メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

紀州男の心意気豪快に

写真: 拡大

■宮本静さん 18日、和歌山市庁舎でコンサート

 紀州・和歌山の文化や歴史を歌謡でつづる演歌歌手・宮本静さんが、和歌山市観光発信人を委嘱されました。宮本さんが癒やしの歌声で歌う「ふるさと癒やし歌」は、新しいご当地ソング、県下の世界遺産や名所・名物などをテーマに20曲に及びます。その中で、和歌山市や和歌山城が歌いこまれた楽曲は9曲もあります。

 ブギウギのようなノリのいい「和歌山ラーメンの歌」は、人気店の井出商店さんで、中華そばを目の前にして現地録音されました。また、ポップバラードの「虎伏城のはやぶさ」は、お城が見え、はやぶさが営巣するビルのピアノからメロディーができあがりました。1934(昭和9)年につくられた「加太小唄」は、SP盤から復刻し、加太の皆さんと公民館でレコーディングしました。宮本さんの「ふるさと癒やし歌」は、地元に寄り添う思いと共に、ひとつずつつくり上げてきたものです。

 徳川吉宗公や弁慶のような紀州男の心意気を豪快に歌う「男節」は、通信カラオケJOYSOUND(ジョイサウンド)の「うたスキ」で全国配信がはじまりました。ロケは和歌山城であり、宮本さん本人が映像に出演しています。

 和歌山市にまつわる歌たちをもっと知っていただこうと、2月18日(日)午後4時、市庁舎14階食堂で初めてのコンサートが行われます。参加費500円。申し込みは実行委員会(073・457・1011)。先着80人。この機会に、宮本さんの歌声を楽しんでください。

 1月19日掲載の「澤和樹・蓼沼恵美子デュオリサイタル」は好評につき、2月24日(土)午後7時から追加公演が決まりました。問い合わせはLURUHALL(073・457・1022)。

LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】クルナス湖で足こぎボート

    クノッソス宮殿は子連れに過酷

  • 写真

    【&M】アイドル兼声優の芹澤優

    デビューから数年続いた苦悩

  • 写真

    【&w】目からウロコの歴史の真実

    まんがで読む世界史〈PR〉

  • 写真

    好書好日観ても読んでも怖くて面白い

    映画「来る」と原作本レビュー

  • 写真

    WEBRONZA秋篠宮さまの「戦略」

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンハードだけではない変革

    社長インタビュー・後編

  • 写真

    T JAPAN2018年ベストコスメ10選

    齋藤 薫がずばりセレクト

  • 写真

    GLOBE+大江千里が語る47歳の転身

    絶頂期にポップスを捨てNYへ

  • 写真

    sippo弱った犬や猫を引き取り介護

    「私の宝物」「気を張りすぎず」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ