メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

まちづくり講座・ウラマチぶらり【足立基浩のまちづくり講座】

安価な家賃と地域貢献

写真:複合施設「ワテラス」=東京都千代田区神田淡路町2丁目 拡大複合施設「ワテラス」=東京都千代田区神田淡路町2丁目

 比較的安くマンションに入居できることを条件に、大学生などが地域貢献を行うという、新しいタイプの連携が東京・神田で始まっている。

 今から約5年前、東京都千代田区神田淡路町で、大手不動産業者と地域の市街地再開発組合が、住居・オフィス複合ビルの「ワテラスタワー」と、14・15階が学生専用マンションになっているオフィス・商業施設「ワテラスアネックス」の建設を基礎とした再開発事業を行った。

 この「ワテラス」再開発の特徴は、「エリアマネジメント方式」を採用している点にある。その名の通り地域を地域ぐるみでマネジメントする。行政主導のまちづくりが画一的な手法でなされることが多いなか、住民目線のまちづくりに注目が集まっている。もとはと言えば1993年当時、淡路小学校の統廃合を機に地域でまちづくりへの関心が集まり、伝統ある神田淡路地域のコミュニティーを重視する形でこの再開発計画が実現された。

 ここでは一般社団法人「淡路エリアマネジメント」という組織がまちづくりを牽引(けんいん)することとなった。同法人を中心に、地域清掃活動や各種イベントが実施されている。また、地域の町会やNPO、学生と連携し、神田の文化の発掘、発信も行っている。その活動の多くは、ワテラス内に設けられた「広場」と「ワテラスコモン」と呼ばれる域内施設内で行われる。例えば、「ワテラス神田そば研」なる行事ではワテラスコモン1階のサロンなどを利用し、そば打ち体験などを実施している。

 興味深いことに、このエリアマネジメント団体を中心に、補助金に頼らない「活動資金」が独自に捻出されている。通常は、再開発終了後に「再開発組合」は解散となり、剰余金は地権者などの権利者に分配される。だが、ここではこの剰余金の一部がまちづくり(エリアマネジメント)のために利用されることになった。

 先日、事業の中心人物である不動産株式会社の須川和也さんにお会いする機会があった。再開発組合からの剰余金はイベントの運営委託や地域情報誌の制作費などに充てられ、エリアマネジメント活動に貢献しているという。さらに興味深いことに、アネックスにある学生専用住宅に住む学生は、比較的安価な家賃で入居ができる見返りに、イベントへの参加や地域のボランティアをしている。ここに住む学生は実際にいくつかのイベントを実現させ、街に活気をもたらしているという。

 和歌山市内でも、中心市街地エリアの再開発などに際し、学生・住民参加型のエリアマネジメント方式が採用されればまちは活気づくであろう。

(和歌山大学経済学部教授)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ