メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

高校野球【レッド・ブレイズ 智弁和歌山】

冷静で強気なリード

写真:五回裏、マウンドの黒原(右)に声をかける智弁和歌山の蔵野=阪神甲子園球場、加藤諒撮影 拡大五回裏、マウンドの黒原(右)に声をかける智弁和歌山の蔵野=阪神甲子園球場、加藤諒撮影

■捕手・蔵野真隆君

 選抜王者の大阪桐蔭を相手に捕手の蔵野真隆君(3年)は堂々のリードだった。

 初回から強気で攻めた。一回裏、1死三塁のピンチで3番の中川卓也君(2年)に対し、粘られてからの10球目。135キロの直球で三振に取った。この回1点は失ったが、その後、内外に球を散らし、緩い変化球で打者の気持ちをそらす。勝負どころでは内側の直球で攻め、相手打線に的をしぼらせなかった。ロースコアの展開に、高嶋仁監督(71)も「思い描いた通りになった」。

 捕手に定着したのは今年の春から。「バッテリーが課題」と、高嶋監督は昨秋まで捕手への不満を漏らしていた。しかし、蔵野君がマスクをかぶるようになってからは失点が減り、「守りがしっかりしてきた」。和歌山大会でも1試合平均で失点は2。2年生右腕の平田龍輝君も「リードを任せたら抑えられる」と信頼を寄せる。

 4月に就任した元阪神の中谷仁コーチ(38)の影響も大きかった。それまで、蔵野君自身、「(捕手は)捕って投げて、周りを見ていたらそれでいい」と考えていたが、中谷コーチがプロで培った経験を目の当たりにし、「野球にちゃんと取り組むようになった」。投手への気配り、打者への注意、配球など学べることはどんどん学んだ。

 この日は、相手ベンチから「データ通り」と声が聞こえ、配球が読まれていると察知。すぐさま「自分だったら次どう攻めるか考えてその逆をいった」と組み立てを変える冷静さを見せた。また、相手打者が直球にタイミングを合わせていると気づくと、変化球を軸にした配球にするなど打者への観察も怠らなかった。

 2人の投手をリードし、強打の大阪桐蔭を7安打、2得点に抑えた。それでも試合後、蔵野君の口から出たのは、「投手がよくやってくれた」と、投手をたたえる言葉ばかりだった。

 「プロでやりたい気持ちも芽生えた」と捕手に定着して、目標も一段階上がった。敗戦の悔しさは次のステージで必ず晴らす。

(金子和史)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ