メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

民謡と共に豪商訪ねる

写真: 拡大

●山本勝之助商店で「かねいちの市」

 海南市から高野山に向かう街道(国道370号)を龍部池から少し進むと、道幅が急に狭くなり歴史ある木造建物が並ぶ街並みが現れます。

 その中で、青石の石壁が印象に残る木造3階建てが国登録有形文化財の山本勝之助商店です。この主屋1階「花咲く部屋」で初めて音楽イベントが行われます。海南・野上谷の豪商を紀州民謡と共に訪ねる「かねいちの市」です。

 山本勝之助(1862〜1939)は、海南市に生まれ、地域の特産品を生かして郷土の発展に尽くした事業家です。野上地区で多く栽培されていた棕櫚(しゅろ)から、強く耐水性のあるロープなどを開発、全国に販路を開拓し大成功を収めます。また、古くから自生していた山椒(さんしょう)から、最も優れたぶどう山椒を、当地固有の品種として増産し地域の特産品に育てました。今では和歌山県の山椒生産量は全国一を誇っています。その山本勝之助商店の商号が「かねいち」なのです。

 今回のイベントは、勝之助が当時人気だった浄瑠璃の演奏会に多くの人を招き行っていたことに由来するものです。多彩な趣味人であった勝之助らしさをふすま、欄間、屏風など調度品に見る建物の見学、そして山本家4代目当主によるお話「勝之助のモノガタリ」。続いて、紀州民謡連合会有志による紀州民謡演奏会が行われます。三味の音色に、伸びやかな歌声、かねいちの石臼びきの紀州山椒がお土産について、郷土の先達の偉業を五感で体験することができます。

 開催は9月9日(土)午後1時から、山本勝之助商店(海南市阪井679)。

 参加料は1500円、先着20人限定。

 申し込み・問い合わせは和歌山ライブの歩き方(073・457・1011)。

 ウェブサイトは(http://musicmart−ticket.com/)。

 LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

PR情報

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】星空の下の映画上映イベントも

    気軽に楽しむ極上船旅〈PR〉

  • 写真

    【&M】カーライフ語るトークショー

    近藤真彦さんら登場<PR>

  • 写真

    【&w】セロニアス・モンクを特集

    JAZZ@HALL 第3弾

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA中小企業をどう支援するか

    広がる中小企業支援の新しい形

  • 写真

    アエラスタイルマガジンクーペの匠、BMWの1台

    走行性、快適性、見ため全て◎

  • 写真

    T JAPANマッキー牧元が注目する

    東東京の美味な店<後編>

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ