メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【わかやま高校野球 夏100回への軌跡】

「打倒箕島」胸に猛練習

写真:林宣男さん=有田川町小島 拡大林宣男さん=有田川町小島

写真:1978年の和歌山大会に出場した吉備の選手たち=紀三井寺 拡大1978年の和歌山大会に出場した吉備の選手たち=紀三井寺

(6)吉備

 1978(昭和53)年の第60回大会は、1県1代表制に移行した初年の大会となった。奈良の代表と戦う紀和大会が終わり、県内各校は強豪・箕島を倒して、甲子園に出場しようと燃えていた。なかでも箕島と同じ有田地方の吉備(現有田中央)は、「打倒箕島」の強い思いを抱いて、猛練習に励んだ。しかし、箕島の壁は厚く、何度もはねかえされた。76年は準決勝で、77年は初戦で。そして、箕島とともに、春の選抜大会に出場した78年の第60回大会では、和歌山大会の決勝で相まみえたが、0―5で敗れた。

■共に晴の選抜出場も 夏は3連敗

◇第60回全国高校野球選手権記念和歌山大会決勝

            (1978年7月28日)

吉 備 000 000 000l0

箕 島 000 000 50×l5

 75年、吉備のグラウンドのバックネットや部室には「打倒箕島、頑張れ吉備」の文字が掲げられていた。当時の監督・林宣男さん(74)=有田川町=は、「箕島と当たるまでは絶対に負けるな」と闘志を燃やしていた。

 林さんが初めて監督に就いたのは66年。実家のミカン農家を継ぐため2年後に一度監督をやめたが、75年に再度監督に就いた。

 「何とか、箕島に勝ちたい」。しかし、近隣の有望な中学生は全員箕島を目指す。林さんは、和歌山市など遠方に住む有力選手の保護者らを何度も訪ね、「絶対に甲子園に連れて行く」と説得。自宅を改修して下宿所もつくった。

 しかし、選手たちは、箕島のユニホームを見ただけで、萎縮して力を出せなかった。ならばと、林さんは、箕島に似せたユニホームを吉備の部員たちに着せ、見慣れさせた。練習を手伝いに来たOBには、箕島の練習を見に行ってもらい、「箕島の練習が終わった」と報告を受けるまで練習を続けた。

 猛練習の成果で吉備は、力を付け、77年秋の近畿地区大会で8強入り。78年春の選抜大会に箕島と共に出場し、初めて甲子園の土を踏んだ。選抜は1回戦で敗れたが、地元では夏への期待が高まった。

 迎えた夏の和歌山大会。順調に勝ち上がり、箕島と決勝でぶつかった。

 六回まで両校無得点の緊迫した試合展開。しかし、七回裏、守備の乱れをきっかけに、箕島に流れが傾き、この回だけで5失点。相手投手の好投に抑えられ、0―5のまま九回表の攻撃になった。

 先頭は1番打者から。だが、1番を打つ川瀬和幸さん(57)=和歌山市=は、打席ではなく自ら一塁コーチスボックスへと向かった。引き留めた林さんに、川瀬さんは「出ていないやつらを出してやってください」。しかし、反撃の糸口もつかめないまま、試合が終了した。全員で泣きながら箕島の校歌を聞いた。

 「やっぱり勝ちたかった」と林さん。「あの子らはワシの宝や。この試合は忘れられない。教え子だけでなく、箕島の選手や尾藤公監督に野球を教えてもらった」と涙をためた。

 林さんは現在、和歌山南陵で「総監督」を務める。監督はあの試合に出場した吉備OBの岡本哲司さん(56)=日高川町=。プロに進み、オリックス2軍監督も務めた岡本さんは、「林監督に『打倒箕島』と教わり、指導者の目標は選手の目標になるとわかった。だから僕は甲子園に行くだけでなく、勝つことを目標にしています」。バトンは次代につながっている。

(金居達朗)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ