メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸六味【俳優 西村まさ彦さん】

家持の思いを子どもに

写真:子どもたちの朗読の感想を話す西村まさ彦さん(左端)=13日、富山市舟橋南町 拡大子どもたちの朗読の感想を話す西村まさ彦さん(左端)=13日、富山市舟橋南町

 今年は大伴家持の生誕1300年にあたります。家持といえば、万葉集の編集に携わったとされている奈良時代の歌人。746年から国守として越中の国(現在の富山県)に5年間赴任しました。

 その間に詠んだ歌は223首。これら家持の歌を中心とした337首を「越中万葉」と呼びます。家持さんの富山に対する思いは並々ならぬものがあったのだと思います。

 私は3年前から富山県内在住の小学生を対象に、「高志の国文学館」(富山市)で歌と朗読の会をプロデュースさせていただいており、今月13日には家持さんの和歌を読む会が開催されました。

 日本語の美しさ、言葉をきちんと伝える方法、そしてふるさと富山に対する関心を小学生の頃から持ってもらいたいとの思いから始めたのでした。和歌を意味がわからずとも声に出して読んでもらう。この経験がいつしか子どもの成長に役立つと信じています。

 しかし実際に読んでみると、今ではほとんど使われない言葉の連続に戸惑います。大人ですら頭を抱えるほどなのですから。講師の先生は、言葉の意味、家持さんの心情を解説して、自分なりに感じたことを本番で発表するよう促します。

 「大夫(ますらを)は 名をし立つべし 後の代に 聞き継ぐ人も 語り続(つ)ぐがね(勇士なら、みんなに名前を知られるくらいりっぱな仕事をするべきだ。後の時代になって語り伝えられた人びとも、そのまた次の時代へと語りつぐように)」(富山県発行「小学生のための家持の名歌」より)

 公演でこの歌を読んでくれた男の子は、家持さんの心情について話した後、こう述べました。「僕も一生懸命勉強して立派な大人になります」

 時を経て、家持さんの思いのバトンが渡された瞬間でした。人の世は変化すれども、人を動かす言葉はそのままに、不動のものとしてあるものだなぁと思ったのでした。

 参加した子どもたちはみんなとても誇らしげな表情。本番では、大きな声ではきはきと和歌を読み、富山のふるさとの歌を合唱してくれました。たった4日間の練習でこんなにも大きく変わるとは関係者の誰も思っていなかったくらいの成長です。

 公演が終わった後の子どもたちの堂々としていた姿が忘れられません。講師の先生もそんな彼女、彼らを褒めたたえました。最後にみんなで万歳三唱して解散したのでした。

 本番に先立つ休み時間に子どもたちと文学館の庭で遊びました。落ちているドングリを拾っては持ってきてくれる子ども。ドングリから根が生えていると興奮する子ども。ツバキの種に絵を描いて遊ぶ子ども。そんな子どもたちとわいわいやっている時、心の内にあったもやもやが吹っ飛んで、なぜかしら晴れやかな気持ちにさせられました。

 たくさんのギフトを子どもたちからもらいました。これから先も、自分の声できちんと考えを伝えられる人になってもらいたいと願うのです。自分の声を好きになることが、己の自信につながるのだから。

 希望の子らよ、光に向かって突き進め。(俳優)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

富山総局から

ご意見・ご感想をお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 富山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ