メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

図書館で「円熟の演奏」

写真: 拡大

 今日、文化の日はレコードの日でもあります。アナログレコードからCDに代わる際、その最大収録時間を決めたのは、当時の世界的指揮者・カラヤンの「ベートーベンの交響曲第9番が1枚に収まったほうがいい」というアドバイスであったとされています。その大御所・カラヤン率いるベルリン・フィルと若手チェリストとして共演、発売されたCDは世界中で高い評価を得たアントニオ・メネセスさんが和歌山にやってきます。

 メネセスさんは、1957年ブラジル生まれ。10歳でチェロをはじめ、16歳で巨匠・ヤニグロと出会い、渡欧します。82年にはチャイコフスキー国際コンクールで優勝、翌年カラヤンとブラームスの二重協奏曲を録音、その後も世界有数のオーケストラや指揮者と共演しました。

 室内楽やソロ活動、レコーディングにも積極的で、カザルスの愛器ゴフリラーを貸与されてバッハの無伴奏全曲を録音。この8月には自身の60歳を記念して、シューマンとサンサーンスの協奏曲のアルバムを発表し「チェロの帝王、円熟の演奏」と評されています。

 今回はピアノの田村響さんとのチェロ・リサイタル。ショパンとドビュッシーの2曲のチェロ・ソナタ、バッハの「トッカータ、アダージョとフーガハ長調」よりアダージョ、ビラ=ロボスのブラジル風バッハ第5番など、聞きごたえのある曲と親しみやすい曲がバランス良くプログラムされどなたでも楽しめます。

 演奏会は19日(日)午後7時、県立図書館(和歌山市西高松1丁目)2階のメディア・アート・ホール。全席自由で前売り3千円(当日4千円)。12月には南葵(なんき)音楽文庫が公開される県立図書館、まさに音楽図書館にふさわしい演奏会です。

LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】ホテルの極上おもてなし

    ドバイで優雅なホテルステイを

  • 写真

    【&M】「エトピリカ」に感動

    気象予報士・弓木春奈

  • 写真

    【&w】たくましい巨岩と広い大地

    ノーザンテリトリーの魅力

  • 写真

    好書好日命をかけて収集した傑作も

    「世界の伝承あやとり」刊行

  • 写真

    WEBRONZA一流研究者はドイツに向かう

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンIWCのパイロット・ウオッチ

    ジュネーブサロン・リポート

  • 写真

    T JAPAN今、観に行くべき展覧会3選

    “幻”の作家・岡上淑子展など

  • 写真

    GLOBE+歌姫のタトゥーに学ぶこと

    サンドラ・ヘフェリンさんの眼

  • 写真

    sippo映画「ねことじいちゃん」

    柴咲さん「まるで猫セラピー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ