メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

連載:エビカニ様様

へんてこ 大きな幼生

写真:ショウジンガニのメガロパ幼生=エビとカニの水族館提供 拡大ショウジンガニのメガロパ幼生=エビとカニの水族館提供

 「このカニみたいなへんな生き物はなに?」。気温の上昇とともに季節の移ろいを感じるこのごろ。水族館でこの時期、問い合わせや漁師さんなどからの持ち込みが多くなる生物がいます。

 それはショウジンガニと呼ばれるカニの幼生です。通常多くのカニは卵から孵化(ふか)した幼生が2ミリほどの大きさで脱皮を繰り返しながら成長し、稚ガニとなってもせいぜい5ミリほど。しかしこのショウジンガニの「メガロパ」とよばれる幼生は、脚を広げると2センチ近くになる巨大な幼生として知られています。さらには腹節と呼ばれるエビのような腹部を器用に動かして泳ぐ姿が、カニとエビを合体させたような不思議な生物に見えます。

 幼生が発見される場所は沖合に浮かぶ流れ藻やブイなど。時には定置網のロープなどでも大量に見つかることがあります。幼生としては規格外の大きさと奇妙な姿形、人工物をすみかにすることもあるため人目に付きやすく、興味を持つ人が多いようです。

 東北地方より南の岩場に多く生息するショウジンガニは、通常食用として市場に出回ることはほとんどありません。しかし、紀伊半島沿岸ではイセエビ底刺し網などで混獲されることがあり、みそ汁にするとおいしいカニとして知られています。

 水族館の展示生物として興味深い生態だけでなく、食べてもおいしいカニとして紹介しつつ、今年も夏の訪れを実感する飼育員でした。

(すさみ町立エビとカニの水族館 平井厚志館長代理)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ