メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山

和歌山の情報

特集

高校野球
夏の和歌山大会、春・夏の全国大会結果などをお伝えします。
紀伊半島大水害 6年
連載: わかやま研究
いま和歌山が抱えている様々な問題や解決へのヒントを記者が探ります。
連載:備える@和歌山
地震、津波、台風などの災害対策について、県内の訓練などの情報も掲載します。
連載: 紀伊パーソン
各界で活躍する県ゆかりの人たちの活動やお人柄をご紹介。
まちづくり講座・ウラマチぶらり
経済学部足立教授が地域経済を解説する講座と観光学部木川准教授が歴史や人情を描くエッセーを掲載します。
いぐっちゃんの和歌山回想列車
和歌山弁に詳しいグラフィックデザイナーの井口博文さんが、懐かしいまちや人の記憶をたどる
連載: ときめく★楽音生活
音楽の魅力、イベントなどを通じて巡り合った人・出来事のエピソード、県内外で話題の楽曲なども紹介。
連載: ネイチャーフォト
白浜町在住の写真家・内山りゅうさんによる水辺の風景や生き物の営みの写真などを紹介します。
連載:エビカニ様様
すさみ町立エビとカニの水族館のさまざまな生き物たちを飼育員が写真をそえて紹介します。
連載:熊楠の森から
南方熊楠の魅力を紹介
連載:レンジャー便り
環境省の自然保護官が日々の活動をつづります。
連載:わかやま動物ウオッチング
県内の動物の知られざる生態などを紹介します。
連載: 紀のひと
県出身やゆかりの人が語る自身の半生を紹介します。
連載:Dear Girls
8日は「国際女性デー」。自分らしく生きられる社会を願い、前に進もうとする女性たちがいます。(3回)

和歌山のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

白浜水族館の飼育体験 [観察・ウォッチング][体験・遊覧][健康・福祉・教育]

白浜水族館の飼育体験

  • 2017年10月21日(土) ~ 2018年02月03日(土)
  • 阪和自動車道南紀白浜ICより約20分JR白浜駅または南紀白浜空港より明光バスにて「臨海」バス停下車3分
  • 水族館の飼育を体験できる。2時間はちょっと長いようだが、参加してみたらあっという間。子どもたちにとって、水族館裏側の設備の見学は興味深い。とくに、大水槽でのエサやりは感動! 巨大な魚がドドーンと登場。生物集計は水槽の生き物を種類別に数えるもので、魚が動き回ったり、似たものがいて、区別が難しいが意外とおもしろい。平均正解率は50%という難関だが、チャレンジする価値あり。直前の火曜日までに要申込み。
フェスタ・ルーチェ in 和歌山マリーナシティ [体験・遊覧][映画・映像][イルミネーション・ライトアップ]

フェスタ・ルーチェ in 和歌山マリーナシティ

  • 2017年11月03日(金) ~ 2018年01月28日(日)
  • 阪和自動車道海南ICより国道42号線約4km(約10分)JRきのくに線海南駅より和歌山バスマリーナシティ行き約15分(又は海南駅よりタクシーで約10分)
  • 「本当のクリスマスに出逢える場所」をテーマに、 イルミネーションや光の遊園地、クリスマスマーケットなど多数の催しが開催される。さらに期間限定でプロジェクションマッピングやコラボイベントなども! ロマンティックムードあふれる時間を過ごしに、遊びに行ってみてはいかが?
貴志川イルミネーション2017 [イルミネーション・ライトアップ]

貴志川イルミネーション2017

  • 2017年12月10日(日) ~ 2018年01月12日(金)
  • 阪和自動車道「和歌山」ICより約40分貴志川線「甘露寺前」駅より徒歩約3分
  • 和歌山県下最大級のため池「平池」西側に約11万球のLED電球を使用し、幻想的な空間を演出! 期間初日には点灯式及び花火の打上げが行われる。この貴志川イルミネーションは、地域の団体や住民が主体となり、小・中学生や高校生も参加し、一生懸命手作りしているもの。子どもたちが地域への愛着を持ち、地域の活性化を図るためにも、このイベントを継続していきたい…そんな願いのもと毎年開催されている。
【紅葉・見ごろ】和田川峡 [観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】和田川峡

  • 2017年11月10日(金) ~ 2017年11月23日(木)
  • JRきのくに線「新宮」駅より車約1時間
  • 和田川峡は切り立つ崖がそそり立つ深山幽谷の自然峡。白見山とともに白見山和田川峡県立自然公園として和歌山県立自然公園に指定され、手付かずの植物や清らかな水の流れる様子は誰もが認める美しさ。秋にはカエデなど色鮮やかな紅葉と渓谷美のコントラストを楽しむことができる。
第23回 ごぼう100円笑店街 [ショップのイベント]

第23回 ごぼう100円笑店街

  • 2017年11月25日(土)
  • 紀州鉄道 紀伊御坊駅・市役所前駅・西御坊駅より徒歩
  • 第23回目となる「ごぼう100円笑店街」が開催される。当日は、赤いのぼりが立ったお店へ直行! チラシを印刷して、お店へ行くと良いことあるかも? 店員さんはあなたが来るのを心待ちにしている。
学芸員講座「岩橋千塚3」 [講座・講演・シンポジウム]

学芸員講座「岩橋千塚3」

  • 2017年11月25日(土)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩10分
  • 風土記の丘学芸員等による、岩橋千塚古墳群をより詳しく知ってもらうためのシリーズ講座。疑問に思ったことは質問してみよう。 ※電話での申込が必要(11月9(木)13:00~受付)
秋期特別展「道が織りなす旅と文化」 [展示会・展示イベント][展覧会]

秋期特別展「道が織りなす旅と文化」

  • 2017年09月30日(土) ~ 2017年11月26日(日)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩5分
  • 和歌山から全国へ広がっていった宗教者や和歌山にやってきた参詣者の実像に民俗文化財等の文物から迫るとともに、これらの文物が信仰の対象から観光的要素を強くはらんだものへ移り変わる様子を紹介する。期間中には、記念講演会なども予定されており、11/19には、風土記まつりも開催予定。合わせて楽しもう。
大正浪漫薫るまち『高野口』ブランディングキャンペーン [体験・遊覧][ウォーキング・散策]

大正浪漫薫るまち『高野口』ブランディングキャンペーン

  • 2017年09月16日(土) ~ 2017年11月26日(日)
  • 京奈和自動車道高野口ICより約10分JR高野口駅より徒歩5分
  • 大正浪漫薫るまち『高野口』の魅力を体験できるプログラムがたくさん。開催日ごとに実施しているイベントが異なるため、事前に確認をしてから参加しよう。語り部と巡る高野口、江戸時代の商家でお点前の披露、お抹茶の振る舞い&葛城館見学、カラーセラピー、人力車乗車体験、軽トラ市など。予約が必要なプログラムもあるので、気を付けよう。
おしえて!!ヤマゲン先生4「万葉歌と古代の草木花ガイド」 [講座・講演・シンポジウム]

おしえて!!ヤマゲン先生4「万葉歌と古代の草木花ガイド」

  • 2017年11月26日(日)
  • 阪和高速道路「和歌山」ICから約5分JR和歌山駅東口バス「紀伊風土記の丘」行終点徒歩5分
  • 紀伊風土記の丘職員による、四季折々の草・木・花の説明を聞きながら園内を巡るとともに、万葉歌についても触れられる。小学生以上が対象。 ※申し込みは電話受付(11月10日(金)13:00~)
子どもたちの冒険旅行(11月) [体験・遊覧][健康・福祉・教育]

子どもたちの冒険旅行(11月)

  • 2017年11月26日(日)
  • 阪和自動車道「和歌山北」ICより約5km南海電鉄「紀ノ川」駅より徒歩約15分
  • 子どもたちが自主的に企画実施する日帰り冒険旅行。遊びの企画と実施を「無料で応援」するプログラム。行き先や交通手段は事前に相談して決定。主に片道2~3時間程度の場所にある科学館や公園などを訪問。同行する団体スタッフは重大事故の防止に努め、緊急時には対応するが「見守り」に徹す。対象は5歳~高校生、定員3名(最低催行人数)~20名。申込締切りは実施日の2日前まで。学年を問わず引率者は不要。

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】名庭×紅葉、絶景スポット

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】じんわりおいしい王道パスタ

    今日は「D’ORO」でランチ

  • 写真

    【&w】白金で旅人とシェアルーム

    東京の台所

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA座間事件と若者の生きづらさ

    内面語った彼女らに応えたのは

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ