メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

凸凹の輝く教育

ツール(21)G−Speak

写真:G−Speakを使い、帰りの会の進行を務める男子生徒=川崎市 拡大G−Speakを使い、帰りの会の進行を務める男子生徒=川崎市

 ◆音声ペンで意思伝達、達成感

 うまく話せない子でも、ツールを使って意思を伝えることができる。音声ペン「G―Speak」がその一つだ。

 ある日の午後2時半。川崎市の特別支援学校の教室で、帰りの会が始まった。司会進行を務めるのは、クラスのまとめ役である男子生徒(14)。昨年の秋から音声ペンを使い、帰りの会の司会を担当する。

 右手に持った音声ペンを、黒板上に掲げたイラストにタッチさせる。イラストには二次元コードつきのシール「ドットコード」が貼られており、ペンでタッチするとあらかじめ登録した音声が流れる仕組みだ。

 「きょう ぼくは 先生と 勉強しました」

 そう音声が再生されると、クラスメートと教員から拍手が沸いた。男子生徒はその後もスムーズに進め、会はぶじに終了。笑顔で下校した。

 男子生徒は生まれつき発語が苦手で、意思を伝える時は指さしが多い。ただ、相手の会話を理解することはでき、伝えたいこともたくさんある。そこで担任教諭(31)は音声ペンを導入した。教材として使いたいものにドットコードを貼り、音声を登録すれば、自由自在に作れるのが魅力の一つ。担任教諭は、ものや動作を表すイラストにコードを貼って活用する。

 例えば、鍵のイラストに「鍵を貸して下さい」と登録したコードを貼り、一人で事務室に取りに行かせることができる。男子生徒がしたい行動やそれに関するものに合わせて作り、今では300種類に。司会も、校内の新入生歓迎会や夏祭りなどより大きな場で挑戦できるようになった。「行動範囲が広がって、本人にも自信がついた」と担任教諭は言う。今は、自分の感情を知り、もっと上手に伝えられるようになるのが課題だ。

 音声ペンを活用した事例に詳しい大妻女子大学の生田茂教授(70)=特別支援教育学=は「発語のない子どもが音声ペンなどを活用して自分の意思を伝えることで自立感や達成感を味わうことができる」。音声ペンを導入したことで学習障害の詳細が判明し、困り感の改善につながった例もあるといい、「デジタルの新しい技術を取り入れることで、今までできなかったことができる可能性が開ける。先生方は、子どもが何で困っているかをきっちり見定めることが大切」と話す。

 G―Speakはグリッドマーク(千代田区)が製造し、ヤフーや楽天市場のオンラインショッピングモールで購入することができる。ドットコードとセットで9800円(税込み)。

 (横川結香)

 

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

東京総局からのお知らせ

東京総局では、都内の最新のニュース、企画、特集などをお届けしています。
身の回りで起きたちょっといい話をメールで「東京取材班」あてにお寄せください。メールはこちらから

朝日新聞 東京総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ