メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

連載: ときめく★楽音生活【ときめく★楽音生活】

紀州男の心意気豪快に

写真: 拡大

■宮本静さん 18日、和歌山市庁舎でコンサート

 紀州・和歌山の文化や歴史を歌謡でつづる演歌歌手・宮本静さんが、和歌山市観光発信人を委嘱されました。宮本さんが癒やしの歌声で歌う「ふるさと癒やし歌」は、新しいご当地ソング、県下の世界遺産や名所・名物などをテーマに20曲に及びます。その中で、和歌山市や和歌山城が歌いこまれた楽曲は9曲もあります。

 ブギウギのようなノリのいい「和歌山ラーメンの歌」は、人気店の井出商店さんで、中華そばを目の前にして現地録音されました。また、ポップバラードの「虎伏城のはやぶさ」は、お城が見え、はやぶさが営巣するビルのピアノからメロディーができあがりました。1934(昭和9)年につくられた「加太小唄」は、SP盤から復刻し、加太の皆さんと公民館でレコーディングしました。宮本さんの「ふるさと癒やし歌」は、地元に寄り添う思いと共に、ひとつずつつくり上げてきたものです。

 徳川吉宗公や弁慶のような紀州男の心意気を豪快に歌う「男節」は、通信カラオケJOYSOUND(ジョイサウンド)の「うたスキ」で全国配信がはじまりました。ロケは和歌山城であり、宮本さん本人が映像に出演しています。

 和歌山市にまつわる歌たちをもっと知っていただこうと、2月18日(日)午後4時、市庁舎14階食堂で初めてのコンサートが行われます。参加費500円。申し込みは実行委員会(073・457・1011)。先着80人。この機会に、宮本さんの歌声を楽しんでください。

 1月19日掲載の「澤和樹・蓼沼恵美子デュオリサイタル」は好評につき、2月24日(土)午後7時から追加公演が決まりました。問い合わせはLURUHALL(073・457・1022)。

LURU MUSIC 狐島 代表 岩橋和廣

ここから広告です

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】これなら糖質制限できるかも!

    食欲の秋に待望の炊飯器登場

  • 写真

    【&TRAVEL】秋から冬の北海道を楽しもう

    航空運賃値下げで復興支援

  • 写真

    【&M】WEC富士6時間耐久レース

    写真で振り返る

  • 写真

    【&w】東京と新潟を結ぶ自由空間

    清澄白河の個性派ブックカフェ

  • 写真

    好書好日村上虹郎、春樹短編への思い

    映画「ハナレイ・ベイ」に出演

  • 写真

    WEBRONZA人間としての官僚論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン週末の家飲みおすすめワイン

    魚介にも合う赤ワイン

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    ヘルシーな台湾スイーツ・豆花

  • 写真

    GLOBE+忙しすぎて風邪も引けない

    シリコンバレーの働く母事情

  • 写真

    sippo山の中で育った「山犬」

    少しずつ家族にとけ込んでいく

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ