メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

うみ大好きクラブ

怒った顔 怖くて痛い

写真:水面近くを泳ぐハリセンボン=鳥取県岩美郡岩美町田後 拡大水面近くを泳ぐハリセンボン=鳥取県岩美郡岩美町田後

写真:太田学芸員がハリセンボンを捕まえると、海水を吸い込んで体を膨張させた=鳥取県岩美町田後 拡大太田学芸員がハリセンボンを捕まえると、海水を吸い込んで体を膨張させた=鳥取県岩美町田後

写真: 拡大

 今年の春、鳥取県岩美町の浦富海岸で潜ってみると、ハリセンボンをよく見かけた。体長は15センチほど。穏やかな水面近くをゆっくりと泳いでいた。ちょっと捕まえてみると、海水を吸い込んで体を大きく膨らませた。

 山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館の学芸員太田悠造さん(35)によると、ハリセンボンは熱帯から温帯域に生息し、対馬暖流に乗って日本海側にもやってくることがある。とげを立てて膨らむのは外敵から身を守るため。とげに毒はない。ハリセンボンという名前だが、針(とげ)は千本もなく、300〜400本程度だという。

 これから夏にかけてシュノーケルで見られる魚が増えていく。随時紹介していく。(ライター・田中泰子)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

朝日新聞 鳥取総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ