メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

変わる進学

女子大の志願者増、どうして?

写真:昭和女子大の入学式で、看板と一緒に記念撮影する新入生ら=世田谷区太子堂 拡大昭和女子大の入学式で、看板と一緒に記念撮影する新入生ら=世田谷区太子堂

受験シーズンが終わり、各地で入学式が行われている。今年の大学入試の特徴の一つは、都心の女子大の多くで志願者が増えたことだった。人気の背景にあるのは、実践的な分野を学べる学部が増えたことや、大規模私立大の入学定員厳格化に伴う「安全志向」のようだ。

(横川結香)

 ■実学重視・浪人避け安全志向

2日昼、世田谷区で開かれた昭和女子大の入学式には約1500人の新入生と保護者が出席した。かつて、内閣府男女共同参画局長も務めた坂東真理子総長はあいさつで、決まったばかりの新元号にも触れ、「みなさんが新しい令和時代を開いていきます。令和日本をつくるのは、あなたたちです」と期待をこめた。

 同大の志願者はこの数年、伸び続けている。今年は1万2993人と昨年から917人増え、過去最高に。1526人の定員に対して、8・5の倍率となった。志願者増の理由として大学が挙げるのは、英語で経済を学ぶグローバルビジネス学部(2013年度開設)や、海外への留学が必修の国際学部(17年度開設)といった新学部の存在だ。アドミッションセンターの担当者は「時代のニーズに対応する実学志向、キャリア形成を重視した結果、大学の認知度が高まっている」と話す。

 他の女子大も今年、志願者が増えた。大手予備校の駿台の集計によると、3月23日までに志願者を公表した首都圏の17女子大のうち、12大が昨年より増えていた。駿台教育研究所の石原賢一部長は「理由の一つは、グローバルやビジネス、情報系の学部に力を入れるなど、若い人に興味を持ってもらう努力を続けていることだ」と分析する。

 理由のもう一つは「安全志向」だ。地方の私立大などで定員割れが相次ぐなか、文部科学省は大規模私立大に対して「入学定員管理の厳格化」を求めており、入学者が一定の基準以上になると私学助成金をゼロにしている。基準を守ろうと、大規模私立大は合格者を絞り込んでおり、石原さんは「『浪人をしたくない』と、現実的な出願をする受験生が増えている」と語る。

 日本女子大の場合、今年の志願者は1万3612人で、昨年から2661人増えた。大学側は「安全志向の高まりの中で、本学が選択肢の一つとして選ばれた」とコメントする。21年には西生田キャンパス(川崎市多摩区)にある人間社会学部などが都心の目白キャンパス(文京区)に移り、全学部が集約されることも影響したとみる。

 千代田区に本部を置く大妻女子大も昨年から約2千人増え、8756人となった。大学によると、埼玉県立浦和第一女子や千葉市立稲毛などの進学校からの受験生が例年より多かったという。担当者は「顔ぶれが多少変わった。難関私大の状況を受け、安全策を増やす流れがあったように感じる」と話す。

 東京女子大(杉並区)の今年の志願者は1万424人で、昨年と比べると371人減った。ただ、英検とTEAPの成績を利用して受験できる試験を全学部で導入した昨年は、その前年と比べて1601人の増加だった。大学側は「入試は何かしらのトピックがあると、志願者が増える傾向にある。今年減ったのは、隔年現象と受け止めている」と分析する。

 ■難関私立大は減少

 「安全志向」の傾向は、難関私立大の志願状況にも表れている。駿台の集計によると、全国の私立大のこの春の一般選抜入試の志願者は延べで約331万人(3月23日現在)で、13年連続で増加する見込みだ。

 ただ、「早慶上理」(早稲田、慶応、上智、東京理科)では、東京理科大を除いた3大が昨年比で3〜10%減少した。「MARCH」(明治、青山学院、立教、中央、法政)も、中央を除いて昨年比で4〜7%減った。石原さんによると、合格者の絞り込みを見越し、志望校のランクを下げた受験生もいたという。

 現在の大学入学センター試験に代わって、20年度から「大学入学共通テスト」が始まることも影響している。

 国語と数学では記述式の設問が加わるほか、英語は「読む・聞く・話す・書く」の4技能を測るために民間試験を受けることになっており、受験生に負担がかかる。対象となるのは、21年春に大学に入る受験生で、この春に浪人をしてもすぐ新しいテストを受けなければいけないわけではない。ただ、来春は共通テストの受験を避けようと、安全志向がさらに強まり、中堅大などの競争率が高まるとみられている。石原さんは「今年のうちに大学を決めたいという受験生が多かった」と話す。

 ■(POINT!)「入りたい」大学を目指して

 今春の大学入試の傾向について、教育情報会社「大学通信」の安田賢治常務に聞いた。

     ◇

 入学定員管理の厳格化を求められている大手私立大の合格者絞り込みに加え、2020年度からは「大学入学共通テスト」が始まります。「何としても浪人を避け、今年で受験を終わらせたい」という受験生の思いが透けて見えました。

 大学通信の調査によれば、今年の明治大の合格者の出身高校のトップは県立浦和(さいたま市)でした。他にも公立トップ校が「MARCH」の合格を多数出しているのが印象的です。これまでだったら「早慶上理」だけを受けていた受験生も、現役入学の道を確保するために受験したのだと思います。指定校推薦の枠を利用する生徒が、例年に比べて増えたという話もあります。

 気になるのは、受験生が情報に踊らされ、「入れる大学」ばかりを考えているのではないか、という点です。入学後のミスマッチを避けるためにも、正確な情報を収集し、「入りたい大学」を目指してほしいです。

(聞き手・横川結香)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ