メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

写真: 拡大

写真: 拡大

■校歌に合わせ 校旗ゆっくり/大会補助員

 紀央館の校旗が校歌に合わせて、浜風が吹く上空に向かってゆっくりと揚がった。試合の終わりに勝利校の校旗を掲揚するのは大会補助員の仕事の一つ。24日第1試合を担当したのは和歌山東の金昂洋君(1年)と落合秀市君(1年)だ。

 歌詞を見ながら、校歌の終わりにちょうど校旗が揚がり終わるようにひもを引っ張り調整する。初めて校旗を揚げた金君は「風が強くて難しかった」と話しながらも「タイミング良く揚げられた」と笑顔を見せた。「来夏はベンチに入り、試合後に自校の校旗を見上げたい」と意気込んだ。

(片田貴也)

■ピンチでも「笑」顔で/田辺工 千羽鶴のモザイク

 田辺工側のスタンドの最上段に千羽鶴で「笑」と描かれたモザイクがあった。作ったのは、3年生の選手の保護者ら。普段から仲の良い3年生8人を一文字で表すと、堅苦しい言葉よりも「笑」だった。

 この日の試合は、強力打線の智弁和歌山が得点を重ねる苦しい展開。何度も訪れるピンチにスタンドからは、「笑顔、笑顔」と声が上がっていた。

 先発の中尾大祐君(3年)の母佳子さん(58)は、「8強まで来て、和歌山を代表するチームと対戦できただけで本当にうれしい。選手たちにも笑顔で楽しんでほしい」と話した。試合は五回コールドで敗れたが、スタンドは終始笑顔に包まれていた。

(金居達朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ