メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

変わる進学

「生きた英語」広がる学び

写真:武蔵野北高校の「イングリッシュラウンジ」では、高校生たちが英語で話しながらランチタイムを楽しんでいた=武蔵野市八幡町 拡大武蔵野北高校の「イングリッシュラウンジ」では、高校生たちが英語で話しながらランチタイムを楽しんでいた=武蔵野市八幡町

 近ごろよく耳にする、「生きた英語」。ただ文法や英単語を覚えるだけでなく、英語で自分の思いや意見を伝えられることを目指す教育が広がっている。

 (横川結香)

 ■昼休みのラウンジ、指導助手と英会話 武蔵野北高

 「ハロウィーンパーティーでも、また歌ってよ」

 「スクールフェスティバルは、どんな出し物をやるの?」

 夏休みが明け、2学期が始まってまもなくの昼休み。都立武蔵野北高校(武蔵野市)の校舎にある「イングリッシュラウンジ」で、生徒たちが英会話を楽しんでいた。

 教室には米国と英国出身の英語指導助手(ALT)の2人が常駐し、昼休みは英語を話したい生徒が自由に出入りできる。ハロウィーンなど季節に合った飾り付けや洋書が並び、「現地っぽさ」を意識した空間づくりも楽しい。ひんぱんに通う高校2年の池沢美温さん(17)は「もともと英語が好き。高校にいながらネイティブの英語が学べるし、毎日使う場所があって刺激的です」と笑う。

 同校は都から「英語教育推進校」の指定を受けており、ALTによる英作文の添削指導や、米国への語学研修の機会も設けている。また、来年度から修学旅行先は台湾へ。現地の英語圏出身の学生と交流するなど、英語を使って異文化を学ぶ場面を意識的に増やす。伊東龍司校長は「『英語が話せて当然』という時代に突入しつつある。高校のうちに学ばせて、グローバル社会で活躍できる人材を育てたい」と語る。

 ■校内に「英国の街」、語学研修前に活用 山脇学園中・高

 山脇学園中学・高校(港区)は、英国の街並みをイメージした施設「イングリッシュアイランド(EI)」を校舎内に置く。レストランや銀行などを模した空間でネイティブスピーカーと英会話の授業ができるほか、語学研修前の「慣らし」や英検の面接対策などにも取り組める。

 7年前に短大を廃止し、中高の一貫教育に力を入れる同学園は教育目標に「社会で生き生きと活躍する女性のリーダーの育成」を掲げる。英語教育の強化はその実現に向け、大きな柱の一つに位置づけられている。

 学ぶ生徒の「英語熱」も高まっている。海外大学への進学を意識する生徒が増加し、学校側も提携校や推薦校を増やしている。年3回の進学セミナーは、多くの生徒と保護者が参加するという。広報担当者は「EIを設けたことで、英語への関心が飛躍的に高まった。自分が考えていることや意見を英語で伝えられる能力を身につけてほしい」と話している。

 ■体験型の学習施設、すでに5万人予約 東京都英語村

 9月には、都教育委員会と、学研ホールディングスなどでつくる民間企業が連携して運営する体験型の英語学習施設「東京都英語村 TOKYO GLOBAL GATEWAY」が江東区に開業した。主な対象は小学生〜高校生で、旅行や買い物など日常生活で必要な英会話から、日本の文化や社会課題を英語で学ぶプログラムまで幅広く提供している。学校単位、または個人のいずれでも利用でき、今年度はすでに約5万人分の予約が入っている。

 8月下旬にあった、教職員向け体験会に参加した都立商業高の40代男性教諭は「英語に苦手意識を持つ生徒は少なくないが、ビジネスの世界では欠かせない。楽しく学べる環境で、生徒たちのモチベーション向上にもつながりそう」。都教委の森晶子・国際教育事業担当課長は「英語は継続して学ぶことが大切。英語村は『練習試合』ができる場として捉え、英語に触れる楽しさを感じてもらえれば」と期待する。

 ■(POINT!)知識・意見持ち、自分を語れる力を

 「英語が話せる」ようになるために、何が大切なのか。東京外国語大の根岸雅史教授(英語教育学)に聞いた。

     ◇

 グローバル化が急激に進み、海外のみならず、国内にいても英語を使うことが求められる場面が増えています。文法規則の暗記が中心の「受験英語」が得意でも、いざ会話となると戸惑い、「自分は英語が話せない」と感じる人は少なくないでしょう。

 「英語を話す」には、文法規則や単語を知っているだけでなく、使える必要があります。また、英語力だけではなく、「中身」も重要です。たとえば、中上級者であれば、説得力が求められます。このためには、普段から様々な事柄について知識や意見を持つことが必要です。

 最初は、自分について語れる力をつけましょう。失敗を恐れずに、根気強くたくさん話して、自分の話せる世界を広げていくことが大切です。教室の中でも外でも、積極的に英語で話してみることが必要です。その上で、体験学習施設の利用や海外研修に参加してみるのもいいでしょう。それぞれのプログラムでの言語使用の経験を日々の授業に結びつけられれば、より実りのある学びができると思います。

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ