メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【上昇気流 智弁和歌山の春】

「ミラクル」で勢い 流れ呼んだ大声援

写真:三回、みんなで声を合わせて「ミラクルゥ〜ショット!」。同点に追いついた=阪神甲子園球場 拡大三回、みんなで声を合わせて「ミラクルゥ〜ショット!」。同点に追いついた=阪神甲子園球場

 智弁和歌山の応援に新たな芽が吹いた。6年ぶりの新曲「Miracle(ミラクル) Shot(ショット)」。この日は定番の魔曲「ジョックロック」が不発だったが、この新曲が流れるなかで同点に追いつき、そして勝ち越しも。鮮烈デビューとなった。

 三回、チアリーダーの「ミラクルショット!」のかけ声でそれは始まった。思わず手拍子したくなるようなテンポに、明るく元気なメロディーが乗る。チアリーダーもバットを振り回すような踊りでもり立てる。約1200人の大応援団が「チャンスだ文元、ファイトファイト智弁」と繰り返し、手をくるくる回して「ミラクルゥ〜ショット!」。勢いそのままに、文元洸成君(3年)の同点適時打が飛び出し、先制された重苦しい空気を吹き飛ばした。

 験を担ぎ、2―2の同点で迎えた八回にもこの日2回目のお披露目。すると、ここでも勝ち越しの適時打が飛び出し、試合を決めた。

 新曲は、テレビ朝日の番組「報道ステーション」のスポーツコーナーのテーマ曲で、これをアレンジ。初披露にもかかわらず、点がほしいここぞの場面で演奏され、流れを呼び込んだ。チアリーダーの五木田麻帆さん(3年)は「エネルギッシュな曲。選手にパワーを与えられる振り付けを考えました」。吹奏楽部の岡村直樹部長(2年)は「いいデビューで安心した。逆境を変えるような曲になってほしい」と願いを込めた。

(大森浩志郎)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ