メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

凸凹の輝く教育

コードアカデミー高校

写真:パソコンに向かう大野智葵さん=東京都新宿区 拡大パソコンに向かう大野智葵さん=東京都新宿区

 ◆不登校経て大学への道

 「大学へ行こう!」。小3からずっと不登校だった大野智葵さん(18)が、初めて「学校で学ぶ必要」を感じたのは高3だった。コンピュータープログラミングが必修の広域通信制(単位制)「コードアカデミー高校」(本部・長野県上田市)で学び、仲間から刺激を受けた。今春、慶応大環境情報学部に入学し、下宿しながら通っている。

 埼玉県の3人きょうだいの長男。小1で不登校ぎみになり、小2は登校したが小3からまた不登校に。「特別な理由はない。素のまま、周りにめっちゃ話しかけて、うざいと思われていたかもしれないけど」

 勉強は嫌いじゃない。地図や方角が苦手。「これ」とか「あれ」とか指示語が多い会話や、たわいもない会話も得意じゃない。でも、好きなことへの集中力は負けない。小学校低学年で夢中になった現代版ベーゴマ「ベイブレード」は、200種ぐらいのパーツの名前や攻撃力もすべて暗記してしまったほどた。

 中学受験でリセットしようと小5で進学塾に通い始めたが、「集団授業はやっぱり無理だった」。受験もあきらめたころ、プログラミングに出会った。

 実は、2、3歳から家にある古いパソコンを触っていた。小学校低学年では友達とロボット教室に通い、組み立て玩具を使ったロボット大会で優勝したこともあった。小6の春、通い始めたのが近くにできたプログラミング教室「TENTO(テント)」だ。面白くてのめりこんだ。小6の夏に再度、中学受験をめざす気になり、個別指導の塾へ。算数でカレンダーの問題が出るとすぐ解けるプログラムを組むなどしながら学び、有名私立中高一貫校に入学した。

 だが、しばらくするとまた登校できなくなった。「もう学校は無理なんだと思って、絶望しました」

 家でプログラミングをしてご飯を食べ、寝る日々。プログラミング教室は通い続け、私立中は卒業証書をくれた。「プログラミングで生きるしかないと思った」

 母が見つけてきたのがコードアカデミー高校だ。長野県周辺で私立佐久長聖中学・高校や、予備校、多数の幼稚園などを経営する「信学会」グループが、2014年春に開校。プログラミングを重視し、約5割が首都圏生だ。

 入学後、自分よりも好きなことに生きる「とがった仲間」がたくさんいることに驚いた。文章を書くのが好きで文章で収入を得ている人。仮想通貨で稼ぐ人。企業でバーチャルホームロボット「ゲートボックス」の開発に関わる先輩……。自身も企業のインターンでエンジニアとして働き始め、そこで衝撃を受けた。

 エンジニアの会話についていけなかった。プログラミング教室のOB組織を立ち上げ、(プログラムの開発などを競う)ハッカソンの大会で優勝していた。「自分はできる」と思っていたのに……。ネットやセキュリティーの根本的な専門知識のなさを痛感した。「やっぱり大学へ行こう」

 高校の先生たちも背中を押してくれた。高3では、独創的なアイデアや卓越した技術を持つ生徒をさらに育てる「未踏ジュニア」に選ばれ、ビジュアルプログラミング言語の開発もした。そうした経歴を持って慶応大AO入試に挑んだ。

 合格発表の日、初めて父親が号泣する姿を見た。

 いま、大学で講義を受けていると、「一方的に話す講義なら動画配信で十分なのに」と思うことがよくある。一方で、教えあう小人数の授業は面白い。苦手な数学もプログラミングの技術を上げるためと思うと、勉強する気になる。

 コードアカデミー高校からは昨春と今春で3人が慶応大に合格。現在約50人の後輩が学ぶ。成沢文男教頭(59)は言う。「大学がゴールではない。腕を磨き、どこでも仕事をして食べていける社会人になって欲しい」

 (宮坂麻子)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ