メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【第99回 全国高校野球選手権 和歌山大会】

この一球に全てを/開会式・優勝旗返還

写真:開会式で整列する選手ら=いずれも紀三井寺 拡大開会式で整列する選手ら=いずれも紀三井寺

写真:開会式の司会をする星林のマネジャー、坂口桃香さん 拡大開会式の司会をする星林のマネジャー、坂口桃香さん

写真:優勝旗を返還する市和歌山の薮井幹大主将 拡大優勝旗を返還する市和歌山の薮井幹大主将

■笑顔・意気込み 力強く行進

 99回大会の開会式。選手たちは一歩一歩、力強く行進した。

 2年ぶりに出場した慶風の奥村武人主将(3年)は「また戻ってこられてうれしい」と笑顔。「悔いのないように戦いたい」と意気込みを語った。春の県予選で準優勝した和歌山商の神南宥汰主将(3年)は「3年間で初めての行進。普段見る景色とは全く違った」とほっとした表情で話した。

 開会式のアナウンスを担当した星林のマネジャー、坂口桃香さん(3年)は間近で見る選手の力強い行進に「かっこよかった」とにっこり。「後悔なく、ケガなく頑張ってほしい」とエールを送った。

 スタンドで見守った粉河の下本友作君(3年)の父、圭一さん(47)は「うれしい気持ちと寂しい気持ちが半分ずつ。小学校から野球を始めて、ここまでよく頑張った」とあたたかいまなざしで行進する息子の姿を見つめていた。

 開会式では、大会会長の花本明・県高野連会長が「みなさん一人ひとりが野球を通して、人間として成長しこの夢舞台に立っています。この一球、この一打にすべてをかけて熱い心と心がぶつかり合う瞬間が迫っています」と開会の言葉を述べた。

 大会副会長の中谷和司・朝日新聞和歌山総局長は「集大成の夏です。本当の戦いは、今日これからです。鍛えてきた力と技を惜しむことなく出し切って下さい」とあいさつした。

 また、始球式のボールが朝日新聞社のヘリコプターからグラウンドに落とされ歓声が上がった。

(金子和史)

■昨年の優勝旗を返還

 昨年の優勝校、市和歌山の薮井幹大(かんた)主将(3年)が優勝旗を返還した。

 昨年の箕島との決勝では、接戦の末、八回に試合を決める2点本塁打を放つ活躍をみせた。優勝旗を返還した際には「絶対に取り返してみせる」と心に誓った。今年の大会に向けて、チャンスの場面で確実に一本につなげる体力とメンタル作りをしてきたという。

 市和歌山の初戦は14日の近大新宮戦。「先を見ず、一戦一戦全力で取り組む」と意気込む。

(市川由佳子)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ