メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

変わる進学

インフル対策で振替入試

写真:保護者に付き添われ、中学の試験会場に向かう受験生=1日、東京都杉並区 拡大保護者に付き添われ、中学の試験会場に向かう受験生=1日、東京都杉並区

 首都圏の中学入試シーズンは、まもなく終わろうとしている。今年、受験生も学校も悩ませたのは、全国で過去最多の大流行となったインフルエンザだ。

 インフルエンザなどで受験できなかった場合は、振替入試をします――。今春開校のドルトン東京学園(調布市)は1月31日、ホームページで異例の発表をした。

 同校は、河合塾が経営にかかわり、米国で約100年前に生まれた教育メソッド「ドルトンプラン」を採り入れた教育で注目が集まる。中等部入試は、2月1日〜4日の午前・午後で計10回予定し、定員約100人に約640人の出願があった。

 学校側によると、インフルエンザにかかった場合の振替入試を実施することは以前から検討していたという。1月末、「子どものクラスが学級閉鎖になったが、入試当日に感染したらどうすればいいか」という問い合わせがあり、2月10日に実施することを決定。問い合わせには「出願済みなら、振替入試が受けられる」と説明した。他校の志望者でも、同じような事情の受験生がいることも想定し、2月8日には追加の学校説明会も開催した。

 結果的に8日の説明会には30組が参加し、10日は20人が受験した。4日までの入試でも、登校途中で嘔吐(おうと)したり、高熱を出して別室で受験したりした志望者も数人いた。広報担当者は「感染症なのに、入試だからと無理させるのはよくない。来年も実施する場合はもっと早く振替日を周知したい」と話す。

 進学塾サピックスによれば、近年は、発熱などの体調不良を事前もしくは当日に告げれば、別室受験などの配慮をする中学も多くなっている。ただ、振替入試を実施している学校は珍しく、「当日欠席すればおしまい」という。

 一方で、「インフルエンザにかかっていても、受験していい」とは言えない。サピックスの担当者は「今年は入試会場で体調を崩す子が例年より多く、対応に追われた学校もあったようだ。振替入試は、受験生にはありがたい制度だ」と話す。

 大学入試センター試験では、インフルエンザなどにかかった受験生を想定した追試験が実施されており、医師の診断書を提出すれば受験できる。これに準じた措置をとっている私立大も少なくない。都立高入試では昨年から、インフルエンザなどで受験できなかった生徒に追検査を認めるようになった。

 (宮坂麻子)

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ