メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

変わる進学

「付属校」人気 さらに高まる

写真:昨年2月、大学付属の高校の入試に向かう受験生と激励する塾関係者ら=横浜市 拡大昨年2月、大学付属の高校の入試に向かう受験生と激励する塾関係者ら=横浜市

 系列の大学に進学できる「大学付属校」といわれる中学、高校の人気が、今年、これまで以上に高まっている。特に顕著なのが、早稲田、慶応や、「MARCH」と言われる明治、青山学院、立教、中央、法政といった大学に連なる学校だ。新大学入試の初の受験生となる中3の高校入試だけでなく、中学入試でも志望者を増やす背景に、何があるのか――。

 ■不透明な新大学入試 不安影響

 今年11月上旬に開かれた、慶応義塾志木高校(埼玉県志木市)の学校説明会。1回目の開会前から会場は満席。立ち見でも入りきれなかった人たちが、1時間半後に始まる2回目に向けて列をなした。同校によれば、一昨年度は約2400人の参加だったが、昨年度は約2700人、今年度は約2800人に上った。「2回目まで立ち見が出たのは、2回の説明会にして以降、初めてです」と宮橋裕司主事は話す。

 池袋駅から最速で約20分、新宿駅や渋谷駅からも30分強の志木駅から徒歩圏内の立地にある同校。在校生の約4割は都内から通う。慶応義塾高校(横浜市)、慶応義塾女子高校(港区)と同じく、大半が慶応大学に進学する。

 「今年は恒例行事と台風が重なり、来校できない受験生がいたことも影響していると思います。ただ、根底には新しい大学入試の影響があるでしょう」と宮橋主事は言う。

 近くにある立教新座高校(埼玉県新座市)の学校説明会も、昨年度は前年度比約70人増、今年度もさらに約200人増えた。同校も卒業後は大半が立教大学に進学する。「新しい大学入試自体がまだ不透明なので、その不安もあるかとは思います」と山内辰治副校長。

 駿台中学生テストセンターによれば、今年11月の同センター模試の中3志望状況では、男子の早慶MARCHの大学付属校・系列校の高校の志望者数は、昨年11月模試の延べ約9550人から約660人増加した。女子も、慶応女子を第1希望とする生徒が前年比の1・3倍に、早稲田大本庄、青山学院、明治大明治、中央大付属なども志望者を増やしている。

 同センターの山口勇課長は「昨年は、大学入試の時に浪人すると新入試を受けなければならなくなる受験生で付属人気が高まった。今年もある程度は予想していたが、予想以上に増やしている」と話す。

 ■「安全先取り」中学受験にも拡大

 中学入試でも同じ傾向だ。四谷大塚、日能研、サピックス、首都圏模試の四つの模試の志望状況をみると、早慶、青山学院、明治、法政などの「大学付属校」や、立教大学に半数程度が推薦で進める枠のある香蘭女学校などが、昨年より志望者を増やしている。

 2021年1月に始まる「大学入学共通テスト」は、現在の小5が受験する年にもう一度、大きく変更される。英語がすべて外部検定試験の利用になるほか、科目の見直しなども行われる予定だ。つまり、今の小6は、大学入試で浪人すると変更後の新入試で受験することになる。

 駿台の山口さんは「保護者が情報を集めて、進学先を決める。大学進学まで踏まえ、より安全に希望の大学へ入れる方法を考えて先取りする」という。

 新しい大学入試以外に、もう一つ、付属人気の背景になっているのは、大学の合格者の絞り込みだ。

 文部科学省が「定員の厳格化」を指導。助成金などの交付要件や認可申請の基準を厳しくし、合格者を出し過ぎている大学はペナルティーがある。17年度の学部入試では、早稲田や法政は前年度比で2千人以上、明治、青山学院、立教などは約1500人、合格者を減らした。早稲田は2032年までに学部生を約7千人減らすという。

 都内の大手進学塾の担当者は「これからもっと合格者は絞り込まれ、狭き門になるのではという見方もある。保護者会などでは、早慶MARCHに進みたいなら、付属校に早めに入ってしまう選択もあるとは伝えています」としている。

 (宮坂麻子)

 ■対策と良い教員求めて、なお傾向続く 森上教育研究所代表・森上展安さん

 大学付属校と共学校の人気は、昨年あたりから特に女子で高まりました。今年は、男子でも、高校入試だけでなく、中学入試で顕著になったことに、少々驚いています。

 早慶MARCHだけではありません。例えば、政治家の小泉進次郎さんの出身校でもある関東学院六浦(横浜市)や東海大高輪台(港区)なども高い。とにかく大学の「冠」がつく学校なら、2、3割増えています。最大の理由は、やはり新しい大学入試でしょう。

 複数の資料を読み解かねばならないのが新入試です。教科書作りに携わる中高の先生方と話しても、国立大を狙うような上位層は別として、今の教育のままでは半数の生徒は手が出ないと言われます。中学・高校入試でも、高度な論理力や思考力を問うような出題をしてきた学校は確かにありますが、それは一部。できる子とできない子で格差が広がる。

 そもそも、情報社会にある今の保護者は「流行」にとても敏感です。自由で、面倒見が悪く、受験対策もない伝統校の進学校より、グローバル、アクティブラーニングと多様な教育をPRする面倒見のいい中堅上位校を好み、安全な道を選ぶ傾向がある。

 しかも大学は今後さらに合格者を絞り込む一方で、AO入試や推薦入試の枠を広げる。進学校なら受験生は新入試対策だけでなく、AOや推薦につながる課題研究も高校でしなければならない。

 もう一つの課題は、学校の資金力と良い教員の確保です。英語4技能に対応する取り組みも、課題研究の教育も、資金がなければ厳しい。良い教員も資金のある学校ほど集めていく。

 大学付属校が良い面ばかりだとは思いません。ただ、より安全で「いってもいいかな」と思う学校に人が集まる時代。新入試の内容がはっきりしても、この人気は継続するでしょう。

 (構成・宮坂麻子)

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ