メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

変わる進学

適性検査型入試、私立中で増加

写真:保護者に付き添われ、聖望学園中学の入試会場に入る受験生たち=1月11日、埼玉県所沢市、小笠原一樹撮影 拡大保護者に付き添われ、聖望学園中学の入試会場に入る受験生たち=1月11日、埼玉県所沢市、小笠原一樹撮影

 公立中高一貫校の入学者選抜で用いられる、「適性検査型」の入試を実施する私立中が増えている。公立中は倍率が6〜8倍を超える学校が多く、試験のチャンスは一度きり。そこで、不合格となった受験生の「受け皿」になろうという私立中が実施を始めた。大学入試改革を控え、思考力などを重視しようという思いもある。

 (小笠原一樹、平岡妙子)

 ■公立中高一貫校の併願者狙い 聖望学園

 西武池袋線・所沢駅前の所沢くすのきホールで1月11日、聖望学園中学(埼玉県飯能市)の「適性検査型入試」を約200人が受けた。

 入試は、資料やグラフなどから必要な情報を読み取り、計算や記述で答える内容。塩や砂糖の水溶液が凍る温度のグラフを示し、「冬、寒い中で育った野菜が甘くなる理由を、グラフのデータと関連させて説明しなさい」と記述を求める問題もあった。暗記した知識を問う、従来の私立中学入試とは大きく異なる。

 聖望学園がこのタイプの入試を始めた理由の一つは、公立の中高一貫校向けの準備をしてきた受験生にとって、併願しやすくなることだ。都立大泉高校付属中学校などの志望者を狙い、2016年度から開始し、会場も都内から便利な所沢駅近くとした。始めると、期待以上の志願者が集まった。

 今年の入試を受験した息子に付き添っていた練馬区の女性(50)は「本命は都立の中高一貫校で、練習で受けに来た。都立と同じような問題なので、自分の力を出し切って受かってもらいたい」と話した。東久留米市の母親(42)は「適性検査が受けられる貴重な練習の機会だ。学校見学もしたが、雰囲気が良かった」と語った。

 聖望学園は一般の4教科入試もしており、適性検査型入試を受けて入学する生徒は毎年数人程度。ただ、リーダー的な生徒に育っており、学校を広く知ってもらえることにも効果があるという。関純彦校長(55)は「私立中は偏差値で輪切りにされ、似た感じの生徒が集まる傾向がある。適性検査で入る生徒は異なるので目立つ。学校が多様化し、良い影響がある」と話す。

 ■生徒の雰囲気に変化 宝仙学園

 10年前から「公立一貫型入試」として適性検査型を始めた宝仙学園中高共学部理数インター(中野区)は毎年、千人を超える志願者を集めている。

 きっかけは、公立中高一貫校の問題を見た富士晴英校長が「面白い」と思ったことだった。「この問題を解ける生徒が来てくれたら、いままでとは違う子どもたちに出会えるだろう」と考えたという。当時は適性検査型の問題を出す私立中がほとんどなかったことから評判となり、志願者も徐々に増えた。

 当初は試験慣れのために受け、都立中高一貫が不合格ならば地元の公立中に行く生徒が多かった。だが、現在は四教科型よりも、公立一貫型を受験して入学する生徒の方が多い。公立一貫型の生徒は、塾での勉強疲れがあまりなく、のびのびとした子が多いといい、「入学者の雰囲気が明るくなっている」という。知識の量が多くなく、宿題への意識が低い生徒もいるが、「ゼロから教えること」を徹底している。

 同校の中野望入試広報部長は「1種類のテストで12歳の子どもを選ぶのではなくて、様々な形の試験方法があって良い。学習レベルにばらつきがあっても、入ってから伸ばしていく」と話す。

 ■教科融合型で独自性 共立女子

 共立女子中(千代田区)は4年前から「合科型入試」を導入した。適性検査に似た「合科」と算数の2科目に加え、グループワークの面接試験を行う。今年は2月3日午後に設定したところ、定員40人に対して517人が志願した。

 校内では「大学入試改革で、教科の枠を超えた問題が増える中、中学入試の形も変えよう」と話し合ってきたという。それまでも、特別教養講座として「お茶」「高尾山」など一つのテーマを教師が深掘りして講義し、フィールドワークもする教科融合型授業を実施しており、その経験を生かして、合科型入試ができた。

「変わった試験なので敬遠されるのでは」という心配もあったが、志願者は増えている。都立中高一貫校を併願していない受験生も多い。金井圭太郎広報部主任(45)は「入試で求めることが変化しているというメッセージを込めた。知識だけではなく、自ら考え、表現できる力が必要だ。どんな子が育つのか楽しみだ。AO入試や変化する大学入試に、力を発揮する子が出てくるのではないか」としている。

 ■(POINT!)時代が求める学力と合致

 公立中高一貫校の適性検査と同様の形式の入試を行う私立中が増えてきたことについて、進学塾「ena」の山口真小学部長に聞いた。

 適性検査型入試を始めた学校の多くは当初、生徒募集の一環として導入したいという事情があったようです。「練習でもいいから、受けてほしい」という姿勢も少なからずありました。

 だが大学入試改革を控え、適性検査型で問われる学力が、時代で求められる「思考力」や「判断力」「表現力」と合致しているという意識が高まっています。また、適性検査型の入試で入学した生徒が、授業で活躍する姿も目立っています。

 こうしたこともあり、「探究型」や「思考力入試」など様々な形で、四教科型と異なる入試を導入する学校が増えています。昨年は都内の約180校の私立中の中で、半数ほどが適性検査型を含めた「総合型入試」を行いました。知識を問うより、答えが一つではない課題を解決するような入試は、今後もますます広がるはずです。

(聞き手・平岡妙子)

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ