メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こどもの未来へ

東京)こどもの未来へ/南千住第二中

写真:地域の女性宅に学校だよりを届けるレスキュー部員=荒川区 拡大地域の女性宅に学校だよりを届けるレスキュー部員=荒川区

写真:斉藤進校長 拡大斉藤進校長

 ◆レスキュー部 地域の防災 貴重な担い手に

 荒川区立南千住第二中学校には、地域の防災を担う「レスキュー部」がある。地域に根ざした活動は、「人の役に立てる」という生徒の自信にもつながっている。

 7月中旬、レスキュー部の3年生約75人が放課後の一室に集まった。月に一度の「絆ネットワーク活動」の日。3、4人が一組になり、赤十字マークの入ったそろいのユニホームを着て地域の高齢者らを訪ね、学校だよりを手渡す。

 近くのマンションに住む女性を訪ねた女子生徒3人組は、「来月、学校で防災訓練があります。地域の方も参加できるので、ぜひいらして下さい」と、学校だよりと防災訓練の案内が入った封筒を手渡した。住人の久木田京子さん(68)は「いつもありがとう」と受け取り、生徒と和やかに雑談を交わした。久木田さんは「普段から地域に溶け込んでいる。何かあった時に心強い」と話した。

 ■普段から顔見知り

 絆ネットワーク活動は、いざというときに支援が必要な高齢者らと普段から顔見知りになっておくことが目的。災害時には部員が家まで迎えに行き、避難所までの誘導やサポート、生活支援などを想定している。町会などの協力で、登録した約30世帯を回る。

 参加した西山実結(みゆう)さん(15)は「『ありがとう』と言ってもらえるのはうれしい。地域の人とのコミュニケーションは楽しく、道で会っても気軽にあいさつしてくれる。何かあった時、こういう関係が大切なのかなと思う」と話した。

 斉藤進校長(62)は「災害時に生徒の目が地域に向き、『困っている人の役に立とう』という意識が働くかどうかが大切」と話す。

 レスキュー部は東日本大震災翌年の2012年に始まった。活動は、園児たちに部員が付き添って避難誘導する地元保育園との合同避難訓練、校内で避難所の設営や炊き出し、救命講習などをする防災訓練のほか、地域の防災訓練や行事、ボランティア活動への参加など幅広い。

 より高度な防災知識や技能を身につける「スーパーレスキュー部」も2年前、部内に立ち上げた。

 ■生徒の7割が部員

 レスキュー部は誰でも参加できるよう兼部可能で、初年度65人だった部員は今年度約240人。全校生徒の約7割を占める。「部活動を毎回楽しみにしている」と生徒たち。レスキュー部に入りたくて学区外から通う生徒もいる。斉藤校長は「褒められ、感謝されることが自己肯定感につながる。『地域の役に立っている』と感じられるから、生徒はやめません」。

 区ではレスキュー部の活動も参考に、15年度に全区立中学校に防災部を置いた。同区は木造住宅密集地域が多く、首都直下型地震での被害も想定されている。消防団員の高齢化などもあり、中学生は地域の防災の貴重な担い手となりうる。部長の市川諒(りょう)さん(15)は「首都直下型地震はいつ来てもおかしくない。3年間で身につけたことを生かして、万が一の事態に備えたい」と話す。

 (斉藤純江)

 ■私の理想図 心を育てる防災教育広めたい 斉藤進校長

 レスキュー部の最大の狙いは、生徒が大人になり、親になった時、防災意識を次の世代に伝えていくこと。その広がりが、何よりまちの防災・減災につながる。「絆ネットワーク活動」は心を育てる防災教育。ぜひ、このような活動が広がってほしい。

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ