メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

とれとれ

「ぽろたん」はじける笑顔

写真:収穫期になり地面に落ちた和栗「ぽろたん」を拾って集める=鳥取県琴浦町杉下 拡大収穫期になり地面に落ちた和栗「ぽろたん」を拾って集める=鳥取県琴浦町杉下

写真: 拡大

 鳥取県琴浦町で和栗「ぽろたん」の収穫が始まった。切れ目を入れて加熱すると、外側の堅い鬼皮だけでなく内側の渋皮まで「ぽろん」とむけることから名付けられた栗だ。収穫は、今月中下旬に最盛期を迎え、10月上旬まで続く。

 「ぽろたん」は茨城県つくば市にある国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)が育成した。琴浦町では、2011年から遊休農地対策として栽培が始まり、現在は111人が9ヘクタールで育てている。

 同町の取り組みに先駆けて09年からぽろたんを栽培している福井和嗣さん(78)は10日、自身の栗園を歩き回り、栗の入ったいがや、いがから出た栗を拾い集めていた。福井さんは「ぐるっと切れ目を入れてレンジで3分チンすれば渋皮までむける『奇跡の栗』。料理をつくるお母さんの味方です」と話す。

 「ぽろたん」は、琴浦町内の農産物直売所を中心に県内市場で購入できる。22日午前10時からは、ショッピングセンターアプト(琴浦町八橋)で開催される「ぽろたん祭」で、焼き栗やスイーツとともに生栗が1キロ1千円で販売される。 (長崎緑子)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

朝日新聞 鳥取総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ