メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

鳥取こどもみらいろ応援団

住民運営保育園 10年の実り

写真:里山を元気にかけまわる園児たち=いずれも昨年11月、鳥取市国府町 拡大里山を元気にかけまわる園児たち=いずれも昨年11月、鳥取市国府町

写真:盛り上がった「開園10周年記念感謝祭」の餅つき 拡大盛り上がった「開園10周年記念感謝祭」の餅つき

写真: 拡大

◆鳥取・いきいき成器 地域の活力にも

 中山間地の自然を生かした里山保育が特徴の「いきいき成器保育園」(鳥取市国府町中河原)は、地域の住民が運営する保育園。園児減少で統合を検討していた鳥取市から2008年4月に運営を引き継いで開園し、まもなく丸10年を迎える。野菜の収穫やちまき作りなど、豊かな体験活動も地域住民の応援隊が支えてきた。一方で、園児や保護者たちが、地域の元気のもとにもなっている。

 今年度の園児は18人。市中心部の市街地などから送迎バスで通う。午前中は園舎周辺の森や田んぼ、川に出かけて遊び、園庭の畑で育てたジャガイモや大根は給食に。春は竹林でタケノコ掘り、秋は応援隊の住民の畑でイチジク狩りやサツマイモ掘り――。四季を肌で感じる活動に加え、園児たちは成器地区の運動会や文化祭、敬老会で保護者と一緒に競技に参加したり、歌やよさこいソーランを披露したりと活躍している。

 昨年11月に園が開いた「開園10周年記念感謝祭」では、園児のお父さんたちが、地域の「人生の先輩」たちにコツを教わりながら、餅つきに汗を流した。

 長男(6)が通う岡本英典さん(37)は「地域の方にたくさん助けてもらって、楽しく通わせてもらっている。ちまき作り、梅干し作りと、なかなか体験できないこともさせてもらえた」。ひなまつりに欠かせない郷土菓子「おいり」は毎年、上地(わじ)地区の住民たちと作る。年長と年中組に子どもが通う藤田良介さん(36)は「子どもから、おいりや山菜を教えてもらった」と、自分自身の発見も語る。

 開園時の園児は4人だった。13年度から特色ある里山保育に力を入れ、園児数が10人になった14年度に送迎バスを運行開始。15年度には、野外保育を中心に活動する「森のようちえん」を県が認証する「とっとり森・里山等自然保育認証制度」の認証園となり、園児も20人に増えた。

 「運動会も『ふれあいまつり』(文化祭)も、子どもたちや保護者さんがいなかったらどれだけ寂しいか。保育園があって活力が生まれている」と、同園の運営協議会長の山崎豪太郎さん(68)は話した。

◆多彩な応援隊

 地域の応援隊の住民たちは、いろいろな思いで保育園に関わってきた。

 菌興椎茸協同組合(鳥取市)に勤め、自分でもシイタケを栽培する中島実年夫(みねお)さん(64)は、園にシイタケの原木や種菌を提供したり、スタッフに栽培法を伝授したりしてきた。「冬のシイタケは身も厚くなっておいしい」。街中ではできない体験を通して、「原木に育つシイタケの味を子どものころから知って、キノコを好きになってもらいたい」という。

 子どもたちと遊ぶため、文化祭などの催しに足を運ぶ。感謝祭にも訪れてシイタケを提供し、にぎわう園庭で「10年前は想像できなかった」と目を細めた。

 園では、週に2度の給食がある。作るのは給食ボランティアの山田しづえさん(53)。開園した2008年、長男が年長組に通っていた。「給食が1食でも2食でもあれば、お母さんの助けになる。冬には温かい汁物もあればいい」。他の母親や園のスタッフらに提案し、12月から始めた。

 「子どもが卒園しても、地域の人間としてやる」と覚悟してのスタート。ボランティアを志願してくれた仲間の協力にも支えられ、週2〜3度出してきた。

 衛生と自分自身の体調管理に細心の注意を払い、手に傷をつくらないよう気をつけている。好き嫌いが多くて小学生の頃に給食を残した経験もあるが、「お友達と一緒に給食を食べるのは、大切なことかなと思う。小さいところだからこそ、できることがある」。給食のご飯は、農薬や化学肥料を使わない地元産。地域の人が野菜を持ってきてくれることもある。時には、ロシア料理など世界の料理を出すお楽しみ献立も工夫してきた。

 「保育園にいろんなところから来てもらえてありがたい。先生たちにも、子どもたちにもありがとう、と思っている」。今は山田さん1人の給食ボランティアだが、「園のある限り、体の動く限り、続けたい」と話した。(斉藤智子)

ここから広告です

朝日新聞 鳥取総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】本人だと気づかない靴の臭い

    靴脱臭機でリフレッシュ

  • 写真

    【&TRAVEL】パキスタンと中国の国境へ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】まずは気軽に体験しよう

    キャンプ車レンタルの注意点

  • 写真

    【&w】好きな家事は何?

    木村文乃さんに10の質問

  • 写真

    好書好日橋本愛さん、原作への愛

    映画「ここは退屈迎えに来て」

  • 写真

    WEBRONZAハズキルーペのCMを分析

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン未知の国・ポーランドの旅

    歴史あるホテルに泊まってみた

  • 写真

    T JAPANチャリティオークション開催

    坂本龍一のサイン入り新譜も!

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo道で野良の子猫を見かけた…

    放置できない、どうする?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ