メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山

ピックアップ

和歌山の情報

特集

高校野球
夏の和歌山大会、春・夏の全国大会結果などをお伝えします。
歩く 熊野古道紀伊路
記者が熊野古道紀伊路を歩いてルポします
わかやまスイーツ紀行
和歌山のスイーツを紹介します。
連載: 紀伊パーソン
各界で活躍する県ゆかりの人たちの活動やお人柄をご紹介。
いぐっちゃんの和歌山回想列車
和歌山弁に詳しいグラフィックデザイナーの井口博文さんが、懐かしいまちや人の記憶をたどる
連載:備える@和歌山
地震、津波、台風などの災害対策について、県内の訓練などの情報も掲載します。
まちづくり講座・ウラマチぶらり
経済学部足立教授が地域経済を解説する講座と観光学部木川准教授が歴史や人情を描くエッセーを掲載します。
連載: ときめく★楽音生活
音楽の魅力、イベントなどを通じて巡り合った人・出来事のエピソード、県内外で話題の楽曲なども紹介。
連載: ネイチャーフォト
白浜町在住の写真家・内山りゅうさんによる水辺の風景や生き物の営みの写真などを紹介します。
連載:エビカニ様様
すさみ町立エビとカニの水族館のさまざまな生き物たちを飼育員が写真をそえて紹介します。
連載: わかやま研究
いま和歌山が抱えている様々な問題や解決へのヒントを記者が探ります。
連載: 紀のひと
県出身やゆかりの人が語る自身の半生を紹介します。
連載:レンジャー便り
環境省の自然保護官が日々の活動をつづります。

和歌山のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

ハニワ づくり体験(2月) [体験・遊覧]

ハニワ づくり体験(2月)

  • 2019年02月02日(土) ~ 2019年02月23日(土)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • ハニワづくり体験を実施。作るのは、埴輪(ハニワ)! 古代人になったつもりで制作してみよう。土偶や土器も作れちゃう。対象は小学生から一般(大人)までOK。定員30名。申込み不要、土曜日の午後は紀伊風土記の丘でモノづくり体験をしてみてはいかが?
サイクリングして湯かったぁ~ [体験・遊覧][スポーツ]

サイクリングして湯かったぁ~

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年02月28日(木)
  • 紀勢道南紀白浜ICより県道フラワーライン経由で約10分JR「白浜」駅よりバス約14分
  • レンタサイクル・ロードバイクで指定スポットを巡ると、巡った数に応じて素敵なプレゼントが進呈される。2つのスタンプラリーをコンプリートして豪華景品にも応募しよう!
田原の海霧 [観察・ウォッチング][海イベント・プール]

田原の海霧

  • 2019年01月01日(火) ~ 2019年02月28日(木)
  • JR紀勢本線「紀伊田原」駅より徒歩約20分
  • 底冷えのする冬の朝、暖流と気温の温度差によって、田原海岸で海霧という現象が発生する。海霧の中から昇る太陽は「神々の国熊野の地」を彷彿とさせる。海に浮かぶ奇岩とのコントラストも美しい。大勢のカメラマンが、絶景を写真に収めようとシャッターチャンスを狙いに訪れる。
加太の桜鯛祭り [お祭り][各種ショー][物産展][食のイベント]

加太の桜鯛祭り

  • 2019年03月02日(土)
  • 阪和道和歌山北ICから約16km南海加太線加太駅から徒歩約15分
  • プレミア和歌山認定の「加太のマダイ」が水揚げされる加太港。3月から4月の産卵を控えたマダイは、表面がピンク色になり「桜鯛」を呼ばれ、味も格別。お祭り当日は、加太春日神社による鯛供養や磯汁の振る舞い(先着100名)、ステージイベントなど盛り沢山。毎月第一土曜開催の昼市と同日開催。
辻本好美 尺八コンサート [音楽イベント]

辻本好美 尺八コンサート

  • 2019年03月02日(土)
  • JR和歌山駅よりバス10分、タクシー10分
  • 2016年9月、史上初の女性ソロ尺八奏者としてメジャーデビュー。和歌山県橋本市出身で、数少ない女性尺八奏者として尺八の奥深い魅力と可能性を世界へ発信している辻本好美のコンサート。出演:辻本好美(尺八)、小山 豊(津軽三味線)、大多和 正樹(和太鼓) 演奏予定曲:尺八古典本曲「下り葉」、リベルタンゴ、リンゴ追分、風笛~NHK連続テレビ小説「あすか」のテーマ~、民謡・日本のうたほか ※未就学児入場不可
館長講座4「須恵器の話あれこれ」 [フェスティバル・パレード][講座・講演・シンポジウム]

館長講座4「須恵器の話あれこれ」

  • 2019年03月02日(土)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • 長年にわたり須恵器の研究を行ってきた中村館長が、「須恵器とは何か?」をわかりやすく解説します。第4回のテーマは「須恵器生産の展開 -須恵器は人々の暮らしをどのように変えたか-」。 ※電話での申込が必要(2月15日13:00~受付)
南部梅林 開園 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

南部梅林 開園

  • 2019年02月02日(土) ~ 2019年03月03日(日)
  • 阪和道みなべICより約5分みなべ駅よりバス約10分
  • なだらかな山々に見渡す限り梅の花が広がり、名実共に日本一の梅林。白く可愛い花が山一面を飾る早春には、メジロやウグイスの美しい歌声も楽しめる。土日祝日を中心に、もち投げ、野点、梅の種とばし大会など、多彩なイベントが開催される。
冬期企画展「岩橋型横穴式石室のはじまり」 [展示会・展示イベント][展覧会]

冬期企画展「岩橋型横穴式石室のはじまり」

  • 2019年01月19日(土) ~ 2019年03月03日(日)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩5分
  • 最新の発掘調査等の成果をもとに、横穴式石室が導入された6世紀はじめ頃の岩橋千塚古墳群の特徴について紹介する。
第13回 和歌山県民俗芸能祭 [各種ショー][伝統芸能・大衆芸能]

第13回 和歌山県民俗芸能祭

  • 2019年03月03日(日)
  • 阪和自動車道「和歌山」ICから約15分(約5km)JR「和歌山」駅下車バス約10分、徒歩約35分
  • 和歌山県内で活躍する民俗団体が一堂に会し、地域に受け継がれてきた地域の宝を披露。出演:(紀美野町)小川郷土芸能保存会、(海南市)亀の川念仏踊り保存会、(みなべ町)西岩代伝統芸能保存会、(田辺市)近野獅子舞団、(那智勝浦町)高芝の獅子舞保存会 後援:和歌山県教育委員会 協力:和歌山県民俗芸能保存協会 入場整理券配布場所:和歌山県民文化会館ほか
淡嶋神社 雛流し [お祭り][年中行事・歳時記]

淡嶋神社 雛流し

  • 2019年03月03日(日)
  • 南海加太線加太駅から徒歩約15分
  • 女性の病気回復や安産・子授けの神様で知られる淡嶋神社。雛流しは、全国各地から奉納された雛人形と願い事を書いた形代を3隻の白木の小舟に乗せて、宮司のお祓いののち、海に流す神事。現世の穢や災厄を撫物である人形に祈りをこめ、流し送る。

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】気になったら即吸引!

    超スリムスタイルの掃除機

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤い宝石」を狙って海へ

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】「白岩玄×武田砂鉄」対談

    会社で守られる男のプライド

  • 写真

    【&w】夢とテレパシーは関係ある?

    野村友里×UA 往復書簡

  • 写真

    好書好日20年ぶり、日本映画に参加

    ワダエミ、衣装に込めた思い

  • 写真

    WEBRONZA水道法改正と沖縄の水汚染

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン10年付き合える服とは?

    ゆとり世代が作る「10YC」

  • 写真

    T JAPANカカオの森を救え!

    ショコラティエが挑んだ5年間

  • 写真

    GLOBE+歌姫のタトゥーに学ぶこと

    サンドラ・ヘフェリンさんの眼

  • 写真

    sippo犬猫のためのボランティア

    活動いろいろ、無理せずに

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ