メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山

和歌山の情報

特集

高校野球
夏の和歌山大会、春・夏の全国大会結果などをお伝えします。
連載: わかやま研究
いま和歌山が抱えている様々な問題や解決へのヒントを記者が探ります。
連載: 紀伊パーソン
各界で活躍する県ゆかりの人たちの活動やお人柄をご紹介。
連載:備える@和歌山
地震、津波、台風などの災害対策について、県内の訓練などの情報も掲載します。
連載: ネイチャーフォト
白浜町在住の写真家・内山りゅうさんによる水辺の風景や生き物の営みの写真などを紹介します。
連載:わかやま動物ウオッチング
県内の動物の知られざる生態などを紹介します。
連載: ときめく★楽音生活
音楽の魅力、イベントなどを通じて巡り合った人・出来事のエピソード、県内外で話題の楽曲なども紹介。
連載: 紀の里めぐり
育まれた伝統の可能性を求めて、紀州の里を巡ります。
実釣!
ベテランに教わります。狙う魚を釣るための道具を準備編で、実際の釣りの様子を次回、お伝えします。
連載: 紀のひと
県出身やゆかりの人が語る自身の半生を紹介します。
連載:Dear Girls
8日は「国際女性デー」。自分らしく生きられる社会を願い、前に進もうとする女性たちがいます。(3回)
連載:71年目の記憶
終戦から71年。次世代に伝えたいことを、戦争を経験した5人に聞きました。(5回)

和歌山のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

旬のメロンが食べ放題!醤油工場見学と紀州夏の味覚を楽しむ [体験・遊覧]

旬のメロンが食べ放題!醤油工場見学と紀州夏の味覚を楽しむ

  • 2017年07月29日(土)
  • 南海電鉄「和歌山市」駅下車
  • 南海電鉄が主催する日帰りバスツアー。御坊の農園で採れた「甘~く冷えたメロン」を贅沢に食べ放題で。そのほか「醤油発祥の地・湯浅」での樽見学、国宝を有する「道成寺」拝観や、僧侶による安珍清姫の「絵とき説法」、さらに昼食は、紀州夏の味覚「太刀魚・鱧御膳」という、夏の和歌山の魅力が盛りだくさん。移動は和歌山市駅から貸切バスで快適。申し込みはホームページ、または電話にて、7月21日(金)まで受付。
第2回 鱧まつり in 海南 [物産展][食のイベント]

第2回 鱧まつり in 海南

  • 2017年07月29日(土)
  • 阪和自動車道「海南」ICより約1kmJR「海南」駅下車すぐ
  • 海南市の特産を堪能できるイベント。戸坂のハモを使ったグルメや解体ショー、酒蔵メーカーが多い海南市ならではの多彩な地酒など、海南のおいしいもの尽くし。
粉河祭 [お祭り]

粉河祭

  • 2017年07月29日(土) ~ 2017年07月30日(日)
  • JR和歌山線「粉河」駅下車すぐ
  • 粉河寺鎮守「粉河産土神社」の祭礼で、紀州三大祭のひとつとされる。宵祭の夜には、粉河駅前から粉河寺大門前までの粉河とんまか通りに、きらびやかに飾付けられた「だんじり」が並び、粉河とんまか通りを勇壮に運行する。また、本祭イベントでは、子どもだんじり・もち投げ・粉河中学校吹奏楽部による演奏などが行われる。
白浜花火フェスティバル [花火大会]

白浜花火フェスティバル

  • 2017年07月30日(日)
  • 紀勢道南紀白浜ICより県道フラワーライン経由で約10分JR「白浜」駅よりバス約14分
  • 白浜の海に集う全ての人々のための特別な夜。色鮮やかに夜空を染める花火と音楽のハーモニーで白浜を盛り上げる。
ビーチバレーボール・ビーチフラッグ大会 [スポーツ][海イベント・プール]

ビーチバレーボール・ビーチフラッグ大会

  • 2017年07月30日(日)
  • 阪和自動車道すさみ南ICより国道42号線南下約1時間JR紀伊勝浦駅より徒歩約15分
  • 毎年開催されていて今回で17回目を数えるビーチバレー大会。32チームを募り、午前中に予選、午後に決勝トーナメント形式で上位入賞者を決める。当日は白熱した試合が繰り広げられる。1チーム9名までとし、コート内には3名、ただし必ず女性1名以上がコートにいる必要がある。また、バレー大会の合間にはビーチフラッグ大会も行われる。
【花・見ごろ】有田市・箕川の大賀ハス [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【花・見ごろ】有田市・箕川の大賀ハス

  • 2017年06月10日(土) ~ 2017年07月31日(月)
  • 阪和自動車道「有田」ICより約15分JRきのくに線「箕島」駅より徒歩約15分
  • 川幅約5m、延長約100mの箕川の一面に咲き誇る大賀ハス。地元の人々が大切に育てた数百本の大賀ハスが、初夏の風景を彩る。週末はアマチュアカメラマン等でにぎわう。日差しの強い午後はしぼんでしまうため、朝が見頃。
【あじさい・見ごろ】ツーギー谷のお花畑 あじさいのアナベル [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【あじさい・見ごろ】ツーギー谷のお花畑 あじさいのアナベル

  • 2017年06月中旬 ~ 2017年07月下旬
  • 広川南ICより約5分
  • アナベルとは、淡いグリーンから、真っ白、グリーンのドライフラワーになるあじさいの一種。純白の姿もいいが、色づき始めの淡いグリーンとホワイトがミックスされた姿が爽やかで見応えがある。ツーギー谷のお花畑では、大小約800株と和歌山一の規模。7月からはあじさいの一種、ピラミッド状の「ミナヅキ」が咲きはじめ、真っ白からピンク色になり晩秋まで楽しめる。どちらも開花時期は気候により前後する場合があり。
【花・見ごろ】万葉の里のハス [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【花・見ごろ】万葉の里のハス

  • 2017年06月下旬 ~ 2017年07月下旬
  • 京奈和自動車道「橋本東」ICより5分JR和歌山線「隈田」駅より徒歩約10分
  • 隅田町・真土にある「万葉の里」では、はすの花が咲く様子を見られる。はすは清浄の象徴として、洋の東西を問わず、古今を通じて尊ばれてきた。はすの花が、青空と真土の風景をバックに、泥中から凛と花づく様子をのんびりと眺めてみよう。
炭で電池をつくってあそぼう [体験・遊覧][健康・福祉・教育]

炭で電池をつくってあそぼう

  • 2017年08月01日(火)
  • 阪和自動車道和歌山北ICより約1km和歌山バス六十谷線「鳥井バス」停より徒歩約5分
  • 子ども(小学生)から大人まで楽しめる科学工作。活性炭、アルミホイル、銅の棒、食塩水、キッチンペーパー、フィルムケースなどを使って活性炭電池をつくる。つくった活性炭電池で電子オルゴールを鳴らす。夏休みの工作課題や自由研究にお勧めのプログラム。対象は小学生~大人(小学3年生以下は引率者が必要)、定員20名。申し込み締め切りは実施日の2日前まで。
鹿島神社奉納花火祭 [お祭り][年中行事・歳時記][花火大会]

鹿島神社奉納花火祭

  • 2017年08月01日(火)
  • 阪和自動車道「みなべ」ICより約7分JR南部駅より徒歩約10分
  • その昔、鹿島から光の玉が現れ、その光が大地震からくる津波の災害から村を救ったと伝えられている。これに感謝を捧げる為に、宝永5年から始まったとされる鹿島神社奉納花火祭。毎年8月1日に約1800発の花火が南部海岸から打ち上げられる。

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ