メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

ジャズバラード 夢案内

写真: 拡大

● 岸ミツアキさんピアノライブ

 この秋・冬シーズンに、ジャズのコンサートを4本続けて開催してきた和歌山市狐島のLURU HALL。ピアノを中心にした連続演奏会は、4人、3人、2人と楽団編成を変えながらのユニークな構成。アコースティックな響きを活(い)かすように音響設計された同ホールならではのピアノのだいご味が楽しめると、毎回顔を出すファンも現れて好評のようです。

 連続演奏会の最後を飾るのは、ピアノ・ソロ。岸ミツアキさんです。岸さんは、粉河生まれ橋本市育ちのジャズピアニスト。国の内外での活躍ぶりから、2007年に和歌山県文化表彰(文化奨励賞)を受賞されています。ジャズ演奏家としては、唯一の受賞者ですが、県内で演奏を聴く機会が少なく和歌山市では約2年半ぶりとなります。

 岸さんは東京の自宅では、イタリアのファツィオリのピアノを愛用されているそうです。それまで岸さんが愛用していたベーゼンドルファー・ピアノは、縁あって和歌山市のフォルテワジマ4階のピアノ広場に移り、多くの市民を名器の響きで楽しませています。ピアノにも、深いこだわりを持つ岸さん、LURU HALLでは、繊細なピアニシモを、どんなに奇麗に響かせてくれるのでしょうか。とても楽しみです。

 今回のライブは、14作目にして岸さん初のピアノ・ソロ・アルバム「メイビー・ノー・ワン・ノウズ」発売記念です。プラターズの大ヒット「煙が目にしみる」、アイルランド民謡「ダニー・ボーイ」、ルイ・アームストロングで知られる「この素晴らしき世界」などジャズの名曲中の名曲ばかり……。「5曲目までにあなたを眠りの世界へ引き込みますよ」と自らサイトに書くほどで、全編心地良いバラードでまとまっています。さて、ライブでは岸さんお得意の、おしゃれな、そしてとても饒舌(じょうぜつ)なおしゃべりと相まって、夢見心地の世界に連れてってくれるでしょう。

 岸さんのコンサートは、11日午後7時から。6千円(フリーソフトドリンク付き)、限定33席です。中華やパスタなどのお料理、ビール、ワイン、バーボンなどのアルコールも音楽と共に楽しめます(別料金)。

 詳しくは、LURU HALL(073・457・1022)。

(LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣)

PR情報

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】テーマは「乗馬」

    下北で見つけたシックスタイル

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】アリスの世界をアフリカ系で

    ピレリカレンダー2018発表

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム私の人生には山があった

    「山と渓谷社」出身の編集者

  • 写真

    WEBRONZA山本芳樹ソロミュージカル

    画家ロートレックの生涯描く

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界遺産近くの魅惑のホテル

    振り返れば遺跡がそびえ立つ

  • 写真

    T JAPAN稀代の蒐集家が出品する

    コレクター垂涎の作品とは

  • 写真

    ハフポスト日本版 国民投票の結果で歓喜に沸く

    同性婚の合法化「賛成」が61%

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ