メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

富山

ピックアップ

富山の情報

特集

剱岳遠近(おちこち)
立山町在住の写真家・高橋敬市さんが四季折々の北アルプス・剱岳を紹介します。
朝をひらく 
明石あおい、大谷洋子、炭谷壮一、永田円了、本田恭子、高野愛の6氏が順次執筆しています。
北陸六味
上野千鶴子、久保智康、南部泰啓、田中純一、西村雅彦、森田由樹子の6氏による週替わりエッセー。
懐かしのカナダ紀行
立山町在住の写真家・高橋敬市さんのカナダ紀行です
東日本大震災4年
復興 共に明日も-被災地から富山へ移り住んだ福祉施設職員、福島へ出向した警察官らを訪ねた
最後の国立 頂点への道
富山第一・大塚監督語る

富山のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

新湊漁港で見学する昼セリ観光と新湊紅白丼 [食のイベント][体験・遊覧]

新湊漁港で見学する昼セリ観光と新湊紅白丼

  • 2016年10月01日(土) ~ 2017年03月31日(金)
  • 北陸道小杉ICより25分万葉線「東新湊」駅より徒歩5分、ぶりカニバス「シンミナトきっときと市場」下車
  • 新湊漁港では、全国的にも珍しい昼セリ(などきの競りともいわれる)が行われている。専門の案内人による昼セリ見学と新湊に来ないと味わえないS級グルメをお楽しみに。1名より申込OK! セリの見学のみ(無料)も可 ※見学のみの場合でも、団体でバスでくる場合はバス1台につき2,000円必要
ツゥインクルナイトin射水 [イルミネーション・ライトアップ]

ツゥインクルナイトin射水

  • 2016年11月27日(日) ~ 2017年02月15日(水)
  • 北陸自動車道小杉IC約15分あいの風とやま鉄道小杉駅北口下車すぐ
  • 冬の澄んだ夜空の下、幻想的でロマンチックなイルミネーションが、多くの人の心を暖かくしてくれる。あいの風とやま鉄道小杉駅前や駅南広場、下条川河川公園には光のオブジェが設置され、雪化粧とともに冬を彩る。小杉駅前には「ムズムズくん」オブジェが新登場!約5万個のブルーLEDの醸し出す幻想的な雰囲気を楽しもう。
とやまスノーピアード2017 [イルミネーション・ライトアップ]

とやまスノーピアード2017

  • 2016年12月01日(木) ~ 2017年02月12日(日)
  • 北陸自動車道「富山」ICから約10分JR「富山」駅より徒歩10分
  • 城址大通りのLED樹木イルミネーションは、全長約1.0kmに渡りあたたかな光を放ち、行き交う人々をロマンティックな気分にさせてくれる。また、城址公園周辺には光のオブジェが立ち並び、幻想的な光の空間を演出する。美しい光の空間に出かけよう。
冬の桜並木イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

冬の桜並木イルミネーション

  • 2016年12月01日(木) ~ 2017年02月10日(金)
  • 朝日ICより約5分あいの風鉄道泊駅より車で約10分
  • 朝日町の花の名所である舟川の桜並木において、約600mに渡って40本の桜の木に、花びらをモチーフにした白やピンク色の電球をとりつけて、夜にきらめく「光の花」を演出!
企画展「古地図-日本国図から藩領絵図まで」 [展示会・展示イベント][展覧会]

企画展「古地図-日本国図から藩領絵図まで」

  • 2016年11月19日(土) ~ 2017年01月29日(日)
  • 北陸自動車道「富山」ICから15分市内電車環状線「国際会議場前」下車 徒歩3分
  • 古くから人々は自分の住む地域はもとより、未知の世界に対しても強い関心を持っていた。今回は、館が所蔵する日本国図や越中国図などを通して、江戸時代の人々が捉えた自分が住む地域=「クニ」の形や様相などを紹介する。
チューリップ四季彩館常設展「季節のフラワーガーデン」~新春の庭~ [展示会・展示イベント][観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

チューリップ四季彩館常設展「季節のフラワーガーデン」~新春の庭~

  • 2016年12月26日(月) ~ 2017年01月17日(火)
  • 「砺波」ICより約5分 高岡砺波スマートICより約7分JR「砺波」駅より徒歩約15分
  • チューリップが芽を出し、開花するまでの様子を1年中見ることが出来る「ワンダーガーデン」、最新の技術でチューリップの不思議を探る「アンダーファーム」を見に行こう。チューリップとハボタンを中心に展示する。
常設展・お宝コーナー「アニメ映画“この世界の片隅に”パネル展」 [展覧会]

常設展・お宝コーナー「アニメ映画“この世界の片隅に”パネル展」

  • 2016年10月22日(土) ~ 2017年01月15日(日)
  • 能越自動車道高岡ICから20分あいの風とやま鉄道高岡駅より徒歩15分
  • 企画展「緊急延長!新たに寄贈された戦時下資料」と同時開催。11月12日に全国公開されるアニメ映画「この世界の片隅に」は戦時下の庶民生活を描いているが、この作品のキャラクターデザイン・作画監督は高岡出身の松原秀典氏。今展では松原氏が手掛けたキャラクター設定見本、イメージボード、複製原画等計20枚のパネルを展示する。文苑堂福田本店においても同じパネル展が開催される(展示内容は約半分が異なる)。
企画展「緊急延長!新たに寄贈された戦時下資料」 [展覧会]

企画展「緊急延長!新たに寄贈された戦時下資料」

  • 2016年10月22日(土) ~ 2017年01月15日(日)
  • 能越自動車道高岡ICから20分あいの風とやま鉄道高岡駅より徒歩15分
  • 10月10日まで、特別展「高岡市平和都市宣言10周年記念 戦時下の暮らし」を開催中。この展覧会は主に平成9年の「戦時下の暮らし」展以来、多くの方々による寄贈資料を展示しているが、その数は多く、展示できなかったものもある。また会期中には多くの人たちから戦時下関連資料を新たに寄贈していただいた。今展では、それら戦時下資料を緊急延長展示という形で初公開する。
第3回クリエイティブ・たかおか ~未来に輝く 高岡市児童生徒作品展~ [展覧会]

第3回クリエイティブ・たかおか ~未来に輝く 高岡市児童生徒作品展~

  • 2016年12月10日(土) ~ 2017年01月15日(日)
  • 能越自動車道「高岡北」ICから約10分JR高岡駅より徒歩20分(正面改札口より北東約2km)
  • 高岡市内小・中・特別支援学校の児童・生徒が制作した作品が展示される。こどもたちのよさを引き出し、高岡の魅力を発信する展覧会。また、同館収蔵作品を楽しく鑑賞できる展示「わくわくアートツアー」もあわせて開催される。
おやべイルミ2016 [イルミネーション・ライトアップ]

おやべイルミ2016

  • 2016年11月19日(土) ~ 2017年01月09日(月)
  • 能越自動車道「小矢部」ICより約15分あいのか風とやま鉄道「石動」駅より車で約10分
  • 北陸最大級15万球のイルミネーションでお届けする小矢部の光のまちプロジェクトがついに始動! 光の海や光のトンネル、恋人の聖地ハートアイランドもモニュメントが煌びやかにライトアップされている。ロマンティックムードを感じに、家族や大切な人と訪れてみては。

富山総局から

ご意見・ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 富山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】イルミをキレイに撮れるコツ

    写真のツボ

  • 【&TRAVEL】旅で体調不良にならないコツ

    おとな女子のひとり旅

  • 【&M】新型SUVプジョー3008

    VR体験ツアーを開始〈PR〉

  • 【&w】ピアノが好きな女の子だった

    Charaデビューの道のり

  • ブック・アサヒ・コムボブ・ディラン関連の本

    一筋縄ではいかない「自伝」

  • WEBRONZA高齢者運転禁止のデメリット

    若者の方が高い死亡事故率

  • 写真

    ハフポスト日本版 ありし日の戦艦武蔵

    堂々たるその威容

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ