メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

第97回全国高校野球選手権【高校野球100年 富山熱球史】

(1)本塁打の軌跡 

写真:自身の本塁打を「憧れの舞台でうまく振り抜けた」と振り返る土肥健二さん=射水市浄土寺 拡大自身の本塁打を「憧れの舞台でうまく振り抜けた」と振り返る土肥健二さん=射水市浄土寺

写真:50回記念大会1回戦 高岡商―津久見 土肥健二選手(中央)が大会第1号の逆転本塁打を放って生還する=1968年8月9日、阪神甲子園球場 拡大50回記念大会1回戦 高岡商―津久見 土肥健二選手(中央)が大会第1号の逆転本塁打を放って生還する=1968年8月9日、阪神甲子園球場

写真:94回大会1回戦 富山工―宇部鴻城 県勢通算9本目となる3点本塁打を放つ荒城英治選手=2012年8月11日、阪神甲子園球場 拡大94回大会1回戦 富山工―宇部鴻城 県勢通算9本目となる3点本塁打を放つ荒城英治選手=2012年8月11日、阪神甲子園球場

快音9本“人生の一打”も

 快音とともに青空に舞い上がる白球。一瞬の静寂に続く歓声と悲鳴。これまでに、夏の全国選手権大会では1460本の本塁打が飛び出した。このうち県勢は9選手が9本を放ってきた。

 「人生を変えたホームランだった」。1968年(50回)に出場した高岡商の4番土肥健二(65)は、大会第1号となった県勢3本目の本塁打をこう振り返る。

 大会初日の第4試合。津久見(大分)との一戦は、午後6時すぎに始まった。1点を追う一回裏2死一塁、土肥に最初の打席が回ってきた。「力のある球に押されないように」。球数もコースも覚えていない。夢中で直球を振り抜くと、打球はライナーで左翼スタンドのラッキーゾーンに飛び込んだ。木製バットの時代。「本塁打なんてそうそう打てなかった」

 土肥は、この秋のプロ野球・ドラフト会議で、ロッテ(現・千葉ロッテ)から4位指名を受けた。14年間で897試合に出場して1852打数497安打、44本塁打を記録した。引退後は、県内のゴルフ場で働く。プロ入りのきっかけとなった一打に「夢を実現させ、道を作ってくれた。幸せなこと。最高やちゃ」と笑った。

富山商 振り抜き4本

 74年(56回)の金属バット導入とともに本塁打は増加。西武、巨人などで活躍したPL学園(大阪)の清原和博は83〜85年に夏の甲子園で個人最多となる9本塁打を放った。一方で、県勢からは、快音が聞かれなくなってしまう。

 土肥以来、21年ぶりとなった一打は89年(71回)、富山商の3番浅井樹=現・広島カープ3軍統括コーチ=のバットから生まれた。

 さらに、2003年までに富山商勢が3本。この3人を監督として指導した沢田利浩(54)=現・富山高監督=は「それ以前、県内ではバットに『当てる』方が主で、『振る』という意識があまり無かったのでは。力のある選手がおり、ボールでも良いから思い切り振るように言ってきたことが結果につながったと思う」と話す。

      ◎

 「納得いくスイングでした」。12年(94回)、初出場した富山工の4番荒城英治(20)は、1回戦の宇部鴻城(山口)戦で快音を響かせた。

 1点リードの三回表1死一、三塁で2度目の打席に立った。好機だった前の打席は直球で押されて三振しており、「絶対直球で来る」。その初球。「来た!」。外角高めを振り抜いた。「上がりすぎてフライかと思った」。無我夢中で走り、「打球音も歓声も聞こえなかった」。

 打球が左翼スタンドに消えたのに気づいたのは、二塁を回ってから。「スタンドにいる3年生に『打ったらガッツポーズする』って約束してたんです」。右手を突き上げた。ホームランボールは、今も実家に飾ってある。

 今は勤務する北陸電力の軟式野球部でプレーするが、「チームが一つになって楽しく野球が出来たあの感覚は、高校野球じゃないと味わえない。甲子園は『またここで野球したい』と思わせてくれる場所ですね」。懐かしそうに話す。

 100年を記念する夏。節目の10本目は生まれるか。=敬称略(竹田和博、江向彩也夏)

 ■夏の全国選手権大会で県勢が放った本塁打

 開催年(大会回数) 学校名 選手名  対戦校と試合結果           打点

1939年(25回) 高岡商 白石充  2回戦 ●7−12 米子中(鳥取)  1点

  62年(44回) 高岡商 熊本武明 1回戦 ○5―2  甲府工      3点

  68年(50回) 高岡商 土肥健二 1回戦 ●5―6  津久見(大分)  2点

                        (延長十二回)

  89年(71回) 富山商 浅井樹  1回戦 ●1―5  鶴崎工(大分)  1点

  96年(78回) 富山商 興津資典 1回戦 ●4―6  鹿児島実業    1点

  98年(80回) 富山商 平井孝英 1回戦 ○8―4  報徳学園(兵庫) 満塁

2001年(83回) 滑川  有沢悟  2回戦 ●4−13 金沢       1点

  03年(85回) 富山商 二瀬基之 2回戦 ○4―2  日南学園(宮崎) 2点

  12年(94回) 富山工 荒城英治 1回戦 ●4―5  宇部鴻城(山口) 3点

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

富山総局から

ご意見・ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 富山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ