メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山

和歌山の情報

特集

高校野球
夏の和歌山大会、春・夏の全国大会結果などをお伝えします。
紀伊半島大水害
2011年9月の紀伊半島大水害から7年
遠い記憶 継ぐ記憶 戦後73年
戦後73年の今夏、語り継ぐ和歌山の人たちを伝えます
わかやまスイーツ紀行
和歌山のスイーツを紹介します。
連載:Dear Girls
8日は「国際女性デー」。自分らしく生きられる社会を願い、前に進もうとする女性たちがいます。
連載: 紀伊パーソン
各界で活躍する県ゆかりの人たちの活動やお人柄をご紹介。
連載: わかやま研究
いま和歌山が抱えている様々な問題や解決へのヒントを記者が探ります。
連載:備える@和歌山
地震、津波、台風などの災害対策について、県内の訓練などの情報も掲載します。
まちづくり講座・ウラマチぶらり
経済学部足立教授が地域経済を解説する講座と観光学部木川准教授が歴史や人情を描くエッセーを掲載します。
いぐっちゃんの和歌山回想列車
和歌山弁に詳しいグラフィックデザイナーの井口博文さんが、懐かしいまちや人の記憶をたどる
連載: ときめく★楽音生活
音楽の魅力、イベントなどを通じて巡り合った人・出来事のエピソード、県内外で話題の楽曲なども紹介。
連載: ネイチャーフォト
白浜町在住の写真家・内山りゅうさんによる水辺の風景や生き物の営みの写真などを紹介します。
連載:エビカニ様様
すさみ町立エビとカニの水族館のさまざまな生き物たちを飼育員が写真をそえて紹介します。
連載: 紀のひと
県出身やゆかりの人が語る自身の半生を紹介します。
連載:レンジャー便り
環境省の自然保護官が日々の活動をつづります。
連載:熊楠の森から
南方熊楠の魅力を紹介

和歌山のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

モノづくり体験(ハニワ) [体験・遊覧]

モノづくり体験(ハニワ)

  • 2018年11月17日(土) ~ 2019年03月02日(土)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • モノづくり体験を実施する。作るのは、埴輪(ハニワ)! 古代人になったつもりで制作してみよう。対象は小学生から一般、定員30名。申込み不要、当日会場へ向かおう。
市堀川イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

市堀川イルミネーション

  • 2018年10月01日(月) ~ 2019年02月14日(木)
  • JR和歌山駅・南海和歌山市駅からバス「京橋」下車すぐ
  • 京橋プロムナード周辺や市堀川両岸をイルミネーションで照らされる。昼と違う雰囲気のまちなかが楽しめる。
JR和歌山駅前イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

JR和歌山駅前イルミネーション

  • 2018年11月03日(土) ~ 2019年02月14日(木)
  • JR和歌山駅からすぐ
  • JR和歌山駅周辺に電球色と赤色を中心としたイルミネーションが輝く。さらに今年は、けやき大通りの中央分離帯の樹木にカラーライトアップを施する。普段と違ったまちの雰囲気を楽しもう。
フェスタ・ルーチェ in 和歌山マリーナシティ [体験・遊覧][映画・映像][イルミネーション・ライトアップ]

フェスタ・ルーチェ in 和歌山マリーナシティ

  • 2018年11月03日(土) ~ 2019年02月11日(月)
  • 阪和自動車道海南ICより国道42号線約4km(約10分)JRきのくに線海南駅より和歌山バスマリーナシティ行き約15分(又は海南駅よりタクシーで約10分)
  • 2年目となる今年はイルミネーションはもちろん、光の遊園地やプロジェクションマッピング(12/1~)などのイベントもスケールアップ! まるでヨーロッパにシップトリップしたような本当のクリスマスに出逢える場所となる。さらに関西初登場の水に反応して文字や絵が描ける落書きボード「ウォーターライトグラフィティ」(1/5まで)やネオンペインで写真が撮れるコーナーなど楽しさいっぱいのイルミネーションを実施する。
白浜水族館の飼育体験 [観察・ウォッチング][体験・遊覧][健康・福祉・教育]

白浜水族館の飼育体験

  • 2018年10月20日(土) ~ 2019年02月09日(土)
  • 阪和自動車道南紀白浜ICより約20分JR白浜駅または南紀白浜空港より明光バスにて「臨海」バス停下車3分
  • 水族館の飼育を体験できる。2時間はちょっと長いようだが、参加してみたらあっという間。子どもたちにとって、水族館裏側の設備の見学は興味深い。とくに、大水槽でのエサやりは感動! 巨大な魚がドドーンと登場。生物集計は水槽の生き物を種類別に数えるもので、魚が動き回ったり、似たものがいて、区別が難しいが意外とおもしろい。平均正解率は50%という難関だが、チャレンジする価値あり。直前の火曜日までに要申込み。
おしゃべり考古学4 [講座・講演・シンポジウム]

おしゃべり考古学4

  • 2018年11月16日(金)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • 風土記の丘学芸員等が、これまでの体験を踏まえながら、考古学についての魅力を語る。気軽に聞くことのできる講座なので、疑問に思ったことはなんでも質問してみよう。今回のテーマは、「紀の川流域の大型円墳」。 ※当日受付、定員30名
那智勝浦いせえび祭り [お祭り][物産展][食のイベント][体験・遊覧]

那智勝浦いせえび祭り

  • 2018年11月17日(土)
  • JR「紀伊勝浦」駅より徒歩5分
  • 買って良し! 食べて良し! 遊んで良し! 海の高級食材を満喫する秋の一日。那智勝浦町に水揚げされる高級食材、「いせえび」を満喫できるお祭り。活いせえび直売、いせえびのだしがたっぷり効いたいせえび汁で前回は好評で長蛇の列ができた“いせえび汁の無料配布”、いせえび料理販売・いせえびつかみ取り、旅館の料理長がいせえびのさばき方を披露するいせえび調理実演など、様々な催しが企画されている。
館長講座3「須恵器の話あれこれ」 [講座・講演・シンポジウム]

館長講座3「須恵器の話あれこれ」

  • 2018年11月17日(土)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • 長年にわたり須恵器の研究を行ってきた中村館長が、「須恵器とは何か?」をわかりやすく解説する。第3回のテーマは「須恵器研究の方法 -型式編年とはなにか-」。 ※電話での申込が必要(11月1日13:00~受付)
青少年のための科学の祭典 - 2018 おもしろ科学まつり - 和歌山大会 [各種ショー][展示会・展示イベント][体験・遊覧][講座・講演・シンポジウム][健康・福祉・教育]

青少年のための科学の祭典 - 2018 おもしろ科学まつり - 和歌山大会

  • 2018年11月17日(土) ~ 2018年11月18日(日)
  • 第二阪和国道(国道26号線)平井ランプすぐ南海本線「和歌山大学前」駅直結
  • 「おもしろ科学まつり」は、和歌山県最大級の科学の催し。普段は目にしたり経験できない実験や展示、工作で科学や技術を体験しよう!こどもから大人まで楽しい出展50件以上(事前申込不要)。サイエンスショー・ロボット・いきもの・-196℃の世界・ペットボトルロケット・LEDランプを光らそう・チリモン・電動バイク・不思議めがね・棕櫚箒や束子手作り体験・ソーラーカー・変色する液体等。高校生には大学からの出展も。
渡部幹雄氏講演会 「智のしくみ」について考える ポートランドのまちづくりを例に [講座・講演・シンポジウム]

渡部幹雄氏講演会 「智のしくみ」について考える  ポートランドのまちづくりを例に

  • 2018年11月18日(日)
  • JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からバスで約10分、「県庁前」下車、徒歩2分
  • いくつもの公立図書館の運営、新設、改革に携わって来た渡部幹雄氏による講演会。さまざまな知的情報に触れることのできる図書館、本物に出会う場としての美術館や博物館。それらは地域の人々の文化力を高める役割を持っている。国内をはじめ、アメリカや北欧の図書館とまちづくりに関する豊富な調査事例と共に、図書館運営のプロが地域の「智のしくみ」について語る。 定員:先着120名

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】夫婦のスケジュールも可視化

    デジタル×アナログで予定管理

  • 写真

    【&TRAVEL】宝石のようなオリーブ手摘み

    干潮で現れる天使の散歩道

  • 写真

    【&M】5億人の女性を救った男

    映画『パッドマン』試写招待

  • 写真

    【&w】ブルックスブラザーズ展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日原作者の人生に揺さぶられた

    DV受ける息子演じた太賀さん

  • 写真

    WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンラグジュアリーな旅とは?

    今、大人が求めるホテル

  • 写真

    T JAPAN漫画家、荒木飛呂彦の創造哲学

    アトリエに潜入取材

  • 写真

    GLOBE+107歳、今もフルタイム

    世界最高齢の床屋さん

  • 写真

    sippo紳士服店で犬・猫の譲渡会

    始まりは社長と猫との出会い

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ