メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【第99回 全国高校野球選手権 和歌山大会】

縁に恵まれ監督25年

写真:ノックを打つ森本直寿監督=海南市大野中 拡大ノックを打つ森本直寿監督=海南市大野中

■育成功労賞 海南高・森本さん

 高校野球の発展や選手の育成に長年尽力した人に日本高野連と朝日新聞社が贈る「育成功労賞」に、県立海南高校監督の森本直寿さん(57)が選ばれた。13日に、第99回全国高校野球選手権和歌山大会の開会式がある紀三井寺公園野球場(和歌山市毛見)で表彰される。

 監督歴は今年で25年。ここまで監督を続けてこられたのは「不思議だった」と回想する。向陽、耐久、貴志川、海南と渡り歩き、そのたびに野球ができる環境に恵まれたという。監督をやりたくてもできない人がいる中で「自分は縁に恵まれて」監督をさせてもらったと感じる。選手あってこその監督。貴志川時代には選手が足りず、ほかのクラブから人を借りて大会に出場したこともあったが、25年間、監督をさせてくれる選手たちがいた。

 印象深いのは3年前に21世紀枠で出場した選抜高校野球大会。池田(徳島)を相手に終盤まで優位に試合を進めた。九回裏、1点リードしていたが、無死満塁の大ピンチ。内野陣を前に出し、本塁で併殺を狙うように指示した。直後、その前進守備の遊撃手の横を抜け、サヨナラの2点適時打で敗北した。それ以来、「あのときこうしていれば」と何度も考えたという。

 二遊間は定位置に守らせて二塁で併殺をとる選択もあったはず。満塁にされる直前に無死一、二塁で相手が代打で出した打者は、バントのスペシャリストだったと後から知った。そうと知っていれば三塁手に的確な指示ができたかもしれない。「自分がもっと冷静にならなければ」と大きな経験になった。

 自身にとっても初めての甲子園。それまで甲子園の「こ」の字も出したことがなかったというが、「普通の公立高校でも頑張れば甲子園に行ける」と、何度も選手に伝えるようになった。「憧れの場所。また行きたいという気持ちになった」

 さらに、選手のけが防止にも、より気を使うようになった。選抜大会の直前の練習試合で主戦の投手が死球を受けて骨折し、出場できなくなったからだ。「選手には良い状態でやらせてあげたい」と、大会前の練習試合では相手校に頼んで指名打者制を導入することもある。「けがは、した方もさせた方もショックでしょ」

 常に意識しているのは、練習を見続けること。監督がグラウンドにいることで選手の気も引き締まる。「気が抜けたときにけがは起きる」と、常に選手の状態に目を配ってきた。

 「高校野球には人を引きつける何かがある」と、選手が必死になって取り組む姿を間近で見続けてきた。「一生懸命やっている姿は見ていて気持ちがいい」。高校野球に魅せられて、これからも選手のそばに居続ける。

(金子和史)

もりもと・なおとし 

 向陽高、日体大卒。保健体育科教諭。1984年に向陽の監督に就任。耐久で93年から95年まで、貴志川で97年から2003年まで監督を務め、04年から海南の監督。14年には21世紀枠で第86回選抜高校野球大会に出場した。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ