メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校野球【第100回 全国高校野球選手権和歌山大会】

私の二刀流(上)

写真: 拡大

写真:ラグビーボールを投げる法眼勇太郎君=和歌山市西浜2丁目 拡大ラグビーボールを投げる法眼勇太郎君=和歌山市西浜2丁目

■ラグビーで打球に伸び/星林 法眼勇太郎君(3年)

 「ラグビー部行くか?」

 2年前の10月、星林高校の廊下。当時1年生だった野球部の法眼(ほうげん)勇太郎君(3年)は、野球部の岩尾元(はじめ)監督(47)にそう声をかけられた。はじめは冗談かと思った。

 ラグビー部は当時、部員数が10人余り。試合に出られる15人に満たず、新人戦に出場するために期間限定で助っ人を探していた。「体力があって、ガッツのあるやついませんか」。ラグビー部の庄田光一監督(35)が岩尾監督に相談し、白羽の矢が立ったのが校内のマラソン大会でトップクラスの法眼君だった。

 「野球の技術はさっぱりだし、期待されてないのかもしれない」。声をかけられた法眼君は悩んだ。ラグビーの大会は、主に野球のオフシーズンにある。「筋トレもして体力つくし、経験を積んでこい」。ラグビー経験はないが、岩尾監督にそう送り出され、ラグビー部の門をたたいた。

 大会までの約2カ月間、ラグビー部で練習をした。加入後すぐにあったミニゲームでは強烈なタックルを受けた。同じグラウンドで練習している野球部員たちを横目に、「こんなん野球やったら考えられん。早く野球部に戻してくれ」と思った。

 しかし、きつい練習に耐えると、成長を感じた。筋力もついてきた。2年生になっても助っ人として呼ばれ、大会前に1カ月ほどラグビー部に行った。与えられたポジションは「フランカー」。体力と走力、そしてタックルをする勇気が必要なポジションだ。花園を目指す昨秋の県大会では1勝して8強、今年1月の新人戦でも1勝して4強に入った。ラグビー部の庄田監督は言う。「ラグビー選手としては抜群ですね。何よりハートの強さには部員たちも刺激を受けています」

 大会には野球部の仲間たちが応援に来てくれた。今年1月の大会後、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「応援ありがとう。明日から戻ってホームラン連発するからよろしく」とメッセージを送った。「おつかれ、よかったぞ」「またがんばろう」と返事が来た。それがうれしかった。

 野球選手としては、1年の夏も2年の夏もベンチ入りを逃した。入学後の1年半は打てない時期が続いた。一時期は悩んで左打者に転向したときもあった。不安をかき消すように、ラグビーの練習後にも素振りやキャッチボールをした。

 ラグビー部に行って変わったのは、トレーニングへの意識。「体作りの大切さが身に染みた」。この1年で5キロほど体重が増え、打球の飛距離が伸びた。昨秋に新チームになってからは、練習試合で本塁打を4本放っている。佐藤駿主将(3年)は「法眼はチームで一番打撃が伸びた。去年まではヒット打ったら『うわ、珍しい』って思うほどだったのに」と話す。

 今夏は外野手と捕手の控えとして、好機での一打を期待されている。大会にはラグビー部の仲間が応援に来る。「野球が終わったらまたラグビー来いよ」。そう言われている。「花園に行けるチャンスに感謝しています。でも、今はとにかく甲子園を目指すことしか考えていない」。好投手を擁する和歌山東との初戦は14日。「どんないいピッチャーでも、チャンスをもらえたら一打席で仕留めたい」。ラグビー部で培ったパワーを自信に、夏の出番をうずうずして待っている。

 投手と打者の二刀流として大リーグに挑む大谷翔平選手(エンゼルス)。和歌山にも、野球と、「他のなにか」をがんばる球児らがいる。今夏で第100回を迎える全国高校野球選手権大会を前に、そんな「二刀流」を紹介する。

(大森浩志郎が担当します)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

和歌山総局から

読者の方々に役立つ和歌山県内の情報を丹念に取材し、お伝えしていきます。地域の話題をいつでもお寄せ下さい。

メールはこちらから

朝日新聞 和歌山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ