メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: 紀伊パーソン

時間かかるけど 自分が動く

写真: 拡大

■日高川町の地域おこし協力隊 / 村越拓也さん(28)

 日高川町寒川地区の地域おこし協力隊として、地域を元気にする活動に取り組む。

 静岡県藤枝市で生まれ育った。大学を卒業してから3年間働いた郷里の福祉施設を退職し、2015年4月、協力隊に採用されて妻の実家がある日高川町へ移住した。透き通る川が流れ、山に囲まれた寒川地区で、住民の中に飛び込んだ。耕作放棄地の畑を借りて野菜を育てた。野菜のお裾分けをしても、「もらう方が多かった」と笑う。川釣りにも挑戦した。地域の人から「川から魚がいなくなる」と冗談を言われるほどアマゴがたくさん釣れた。地域に溶け込むのに時間はかからなかった。

 11年の紀伊半島大水害で激減したホタルを取り戻すため、ホタルと、ホタルの餌になるカワニナの飼育に取り組む。また、生産量が減った原木シイタケを復活させようと、生産者と栽培や販売をした。農作物の鳥獣被害を減らすため、シカやイノシシを狩猟し、食肉に加工して販売もする。そんな活動の中で感じたのは、「若い人が田舎で生計を立てる難しさ」だ。「でも、生計を立てる方法を探っている。稼げないと、地域の産業が終わってしまうから」

 来年の3月末で協力隊の任期が終わる。町に残るつもりでいるが、どんな仕事をしていくか、考える日々だ。「地域おこしには時間がかかる。それは愛がないとできない。まずは自分が動かないと」と思っている。

 もともと働いていた福祉施設では障害者の就労支援に取り組んでいた。「いつか福祉と地域をつなげる仕事がしたい」。そんな夢も膨らむ。

(大森浩志郎)

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】「エトピリカ」に感動

    気象予報士・弓木春奈

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日多様な命を育むマサイマラ

    藤巻亮太が見た野生動物の王国

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンオーデマ ピゲ個性的な新作

    四半世紀ぶりの新コレクション

  • 写真

    T JAPANフレンチと日本酒の新たな出会い

    一ツ星シェフ流のペアリング

  • 写真

    GLOBE+絶景に場所取りはつきもの

    詩歩さん連載

  • 写真

    sippoこれで愛犬もかわいく変身

    100均の意外な人気商品

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ