メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸六味【福井県立高校教諭 南部泰啓さん】

覚悟持って発言しよう

写真:「語る西部邁」 イラスト・鳥居レイ 拡大「語る西部邁」 イラスト・鳥居レイ

 とかくこの世の常なのか、口先だけの「言うだけ論者」ばかりが幅を利かす昨今。類いまれなる論客・西部邁(にし・べ・すすむ)が自ら世を去った。死も自己決定、自死もまた精神の自由の発動だと言わんばかりに。

 一種のラベリングに過ぎないが、私の他者評価は「サヨク教師」「リベラル親父(おや・じ)」と言ったところ? そういう色眼鏡で見られているようです。左路線の言動を期待されている方々には申し訳ないのですが実は私、右派と呼ばれる論客、例えば前防衛大学校長・五百旗頭真、一水会元最高顧問・鈴木邦男、評論家・保阪正康、漫画家・小林よしのり、京都大学名誉教授・佐伯啓思、東京工業大学・中島岳志、等々(現在は右派というより保守派と呼んだほうがよいのかもしれません)、好きなんですよねぇ、昔から。

 若かりし頃、小林よしのり『ゴーマニズム宣言』を授業でプリントとして使用し、先輩教員から「てめーは右翼かっ!」と叱られた記憶があります。漫画や映画を使う授業が私の定番ということで、同『戦争論』も懲りずにプリント化していました。

 さて西部邁。彼のどこに共感していたのか。それは親米派を嫌悪するという心情です。

 私はアメリカンカルチャーが大好きです。でも、主権国家であるはずの日本その国内に堂々と自国基地を置き、様々な治外法権的特権を認めさせる日米地位協定を結び、安保の名のもと沖縄を自らの「空母」のように使用するアメリカ。それは許せない。

 そしてそれに忠犬ハチ公のように尻尾を振って、機嫌を損ねないように「思いやり予算」まで忖度(そん・たく)、献上する日本の政府。基地反対派の沖縄県民を中国の工作員・非国民・国賊呼ばわりするネトウヨ。もっと許せない。

 トランプ大統領が就任してからアメリカのイメージはまさに自国第一、自己チューの塊、『ドラえもん』に登場するジャイアンそのもの。さて日本は? はい、何が言いたいかお分かりですよね? ずばりスネ夫、1番かっこ悪いキャラ。

 こんなこと書くとすぐに「お前は現実を見ていない、世界情勢を鑑みれば、日米同盟こそ生命線だ!」と反論されます。でも日本はアメリカの子分ではない。同盟ならばまずは対等な関係になるべきです。

 集団的自衛権の解釈変更では「いざとなったらアメリカに助けてもらう日本。逆にアメリカが攻撃されているのに日本は助けない、では筋が通らない」。そんときは自衛隊まかせ? 一般国民は安全圏内で応援するだけ?

 フランスの若きリーダー・マクロン大統領。彼は徴兵制を復活させると宣言しました。勇ましいことを言うならば自らにもその覚悟が必要だということ。リベラルの価値観は公平。自衛隊員だけを危険な目に遭わせてはいけません。

(福井県立高校教諭、カウンセラー)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

富山総局から

ご意見・ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 富山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ