メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

写真: 拡大

■旧友との対決 胸躍る/和歌山高専・稲垣君

 「まさか対戦できるなんて」

 九回裏、和歌山高専主将の稲垣朋弥君(3年)はこの回からマウンドに登った箕島の主将、中川虎大君(3年)を見て胸が躍った。

 中川君とは小学校のときに同じチームでプレーした。当時は稲垣君が左翼手で、中川君が捕手。まさか夏の和歌山大会で対戦するとは思っていなかった。この日の開会式前に中川君と会い、「今日投げるん?」と稲垣君が聞くと、中川君は「投げやん」。そう言われただけに九回の登板は少し意外だった。

 点差は4点。この回の先頭の土井亜沙人君(3年)が中前安打で出塁。「とにかく後ろにつなごう」。そう思って打席に入った。中川君が球威のある直球を投げ込むと、稲垣君もフルスイングで応える。追い込まれても食らいつきファウルで粘る。迎えた8球目。ふっと息を吐いて中川君が投げた内角の直球。フルスイングしたが、バットは空を切った――。唇をかみ、小走りでベンチに戻った。

 試合はその後、味方の適時打で2点を返すが、あと一歩及ばなかった。昨年は打力を武器に7年ぶりに初戦を突破し、そのまま8強まで進んだ。稲垣君も当時2年生ながら4番に座った。先輩を超えよう。そう挑んだチームにとって早すぎる黒星。「こんなに早く終わるなんて」と稲垣君は下を向いた。

 それでも、中川君との対戦は「楽しかった」と笑顔を見せた。空振りした直球は「良いボールでしたね」と少し悔しそうに、でもどこか満足そうに話した。

 旧友との久々の対決。試合後の整列では抱き合って健闘をたたえた。「対戦できてうれしかった」。最後はすがすがしい表情を見せ、球場を後にした。

(金子和史)

■夏 ありがとう

 和歌山高専・永谷優弥監督

 本当にお疲れさん。まあ、でも全部俺らの力は出せたんやないかな。悔いなくやれた。箕島をあと一歩のところまで追い詰めた。この結果は全く恥ずかしいものとは思わない。俺もまだ学生で、指導力が足りなかった。やっぱり本当は勝たしてやりたかったけど……。本当に楽しかった。1、2年生はこの悔しさを忘れずに頑張って。3年生は、また野球とは違う楽しみを見つけて下さい。1年間、本当にありがとう。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ