島県立あすたむらんど プラネタリウム「たっぷりプラネ」(8月) [観察・ウォッチング][健康・福祉・教育]

徳島県立あすたむらんど プラネタリウム「たっぷりプラネ」(8月)

  • 2016年08月28日(日)
  • 高松自動車道「板野」ICより約5分、徳島自動車道「藍住」ICより約15分
  • もっと星の話が聞きたい!という人のために、生解説をたっぷり50分間お届け! いつもよりたっぷり楽しむことができる特別な機会。
あそびのワンダーランド「みずてっぽうであそぼう」 [体験・遊覧][健康・福祉・教育]

あそびのワンダーランド「みずてっぽうであそぼう」

  • 2016年08月28日(日)
  • 高松自動車道「板野」ICより約5分、徳島自動車道「藍住」ICより約15分
  • いろいろな水てっぽうを使ってあそぼう! ダイナミックに思いっきり遊んじゃおう!
遊ばんでぇ2016 第6回全日本ウォーターサバイバル選手権 [体験・遊覧][スポーツ]

遊ばんでぇ2016 第6回全日本ウォーターサバイバル選手権

  • 2016年08月28日(日)
  • 徳島自動車道土成ICより約15kmJR阿波山川駅より徒歩17分
  • ウォーターサバイバルとは、20m四方コートの中で水鉄砲を用い戦う、新しいスポーツ。5対5に分かれたチームがそれぞれ相手の的を狙う。的が破れたり、コートアウトすると失格となり、制限時間内に多く仲間が残ったチームが勝利するという競技。また、その他にも、ビッグウォータースライダーや親子「竹」ふれあい教室、ステージショー等、様々なイベントも行っている。 ※ウォーターサバイバル選手権参加は事前の応募が必要
第35回企画展「ギョギョッ!深海モンスターでゲソ!」 [展示会・展示イベント][観察・ウォッチング][体験・遊覧][健康・福祉・教育]

第35回企画展「ギョギョッ!深海モンスターでゲソ!」

  • 2016年07月16日(土) ~ 2016年09月04日(日)
  • 高松自動車道「板野」ICより約5分、徳島自動車道「藍住」ICより約15分
  • 深海生物のオオグソクムシと触れあえる「オオグソクムシのタッチング」や3Dムービー「ダイオウイカVSマッコウクジラ 深海の伝説を目撃せよ!」、自分の描いた魚が泳ぎだす「ふしぎなアクアリウム」など深海について学べる企画展を開催!
特別展 暮らしの感覚-アートと人とデザインが交流する空間 [展覧会]

特別展 暮らしの感覚-アートと人とデザインが交流する空間

  • 2016年07月16日(土) ~ 2016年09月04日(日)
  • 徳島自動車道「徳島」ICより南下、国道55線大野交差点を右折し徳島南環状道路で約3km徳島市営バス 徳島市交通局 1・3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車、終点「文化の森」で下車
  • 徳島県立近代美術館のコレクションから「暮らし」や「家族」など身近な題材の作品を選び、五感をいかしたコミュニケーションの広がりを楽しむ。そして、工芸やデザインの力にも注目し、私たちの日常の感覚とやさしくつながるような、味わい深い美術館体験を提供する。
所蔵作品展 徳島のコレクション 2016年度 第2期 テーマ展示 戦後徳島の美術 [展覧会]

所蔵作品展 徳島のコレクション 2016年度 第2期 テーマ展示 戦後徳島の美術

  • 2016年07月09日(土) ~ 2016年09月11日(日)
  • 徳島自動車道「徳島」ICより南下、国道55線大野交差点を右折し徳島南環状道路で約3km徳島市営バス 徳島市交通局 1・3番のりば「文化の森」行き直通バスに乗車、終点「文化の森」で下車
  • 太平洋戦争が終結すると、それまで自由な制作を禁じられていた画家たちは、いち早く活動を再開した。徴兵先で終戦を迎えた山下菊二は東京へ戻り、焼け跡をスケッチして歩いた。河井清一は、焼け跡の中で開かれた第1回日展に、着飾った若い女性像を出品した。日本人は本当は平和な生活がしたかった、そんな思いを込めた作品。戦争の混乱から立ち上がり、活動を本格化していった時期の画家たちの活動を紹介する。
立江八幡神社秋季例大祭 [お祭り][年中行事・歳時記][展示会・展示イベント][花火大会]

立江八幡神社秋季例大祭

  • 2016年09月17日(土) ~ 2016年09月18日(日)
  • 四国自動車道「徳島市」ICより約20分JR牟岐線「立江」駅より徒歩約10分
  • 立江八幡神社は阿波花火発祥の地と言われる地。9/17・18の2日間にわたって秋季例大祭が行われ、祇園囃子や花火が奉納される。一番の見どころである煙火奉納では、火薬が詰まった筒を約7mの高さのあるハシゴに取り付け、その筒から火の粉が飛び散る吹筒花火が行われる。迫力満点の光景に大人も子どもも大興奮。降り注ぐ炎の下では、「火の踊り」が舞われる。また打上花火もあり、色鮮やかな花火が夏の夜空を彩る。
トクシマ恐竜展 [展示会・展示イベント][展覧会]

トクシマ恐竜展

  • 2016年07月15日(金) ~ 2016年09月19日(月)
  • 徳島自動車道徳島ICより約20分JR徳島駅からバス 約25分
  • 徳島県立博物館は、四国で唯一の恐竜化石(徳島県勝浦町産)を所蔵している。また、同館は、国内でも屈指の恐竜骨格資料を所蔵する福井県立恐竜博物館と、平成18年度以来、連携博物館の関係を結び、研究や教育普及、展示などで協力してきた。今展では、その締結10周年を記念して福井県立恐竜博物館の協力のもと、恐竜の骨格標本をはじめとする貴重な化石を100点以上展示する。

徳島総局からのお知らせ

あなたの街の身近な話題や情報をどんどんお寄せください。

ご意見・ご感想もお待ちしています。メールはこちら

朝日新聞 徳島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】湿った紙、上向きもOK!

    加圧式ボールペン

  • 【&TRAVEL】マンゴー好きは台南へGo!

    「世界美食紀行」台湾編

  • 【&M】「SMAP」というブランド

    関口一喜 イチ押し週刊誌

  • 【&w】山の調理器具選びの鉄則

    山道具日記

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA「忘れられる権利」日本では

    ネットの個人情報どう向き合う

  • 写真

    ハフポスト日本版 日本のメダリスト一覧

    41組が見せた、汗と涙と笑顔

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ