メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こどもの未来へ

こどもの未来へ/東京純心女子中学・高校

写真:調べた内容を発表する生徒たち=八王子市 拡大調べた内容を発表する生徒たち=八王子市

写真:司書教諭の遊佐幸枝さん 拡大司書教諭の遊佐幸枝さん

 ◆図書室で力育む「探求型学習」

「『言葉によって人は支配されている』と先ほど説明されていました。支配による被害とは、何ですか」

 「例えば戦時中、言葉が人を支配し、戦争に向かわせてしまった面はあったと思います」

 10月2日午後。東京純心女子中学・高校(八王子市滝山町)の高3の国語の授業で、生徒同士がこんなやり取りを繰り返した。言葉とは何かをそれぞれが調べ、考えを発表し合った。

 ■自問自答が日常に

 図書室を使った「探究型学習」の一環。生徒たちは先生が用意した文章や、各自が気になった本を読むなどして言語観をまとめてきた。哲学的な内容もあり、生徒の喜多唯千香(いちか)さん(17)は「言葉が先か、ものが先か」で悩んだという。「しばらくそればかりを考えていた。教科の枠を超えるような内容を学ぶ機会はなかなかないと思う」

 自分なりの問いを立て、図書室をベースにその答えを探していく――。こうした学びの第一歩は併設の中学から始まる。

 中1で世界各国の事情を調べる。社会の授業で数人の班ごとに国を割り振り、班内で産業や文化などの担当分野を決める。読むべき本は図書室側が用意。生徒たちは一通り調べ、地域の特色が生まれた理由なども考え、発表するという。

 中2になると、音楽の授業でベートーベンの人生に迫る。「『遺書』を書いた後、作曲を続けたのはなぜか」などの問いを立て、各自で調べながら答えを求める。中3では対象が時事問題に。「コンビニエンスストアはこれからも利便性を追求すべきか」など、自分で問いを立て、約半年かけて考え、発表する。

 こうした学習は高校でもあり、図書室での調べ学習と、それを踏まえての自問自答が生徒の日常になっているという。

 ■ネット検索も推奨

 同校がこうした探究型学習を始めたのは2009年ごろ。それまでもリポート執筆は一部の教科で取り組んでいたが、基礎がなく、本から引き写した文章をつなげただけのリポートも少なくなかったという。見かねた遊佐幸枝・司書教諭(57)が「学び方を学ぶ」プログラムに組み直した。

 一定の信頼が置ける図書室の本に触れ、自分の「なぜ」への答えを見つける技術を学ぶ。学年が上がればネット検索も勧めている。

 現代はネット上などで様々な情報が飛び交う一方、常に新しい情報に触れる姿勢も必要になる。大学進学後やその先の将来に求められる調査力や思考する習慣、プレゼンテーション能力が身につくことを狙っているという。

 興味に沿って調べる機会も多く、高3の高梨彩香さん(18)は「知識と努力の結晶のような本を前に、打ちのめされることもある。でも、調べて自分の考えも整理して、発表する力は付いたと思う」と言う。

 図書室といっても今や本だけが並ぶわけではない。ネット環境も充実しており、様々な情報にアクセスできる。ただ、本が並んでいることの魅力は今でも大きいと遊佐教諭。

「図書室で本を眺めたり、めくったりしていると、思いもよらない発見があるもの。価値観が多様化する現代だからこそ、そうしたプロセスを踏みながら学ぶとともに、考え続けられる力を持つ人を育てたい」

(川見能人)

 ■読書量、学年上がると減少

 全国学校図書館協議会などが全国の小・中・高校生の計約1万人を対象に6月に実施した読書に関する調査によると、今年5月の1カ月間に読んだ本の平均冊数は小学生(4〜6年)が11・1冊で、中学生は4・5冊、高校生は1・5冊だった。本を読まなかったと答えた人に理由を聞くと、「読みたいと思わなかった」が小学生59・4%、中学生57%、高校生57・3%に上り、その理由として最も多かったのは「読書よりほかにやりたいことがあるから」で、小学生で59・8%、中学生で59・7%、高校生で69・5%に達した。

 ■私の理想図 本質見極め、判断する人に 司書教諭・遊佐幸枝さん

 平穏な日々を支えているのは、私たち一人ひとりの判断だと考えています。膨大な量の情報が行き交う現代、聞こえの良い言説や風潮に人は流されてしまいがちです。でもそんなときこそ、本質を見極め、取るべき行動とは何かを考える。そんな自覚と習慣を備えた個人を育てることが、大事だと考えています。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ