メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【甲子園ベストゲーム】

土壇場の再逆転サヨナラ

写真:智弁和歌山の古宮克人部長=和歌山市冬野 拡大智弁和歌山の古宮克人部長=和歌山市冬野

写真:帝京―智弁和歌山 九回裏智弁和歌山1死満塁、古宮の四球で三塁走者松隈(9)が生還。サヨナラ勝ちに喜ぶ智弁和歌山の選手たち=阪神甲子園球場 拡大帝京―智弁和歌山 九回裏智弁和歌山1死満塁、古宮の四球で三塁走者松隈(9)が生還。サヨナラ勝ちに喜ぶ智弁和歌山の選手たち=阪神甲子園球場

■「順境におごらず、逆境に腐らず」

2位

 2006年の第88回大会は「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹(現日本ハム)を擁する早稲田実(西東京)と田中将大(現ヤンキース)の駒大苫小牧(南北海道)との決勝、引き分け再試合抜きには語れない。だがこの大会、球史に残る大逆転劇があった。帝京(東東京)と智弁和歌山の準々決勝だ。帝京が九回2死から本塁打などで8点を奪い、12―8と逆転。しかし、その裏、智弁和歌山は本塁打などで同点に追いつき、最後は押し出し四球でサヨナラ勝ち。1試合で両チーム計7本塁打は今も大会記録として輝く。

◇2006年 第88回大会準々決勝

帝     京 000 200 028l12

智弁和歌山 030 300 205l13

 「逃げ切って終わりの試合」。高嶋仁監督にとってそんなゲームのはずだった。八回を終了し、智弁和歌山は本塁打4本を含む11安打と自慢の強打で4点をリードしていた。勝てば、準決勝で、チームが対戦を目標にしていた駒大苫小牧との試合を控えていた。客席にも空席が目立ち試合の結果は見えたかのようだった。

 しかし、九回表、土俵際に追い詰められた帝京の打線が火を噴く。2死一、二塁から一気に5連打。さらに、3点本塁打も飛び出し、この回一挙8得点。8―12と、智弁和歌山は4点をリードされた。帝京スタンドはお祭り騒ぎ。「この世の終わりだと思った」と当時の智弁和歌山の主将、古宮克人(29)。「打った瞬間本塁打と分かったが、左翼手に『諦めず球を追いかけろ』と叫んだのを鮮明に覚えている。放心状態だった」

 勝利目前から一転、追い込まれた智弁和歌山。九回裏の攻撃前、高嶋監督は「お前ら、マー君(田中将大)とやりにきたのじゃないんか」と発破をかけた。帝京の投手の制球が乱れ、連続四球で無死一、二塁。そしてこの日2安打の4番橋本良平が打席に立った。

 「ネクストバッターズサークルにいるときから橋本の雰囲気が違った。『これは放り込むな』と思った」と古宮は振り返る。だが、高嶋監督が出したサインは「待て」。「本塁打を狙って力んでいて、飛球になる」と感じたからだ。2球連続「待て」のサインのあと、橋本はいったん打席を外して体を伸ばした。

 「これで行ける」と高嶋監督が期待した通り、橋本の打球は左中間に吸い込まれ、1点差に迫る3点本塁打。さらに代打青石裕斗の中前適時打で同点とした。そして、1死満塁で打席に入った古宮。「本塁打を狙っていた」というが、気負いはなかった。しっかりと球を見極めて四球を選び、サヨナラ押し出しで激戦を制した。

 「1イニング(九回)の短時間であんなにも感情が上下したことはない」という古宮。「順境におごらず、逆境に腐らず」。現在、智弁和歌山で部長を務める古宮は選手の指導で繰り返し伝えている。「野球は最後まで分からない。帝京戦で身をもって感じたからこそ、伝えられることがある」。特にチームが逆転負けした試合後に、あの帝京戦のことを話すという。=敬称略

(片田貴也)

■甲子園ベストゲーム47 和歌山

【1位】箕島4−3星稜(石川) 1979年 61回3回戦

【2位】智弁和歌山13−12帝京(東京) 2006年 88回準々決勝

【3位】智弁和歌山7−6柳川(福岡) 2000年 82回準々決勝

【4位】箕島3−5取手二(茨城) 1984年 66回2回戦

【5位】海草中5−0下関商(山口) 1939年 25回決勝

【6位】和歌山工0−2京都商 1981年 63回準々決勝

【7位】新宮1−0北海(北海道) 1954年 36回準々決勝

【8位】桐蔭0−1浪商(大阪) 1961年 43回決勝

【9位】市和歌山商1−2広陵(広島) 1967年 49回準決勝

【9位】和歌山中8−4神戸商(兵庫) 1922年 8回決勝

 朝日新聞社は、都道府県別の甲子園ベストゲームランキングにノミネートされた10試合のうち1試合を選び、朝日新聞デジタルや本紙スポーツ面で「甲子園ベストゲーム47」として随時紹介しています。各地域面でもこのランキングから各総局がそれぞれのゲームを選び、夏の熱戦の記憶をお届けします。和歌山版では、2位以下のゲームについて、選手、監督らの証言で振り返ります。1位の箕島―星稜戦については、朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/koshien/bestgame47/)でご覧いただけます。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ